ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

獣電戦隊キョウリュウジャー 第10話「ザンダーッ!ゴールドふっかつ」

2013-04-21 09:17:29 | スーパー戦隊シリーズ
獣電戦隊キョウリュウジャー 第10話「ザンダーッ!ゴールドふっかつ」


再び空蝉丸を乗っ取ろうとするドゴルド。トリンはそれを止めようとするも、彼の体は既に崩壊寸前であり、その羽の一部はボロボロになっていた。そして乗っ取りを完了したドゴルドは、空蝉丸の必殺奥義「雷電残光」を放ち、キョウリュウジャーを吹き飛ばす。
この危機にイアンはオビラップーの獣電池を用いて逃走。秘密基地に戻るとトリンの傷は癒えたが、かつてのデーボス軍とのダメージがまだ残っているのだという。ゴールドのこと以外にも、トリンはダイゴたちに言えないことを抱えている。それでもなお、トリンを信じるというダイゴ。ダイゴはゴールドの必殺剣を破る方法を見つけに行くと、仲間たちに後を託して去っていく。

捕らわれのソウジとアミィもまた、ドゴルドの正体が空蝉丸=キョウリュウゴールドであることを知る。ドゴルドの怒りの原因は、仲間と戦わされていた怒りだったと空蝉丸は気づくのだった。トリンの危機を知らせ、何とか封印を解こうとするも、またもドゴルドに捕らわれてしまう空蝉丸・・・その頃、2体目のカンブリ魔が生まれていた。
脱出するためにアミィはソウジに恥ずかしい秘密をバラス。それは、足で録画予約が出来るということ!wwよいこはまねしちゃダメな足技で、ソウジの縄を解き始めるアミィww
ノッさんとイアンはガーディアンズの獣電池を試すものの、有効な手が見つからない。しかし空を飛ぶのではなく、相手をソラから引きずり下ろせば・・・?

静電気を剣から放電し、威力を倍増させる必殺剣。それが空蝉丸の雷電剣の秘密。ソウジの父である源流から空蝉丸の技の正体を教わるダイゴ。そして剣の太刀筋ではなく、剣が光る瞬間を狙えば良いと気づいたのだった。
また息子は怪物退治かと尋ねる源流に、あんたの息子は超強えとダイゴ。その言葉通り、ソウジとアミィは脱出し、カンブリ魔と対峙していた。キョウリュウジャーは強き竜の者。二度も同じ技には苦戦しない!2人はカンブリ魔の技を打ち破り外へ急ぐ。


グリーンとピンクが脱出した先には、デーボス軍の戦騎たちが勢ぞろいしていた。更にはプテラゴードンまで現れるが、そこへ駆けつけたレッドとガブティラは、アロメラスの炎でプテラゴードンを牽制。更にイアンからビヨンスモの獣電池を受け取り、その能力によりガブティラの首は長く伸び、見事空にいたプテラゴードンを引きずりおろす事に成功する。

トリンのためにも負けられない戦い。ピンクは行くところがあるといい、グリーンにドリケランスを預けてその場を立ち去る。グリーンがキャンデリラ&ラッキューロ、ブルーがカンブリ魔2体、シールドランスラッシャーの斬撃無双剣でカンブリ魔1体を撃破する。

ドゴルドと対峙したレッドは、ドゴルドの雷電残光を見切り、ガブティラ岩烈パンチでドゴルドを怯ませる。そこへ駆けつけたトリンはドゴルドを押さえつけ、自身のスピリットを分離し、そのスピリットをもって空蝉丸を浄化しようとする。下手をすればトリンが完全に消えてしまう。それでも仲間を信じて賭けたいが・・・
と、そこへ駆けつけたのはキョウリュウシアン・ラミレスだった!ピンクがアンキドンに頼んで連れてきてもらったのだ。ありたっけのブレイブ、トリンとラミレスのスピリットをプテラゴードンの獣電池にセットし、正義の心で撃ち貫いた!

だが作戦はうまくいかず、ドゴルドはプテラゴードンをプテライデンオーにカミナリ変形させる・・・が、仲間達の力でドゴルドの闇の鎧は砕け散り、プテライデンオーは正義に戻り、空蝉丸もまた正義の心を取り戻した。

立ちはだかるデーボス軍のゾーリ魔たち相手に、ガブリチェンジャーを用いて、雷鳴の勇者・キョウリュウゴールドに変身!ゾーリ魔を一掃し、ザンダーザンダーを召喚。1本の獣電池でラッキューロとキャンデリラを、2本の獣電池でアイガロンを撃破し、そして3本の獣電池で真の雷電残光を放ちカンブリ魔を撃破!

だがラッキューロはカンブリ魔を2体とも巨大化させてしまう。それに対し、正義の心を取り戻したプテライデンオーが迎え撃つ。両腕の刃でカンブリ魔を切り裂き、華麗な動きで2体を翻弄。そしてブレイブフィニッシュで見事に2体を撃破したのだった。

戦いは終わったが、キョウリュウゴールドの敵であるドゴルドの鎧はその場から逃げていた。正体を明かし、その手を握ろうとするダイゴだったが、ダイゴの顔にかつての主君を思い出すゴールド。そして「キング」となるダイゴが、果たして自分の主君に相応しいか見極めるまでその手は握れないと、ゴールドはその場を立ち去ってしまう・・・


感想
プテライデンオーがカッコよすぎてやばい。あとゴールドの武器、ザンダーザンダーもカッコいいなぁ。戦国時代に英語というのも、ラミレスのように海外の仲間がいたとすれば納得。圧倒的な強さを見せたゴールドですが、今回ですぐには仲間にならず。ただどうやら次回アミィが話しに絡んでくるようで、はてさて、どういった変化を見せてくれるのか楽しみです。

そんなアミィの思わぬ特技が発覚したり、ソウジの父・源流が再登場するといったシーンもありました。雷電剣をいつの間にか会得していた源流がゴールドになれば(略。ノッさんの家族といい、家族を1話限りの関係者としていないのは良いですね。

次回はキャンデリラの中の人登場!そしてヒーロー大戦に水樹さん!・・・あれ?来週の土曜って・・・あ(汗。


余談
DXプテライデンオーを買いました。予想以上にカッコよくて大満足です。デーボスイン状態の再現も可能で、そこそこ動いて、何よりもキョウリュウジンが無くてもライデンキョウリュウジンのサウンドが聞けるというお得感wエレキとサンバのリズムがチョーイイネ!でもデーボスイン状態の獣電池はもらえませんでした。朝一なのに何故だ。

昨年のバスターヘラクレスが小さめだったので、ミニプラになった際のサイズが気になるところ。DXの合体方法と同じならば、横幅がガブティラより少し長いくらいなので、キョウリュウジンと大差ないサイズだとは思うのですが・・・まぁ楽しみに待つとします。3連休でガブティラ改造出来たら良いな。予備も買ったし、心置きなく穴を開けられます。
コメント (2)   トラックバック (3)

ドキドキ!プリキュア 第12話「マナの決意!あたし弟子をとります!」

2013-04-21 09:07:32 | 2013年アニメ
ドキドキ!プリキュア 第12話「マナの決意!あたし弟子をとります!」

アイちゃんはもしかすると助っ人なのかもしれないと話していると、マナの弟子になりたいという1年生、早乙女純がマナたちの前に現れた。六花に寄ればこれはよくあること。純の弟子志願理由は、本を運んでいた時に、マナが手伝ってくれたことがきっかけだった。その姿はとても力強くて頼もしく、まるで白馬の王子様のようだった。そして強くたくましい男になりたいという。
そしてマナはあっさりそれを承諾。断らない、それがマナだと気づいた真琴。

購買のパンを買おうとして、迷っている生徒を見かけて、マナは購買のおばちゃんの手伝いをすることに。思い思い、注文したい品を叫ぶ生徒たちの要望をしっかりと聞き分けて、適切に対応するマナ。そして生徒のパンもしっかり確保していたものの、自分のパンは忘れていたため、マナは六花様頼みw

怪我をした生徒がいれば保健室まで連れて行き、物運びを頼まれればそれを引き受け、喧嘩の仲裁や交通安全、通りがかった老夫婦の手助けなど、次から次へとマナはやってのけた。
そしてアイちゃんの世話をすることになった純だったが、なかなか思うようにいかない。そこでラビーズでガラガラを取り出してなだめる六花。
疲れている純に対して、マナは大変だったけど嬉しかったと語る。「ありがとう」という言葉や、喜んでくれたことが何よりも嬉しい。しかし純は大変でヘトヘトで、そんな事を思う暇が無かった。本当にマナのようになれるのか、自分でも頑張れば・・・と思いなおす純にお守りラビーズを渡すジョー岡田。

ビーストモードになっても勝てなかったベール。このままではイーラやマーモたちも危うい。要は倒せばそれで良い。絶対に倒すと決意を固めるイーラだが・・・


相談されたことの参考になりそうな本を一通り読もうとするマナ。純もマナの弟子を続けており、真琴は彼を努力家だと評するも、純はどこか疲れていた。テニスの練習でも対戦相手と同じようなサーブを打つなど、相変わらずの万能っぷりを披露する。せめて荷物だけでもと思ったものの、その荷物は思いのほか重量があった。

帰り道、ありすがマナたちの前に現れ、純にも笑顔を送る。ありすと並んで歩き、彼女から「お疲れ様」と言われても、今日の行動を思い返すとマナの役に立ていなかった。そして河原で遊んでいた子供の帽子が飛んでしまい、それを追いかけるもののマナには追いつけない。
背も低く、足も遅く、力も無い。どんなに努力してもマナみたいになれない。マナよりも強く、大きくなりたいという心の隙をイーラに突かれてしまい、そこから闇のプシュケーが生まれてしまう。そしてイーラもベール同様ビーストモードに変化するものの、その見た目は真琴も見惚れる可愛いゾウでしたw

変身して立ち向かうプリキュアたちだが、敵は可愛いけど強い。純を助けなければというハートだが、イーラは純の望みをかなえているだけだと語る。「強く、大きくなりたい」と語る純の声だが、あなたはマナの何を見てきたのかとソード。
強ければマナみたいになれるのか。マナだって最初から強いわけではなく、誰かの力になりたくて頑張り続けたから今がある。できる、できないではなく、大切なのは誰かのためになりたいというその心。それを褒めすぎだとハートは語る。ハートもしょっちゅう失敗し、落ち込んだりもしている。それは純と同じ。その言葉は純に届き、イーラは行動がうまく制御できなくなっていた。

何とか純の心を押さえつけ、今度こそトドメを刺そうとするイーラ。しかしその攻撃を4人は受け止める。いつも頑張っている純くんにキュンキュンしたと語るハート。純を取り戻すため、4人は力を合わせてイーラを放り投げ、ラブハートアローを召喚。スパークルソードで牽制、ロゼッタリフレクションで攻撃の反射、ダイヤモンドシャワーで反射した水ごとイーラを凍らせ、ハートシュートでイーラを打ち抜く!強くなりたいという純の真っ直ぐな思いは、決して自己中な心ではない!

純の心は無事救われた。そして後日、純はマナたちのもとに来なくなっていたが、趣味の演芸を活用して学校の花壇を植え替えたのだった。マナのように強くはなれないが、自分の花を見て誰かが元気になってくれたら良いなと純。
弟子になりたいとお願いしたのにと謝る純だが、マナはその純の花壇に感動し、純の笑顔が戻ったことを喜ぶのでした・・・

そんなマナたちを見つめる謎の金髪少女レジーナの正体は?


感想
そりゃ本運んでて、その本の影から美少女現れたら惚れるでしょうよwただ今回はマナを好きになったのではなく、マナに憧れを抱いた男子生徒・早乙女純が登場。彼は彼なりに頑張ったものの、マナにはなれず。けれどもマナだって最初から成功していたわけではなく、誰かのためになりたいという思いがあったからこそ、ここまで強くなれた。そんな今でも失敗する事があると、ちゃんと自分を見つめられているマナは素敵ですね。「みんな褒めすぎ」という一言はちょっと意外でした。
マナになれなくても、純には純にしか出来ないことがある。大切なのは誰かを思う気持ちそのもの。ありすと純が並んで歩いているシーンからして、ありすがそういったことを語りかけるのかなと思いましたが、最後は全員での説得となりました。何気にありすが純と歩いているシーンは好きです。
純に手渡されたお守りラビーズ。後にこれが何かしらの鍵になるのでしょうか。

弟子として頑張る姿は健気でしたが、それでも美少女生徒会長&副会長、現役アイドル、お嬢様の4人に囲まれるとか何その光景。むしろどうやればそのポジションにいけるのか、ぜひご指導を(略。

さて次回はありす回。レジーナが何となくイーラの姉っぽい気がする中、どういった活躍をするのか楽しみです。
コメント   トラックバック (2)

仮面ライダーウィザード 第32話「危険なアルバイト」

2013-04-21 08:32:59 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーウィザード 第32話「危険なアルバイト」


風が強い中、キャンプ場で生活をする仁藤。いざ焼こうとした際、油がコンロの上に上がってしまい大爆発。そんな仁藤に「お前のキャンプ生活は間違っている!」と水をかけてきた人物が現れた。「ひとーつ!」という彼の言葉に、仁藤は相手が旧友である土屋であると気づいた。互いに何かしらの事情があるようだが、とりあえずは土屋の家にお邪魔することに。

一方その頃、ウィザードはハリケーンスタイル、そしてランドスタイルでグールと交戦していた。だが誰がゲートかはわからずじまい。それを指示したのはメデューサだった。その背後に現れたソラは、僕がミサちゃんに指示を出すんじゃなかったっけと語る。ゲートを見つけられるのは自分だけ。そう告げるメデューサに対しても、だからこそ自分の「部下」として協力して欲しいとソラ。メデューサの手にガムを握らせ、紙に包んで捨てるようにと告げるのだった。


土屋の家は、キャンプ場のすぐ近くの小屋だった。土屋の家には貴重なギターが飾られており、弾くよりもその品々の思い出に思いを馳せることが重要だと語る。そして土屋は貴重なギターを入手するため、1日100万円というとんでもないアルバイトをするという。
瞬平も同じアルバイトの広告を見つけていたが、どう考えても怪しいアルバイト。晴人とコヨミに説得されて思い直す瞬平だが、輪島のおっちゃんも若干興味があるようでww

バイトの面接会場には大勢の人が集まっていた。その面接官・笠原の前で自身の覚悟を語る土屋たちだが、あっという間に面接は終わってしまう。その裏ではメデューサとソラが手を引いていた。メデューサはやる気が無さそうだが、ソラからしっかりやるようにと頭をつかまれてしまう。

無事面接に受かったのは、笠原の前で覚悟を見せた土屋たち3人だった。意気込む彼らに対し、ただ大人しくしていれば良いと笠原。その言葉通り、ただ部屋でボーっとしているだけで100万円がもらえてしまった。土屋は早速ギターを買い、寿司屋を連れてきて豪遊する。自分が羨ましいのかと語る土屋に、変わったなと仁藤。
面影堂に戻った仁藤は、土屋とアルバイトの事を話す。土屋は仁藤が道に迷っていた時に背中を押してくれた恩人。しかし今では金に目がくらみ、魅力がなくなってしまっていた。

幾らなんでも1日に100万、1000万というのはおかしすぎる。調査に向かう凛子たちだが、その会場には更に合格者が増えていた。その会場に以前グールに襲われていた人物がいるのを見つけ、ファントム絡みではと晴人。
カメレオとスモールの魔法をそれぞれ用いてビルに侵入するも、既に土屋たちは笠原に連れ出されていた。そして2人はメデューサたちがいた部屋を見つける。その部屋には面接会場に繋がるマジックミラーが配置されており、そこからメデューサはゲートを探していたのだった。

面接会場に現れたメデューサを見つけ、その事実を知った晴人たち。土屋は今度横浜で特別研修があると話していた。晴人と仁藤に早く行った方が良いんじゃないと語るメデューサに対し、何故そこまで話すのかと晴人。それは単なる気まぐれだというが・・・


土屋たちが連れて行かれた先で、笠原はファントム・ボギーとしての本性を現わし、死の恐怖で人々を絶望させようとする。だが間一髪晴人と仁藤が間に合った。出口を作り、土屋たちを逃がす仁藤。ウィザードとビーストにそれぞれ変身するが、ボギーは動きこそ遅いものの、ウィザードとビーストの攻撃を軽く受け流し、2人を圧倒する。
ボギーに外に連れ出され、土屋たちが逃げた場所まで追い込まれたウィザードとビースト。更に土屋たちにグールが群がり始めたため、ビーストはそちらの救助に取り掛かる。そして指一本触れさせないとビーストハイパーに変身。

ボギーは宙を自在に舞い、ウィザードを攻め立てる。そしてグールを撃破したビーストHも戦いに加わるが、ボギーは所々で霧状に変化し、攻撃を回避してしまう。この危機に「甘く見るな!」とウィザード・インフィニティースタイルへと変身。ボギーの攻撃はウィザードIには全く通じない。アックスカリバーを召喚して立ち向かう。霧状に変化するボギーに対しても、光速移動でボギーの背後に移動して切り裂く。そしてシャイニングストライクの一撃で粉砕するも、ボギーから飛び散った緑の霧は土屋たちに憑依し、ウィザードIはその事に気づいていなかった。「彼はコレからが本番」そう語るソラの真意とは・・・

とりあえず一段落し、土屋も目を覚まし、仁藤との友情の証だと彼にピックがついたネックレスを渡す。なかなか魅力的な友達だったと晴人は語り、2人で土屋の門出を見送るのだった。


感想
食事の際におかわり担当となっていたコヨミが可愛すぎて(略。最早1つの家族みたいでしたね。瞬平に説教をする晴人とコヨミはまるで父と母のようでした。
スモールやカメレオの魔法を用いての潜入調査も面白かったですね。調査中、仁藤を「攻介!」と呼ぶ晴人には、仁藤の祖母を思い出しましたw

今回からワイズマンの意思を受けて行動することになったソラ。メデューサのゲートを探す能力を用い、こちらから出向くのではなく、ゲートをうまい話で誘い込む作戦を提案。メデューサにゴミを捨てさせたり、頭を掴んだり・・・メデューサ、お疲れ様です。何だか一気に態度が大きくなったなぁ、ソラ。

インフィニティーの活躍でボギーを倒したものの、まだ事件は未解決。1話完結のような雰囲気でしたが、まだ続くよ!フレイムドラゴンも出てくるものの、何だか予告からしてロクな活躍をしそうにない気が(汗。
コメント (2)   トラックバック (7)