ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

デジモンアドベンチャー 15周年ブルーレイBOX

2015-03-04 19:24:11 | デジモン関連
 無限大なぁぁぁ!!

 デジモンアドベンチャーのブルーレイBOXを購入しました!あれから16年。ようやっと映像ソフトを購入できる日が・・・!



 DISC1~4は第1話から第28話まで収録。パッケージのイラストは選ばれし子供たち8人と、パートナーデジモン8体が描かれています。ミミの帽子がまた飛ばされてる!
 ディスクにはそれぞれ、デジモンの瞳が描かれています。確かに丸いけど、デジヴァイスでも面白かったかも。また、各DISCのトップメニューでは、DISCに描かれた子供とデジモンの思い出が流れます。





 DISC5~8は第29話から第54話まで収録。パッケージのイラストは、劇中の最強進化とボスキャラ(とピコデビモン)大集合!ラスボスであるアポカリモンは触手で存在感をアピールしていますが、本体は左上にちょこんと描かれています。この風貌、アポカリモンの初めてのカードを思い出します。
 DISC8にはエンドカードや初回放送時予告が収録されています。「予告って違うんだっけ?」と思ってみたところ、プレゼントのお知らせを含んだ予告でした。あの、この予告、見たことないんですが(汗。もしかして放送時間帯が違うところって、プレゼントのお知らせ全部省かれた?そういえば02のクリスマススペシャルも2週に渡って放送してたっけ。


 また、スペシャルドラマCDとして「#1 世界が終わる前の」「#2 デジモンミステリーゾーン・千年の封印を解け!」という2本が新規収録されています。

「#1 世界が終わる前の」
 こちらの主役は、ヴァンデモン配下時代のテイルモンとウィザーモンが主役。ヴァンデモンの命により紋章を探していたテイルモンとウィザーモンは、「川が吸い上げられる」という異変に遭遇。この時からダークマスターズの侵攻が始まっていたのかな。
 洞窟で休む中、テイルモンは世界の異変が始まった頃から体の不調を感じていることを告白。一方のウィザーモンは世界の異変とヴァンデモンが探している「紋章」との関連性を考えるも、テイルモンに咎められて話を中断。

 ウィザーモンによれば、この世界が滅ぶという噂もあれば、この世界ともう一つの世界があり、2つの世界でバランスを保っているという噂もあるとのこと。冒頭のナレーションで、今のこの世界が「デジタルワールド」ではなく「デジモンワールド」と呼ばれているとの説明がありました。「デジタルワールド」は「リアルワールド」との関連性が明らかになったことで、初めて呼ばれるようになったということでしょうか。

 そんな中、洞窟の奥から何者かの声が聞こえてきたので先に進むと、そこには時空の亀裂があり、鍾乳石の向こう側には青い光が。引き返そうとしたテイルモンの耳に聞こえてきたのは「ホイッスル」!
 その音に導かれて先に進むと、何かの祭壇があり、近くのコンビニからは換金目当てでタグを探すオーガモンが出現。「ストロングモール」という珍しい技で攻撃を仕掛けてきたものの、オーガモンを追って現れたレオモンが撃退。レオモンもタグについては「この世界ともう1つの世界を繋げるもの」ということしか知らないとのこと。
 レオモンと話している最中にオーガモンが復活。テイルモンは攻撃を受けたレオモンを心配するものの、レオモンはタグを優先。その時、「世界に必要なもの」という声が。そうこうしているうちに世界の異変が発生し、洞窟の外は海に。レオモンとオーガモンが海に落ちた一方で、テイルモンは崖から落ちそうになってしまう。ウィザーモンが励ましても、テイルモンは諦めかけてしまう。しかし再び笛の音が聞こえ、続けて「あなたが必要なの」「待ってるから。わたし、ずっと待ってるから」という声がテイルモンとウィザーモンに届き、テイルモンは何とか窮地を脱する。

 テイルモンにははっきりとは聞き取れなかったものの、その声に懐かしさを感じていました。ウィザーモンはあの声を「ここではない別の世界から聞こえてきた声」と判断し、テイルモンがその理由を尋ねると「私もまた別の世界からやってきた異形の者ですから、分かるのです」とのこと。ここでウィッチェルニーの名前が出てくるとは思いもしませんでした。メディーバルデュークモンの今後や如何に。

 といった内容の、アドベンチャー本編に繋がる物語でした。ウィザーモンとレオモンという本編には無かった組み合わせが見られるのは面白かったです。それにしても、換金目当てとはいえオーガモンがタグを集めていたとは思いませんでした。海に沈んだ祭壇というのが本来タグがあった祭壇で、コンビニというのはデビモンがタグを隠したコンビニなのかな。
 ところどころで聞こえてきた声の主はやはりあの子か、はたまた安定を望む者か・・・


「#2 デジモンミステリーゾーン」
 一方こちらは2001年、つまり02よりちょっと前の物語であり、02の「今日の都は京の都」とも繋がりが見られます。光子郎が生みの親の墓参りに向かっている最中新幹線が止まる、というところから始まるのですが、この両親の墓参りの話をぜひとも本編で見たかったですね。
 最初にたまたま京都におり、デジタル機器の異変に遭遇した丈と彼の兄・シンから連絡があり、その後島根に里帰り中で土産を買いに京都に立ち寄ったヤマト、留学先の皆に日本文化を教えるために京都観光をしていたミミ、華道発祥の地で学んでいた空と偶然合流。
 ゲンナイさんに連絡をとると、京都の中心から四方に渡ってデータが破損しており、デジタルワールドの四聖獣たちは京都の守護にまで力を回せていないとのこと。だったら十二神将あたりを派遣して欲しいところです。
 そういうわけにもいかないので、京都中央に位置するへそ石に、アグモン、ガブモン、ピヨモン、パタモン、テントモン、ゴマモン、パルモンたちが駆けつけ、彼らの力によって異変を解決することに。四聖獣から進化の力を受け取ったため、みんな出てきて早々に進化をしようとしますが、全員不発・・・かと思いきや、何とパルモンがロゼモンにワープ進化!本編では、太一とヤマトが覚悟を決めて矢を受けたことでようやく到達したというのに、こうもあっさりと進化されては納得いかないのではw

 ともあれ、京都の四方のエネルギーの均衡を取り戻すべく、デジモンたちを聖獣たちに見立てることに。ガブモンをチンロンモン、テントモンをシェンウーモン、ピヨモンをスーツェーモン、ゴマモンをバイフーモン、そしてアグモンがファンロンモン。ここで中央の「黄龍」の存在が指摘されるとは思いませんでした。ファンロンモンか・・・今度本編に出ることがあるとすれば、誰かの配下であって欲しくは無いですね。あれはあれで、普段出し辛いデジモンに出番があったということで納得していますが、やっぱりもっと威厳のあるファンロンモンも見たい。
 パタモンはみんなの均衡を見つめ、ロゼモンは待機中。ワープ進化の意味とは一体。

 デジモンたちは手を繋いでみるものの、反発する力が強く、ヤマトたちの力も合わせなければ解決は困難。力を合わせるといえば進化ですが、お腹が空いていて力が出ない。そこでこれまで出番の無かったミミが、たくさん購入していた八つ橋を振舞うことで解決。
 ガブモンたちは成熟期に進化し、ヤマトたち、ガルルモンたちも手を繋ぐことで少しずつ均衡が保たれるように。「俺たちも手を繋ぐぞ!」とガルルモンが指揮をとりますが、バードラモンに手・・・?(汗。そして皆の力を受け取ったアグモンはグレイモンに進化し、ようやくバランスが保たれることに。

 バランスはとれたものの、へそ石はひっくり返ったまま。パタモンが直接事情を尋ねると、へそ石は人間たちの態度にへそを曲げており、誠意を尽くして欲しいとのこと。「誠意といえば、お花よ」と純真コンビが口を揃える一方で、「お金」という意見を持ち出す誠実の紋章の持ち主・・・w
 というわけで、へそ石にローゼスレイピアで攻撃。これで京都も終わりかと思ったら、機嫌を直したへそ石は無事元の位置に戻り一件落着。シン兄さんがデジモンに会うのはもう少し先の話。


 といった内容で、こちらもなかなか面白かったです。02ではチンロンモンしか出番がありませんでしたが、時を経た今となって、ファンロンモンというデジモンの存在も示唆するような演出がなされるのは良いですね。


 以上、デジモンアドベンチャー15周年ブルーレイBOXの簡単な紹介でした。ひとまずデビモン登場のあたりを見たのですが、やっぱり面白い!「Seven」が流れると知っていたのに、流れた瞬間はグッときました。あの頃は声優さんを気にしていませんでしたが、チューモンを山口勝平さんが演じられていたり、うえだゆうじさんがヌメモンを演じられていたりと、新たな発見もあります。

 これでいつでも冒険に出られるようになりました。さぁ次は通常カラーのデジヴァイス!
コメント (8)

G.E.Mシリーズ 八神ヒカリ&テイルモン、高石タケル&パタモン

2015-03-04 00:00:57 | デジモン関連
 G.E.Mシリーズより、八神ヒカリ&テイルモン、高石タケル&パタモンが届きました。


 「ヒカリ、私はヒカリを待っていたんだ」
 まずは八神太一の妹ヒカリと、そのパートナーデジモンであるテイルモン!かつて太一と同じくコロモンに出会ったヒカリは、太一たちとは少し遅れたものの8人目の選ばれし子供として参戦。テイルモンと運命の絆で結ばれた子供です。


 台座には光の紋章が描かれています。



 テイルモンも元々はコロモンたちと同じ場所にデジタマが保管されていたものの、ダークマスターズの襲撃により別々に。その後ヴァンデモンに拾われてしまい、ヴァンデモンの侵略を手伝うことに。しかしお台場にてヒカリと出会い、8人目のパートナーデジモンに。「鍛え方が違う」とのことで、完全体に進化しても成長期のプロットモンではなく、テイルモンのままです。
 ホーリーリングもついていますが、デジ文字までは再現されていません。あとこの子、猫じゃなくてネズミです。



 ヒカリ単体だとこんな感じ。こちらの表情パーツは、閉じている目の上に塗装ミスが・・・


 ヒカリの付け替え表情パーツはこんな感じ。


 台座が大きいので、太一と組み合わせ辛いです。



 「泣かないでタケル!勇気をもって」
 続いて石田ヤマトの弟である高石タケルと、そのパートナーデジモンのパタモン。ヤマトと名字が違うのは両親の事情のため。ヒカリ共々最年少ながらも、終盤では1人でピノッキモンのところから抜け出すほど成長。その成長がヤマトの心に影を落とすことにもなるとは思いもしませんでした。



 パタモンはテイルモンを除く7体のパートナーデジモンの中で、成熟期への進化が一番遅かったデジモンでした。おまけに初進化時にデビモンを倒すために力を使い果たしてしまい、デジタマに戻ることに。ヴァンデモンとの戦いの中で、再度エンジェモンへの進化を果たした後、タケルがパタモンを心配していたのが印象的です。
 一度「別れ」を経験したタケルとパタモン。2人が本当に仲良しだと伝わる良いフィギュアですね。


 そんな雰囲気を台無しにするのがこちらです(笑。まさかの付け替え表情パーツ&ピコデビモン!確かに一時期タケルと行動を共にしていましたが、こんな風に商品化するとは・・・



 このピコデビモンも結構良くできていました。


 仲は悪いものの、共にヴァンデモンに使えていた者同士。ピコデビモンは終始忠誠を誓っていたにも関わらず、餌扱いされるという・・・


 最年少コンビと、兄たちと。ちなみにタケルの頭部をスタンドパーツで支えているのは、表情パーツを差し替える際に首のジョイントが根元からポッキリいったからです(涙。差し替え辛いと思ったらこれだよ!交換とまではいかずとも、ジョイントパーツ、頼んだら送ってくれないかなぁ。


 最後はデジモンカード2枚。パタモンは対デビモン戦を意識した能力で、テイルモンはウィザーモンとの絆を感じさせる能力です。

 以上、ヒカリ&テイルモン、タケル&パタモンでした。出来栄えはいいものの、頭部が差し替え辛いという印象を受けました。次は通販限定で光子郎とミミ!
コメント (2)