ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話「決戦の日」

2012-02-12 08:10:10 | スーパー戦隊シリーズ
海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話「決戦の日」

インサーンとの決着も束の間、ザンギャックの大艦隊が攻めてきた。急ぎ豪快チェンジし、ゴーカイオーと豪獣レックスに乗り込むゴーカイジャー。その目の前に広がるのは無数の大艦隊・・・

ゴーカイスターバースト、豪獣レーザーでなぎ払うも、まだ数え切れないほどの敵が攻撃を仕掛けてくる。豪獣レックスが庇うも、ゴーカイオーへの砲撃は続く。デカゴーカイオーによりゴーカイフルブラスト、パトストライカー、ガオライオン、風雷丸、ゴセイヘッダー、ゲキビースト、ゴーオンゴーカイオーによる攻撃を展開し、マッハルコンに任せてマジゴーカイオーで反撃。メガレンジャーの大いなる力でウイング豪獣神によるゴーカイスパルタン!更にゴレンジャーの大いなる力・ゴレンゴーカイオー、ダイナマンの大いなる力によるゴ-カイスーパーダイナマイト、ジェットマンの大いなる力によるゴーカイジェットフェニックス!
だがまだ数え切れないほどの大艦隊が襲ってくる。さすがのマッハルコンたちも退却せざるを得ず、残ったゴレンゴーカイオーやウイング豪獣神も墜落させられてしまう。見上げた空に浮かぶ巨大艦隊。ギガントホースからの一撃により、ついにゴーカイオーも破れ、地に伏せてしまう。

このまま一気に蹂躙するしかないとダイランドーは言うが、アクドス・ギルは地球人類にゴーカイジャーをねじ伏せたと宣言。明日の夜明けとともに人類を皆殺しにすると告げ、人類に後悔の時間を与えて去っていく。そんな時間与えるからあと1話で(略。
そんな事はさせないと思いつつ、ガレオンの修理も間に合わず、大艦隊に敵う方法が無い事に直面するマーベラスたち。宇宙最大のお宝を使えば、確かにザンギャックは消滅させる事が出来る。しかしスーパー戦隊の力も存在も消滅してしまっては・・・

船に戻ろうとした鎧は、瓦礫に挟まれた母親を助けようとする少年を見て、瓦礫をどかそうと試みる。そんな鎧を助けてくれたのは、心優しきジュウレンジャーのマンモスレンジャー・ゴウシ!!
アイムとルカが出会ったのは、ゴーピンクとともに助けた少女・ミクとその母親・妹だった。ゴーミンから必死に家族を守ろうとするミク。何とかゴーミンを倒したアイムとルカ。ゴーピンクから言われた事を思い出したという。怖い時もあったが、守りたいもののために勇気を出した。
ハカセとジョーが見たのは、決して諦めず、人命救助に尽力する天知博士と山崎。力尽きながらも、天知博士は最後の1人を救出するまで諦めなかった。山崎は「大人になっても覚えていて。みんな勇気という名の魔法が使える」と怯える子供に伝える。彼女もまたスーパー戦隊にその事を教えられたのだった。
マーベラスが再会したのは、かつてモバイレーツとレンジャーキーを奪い、自分で戦おうとした少年。少年はスーパー戦隊になれずとも、強い心でゴーミンと立ち向かっていた。この星の価値は見つかったのかという問いに、でかいものを見つけたとマーベラス。それはこの星のどこにでも、少年の心の中にもある。無茶するなと言い、マーベラスは去っていった。


故障したガレオンに戻ってきたマーベラスたち。ナビィはお宝を命がけで守っていた。
大艦隊に立ち向かうには、圧倒的不利な状況。この星には戦える船は無い。そしてマーベラスはお宝の在り方を一同に問う。すると鎧は使いましょうと、それがスーパー戦隊の心だという。ゴウシ曰く、かつてスーパー戦隊はザンギャックを追い払う事しかできなかった。本当の願いは、ザンギャックの支配におびえる事の無い世界を創ること。ザンギャックを倒すためなら、どうなっても構わない。レジェンド大戦の時、既に彼らに命を捨てる覚悟は出来ていた。そういえば「全員命を捨てる覚悟だ」とかアカレンジャー言ってたなぁ・・・

だが、それでもマーベラスたち5人は使う気は無いと言う。他に方法は・・・あるさとマーベラス。それはゴーカイジャーの手でザンギャックをぶっ潰すということ。スーパー戦隊の戦いの歴史や絆が人々を強くした。だからこの状況でも諦めていない。そんな支えを消す事は出来ない。
過去を変われば良いと思ったときもあったが、どんなに辛い過去でも受け入れ、そしてそれを否定すれば、今の自分を否定してしまう事になる。平和な未来は約束されるが、決められた未来はつまらないという。5人に戦う覚悟は出来ている。後は鎧がどう思うか。鎧は迷った末、6番目の海賊・ゴーカイシルバーとして立ち向かう事を決め、宇宙最大のお宝を破壊する。「これでお前も一人前の海賊だ!」と鎧の頭に手を乗せるマーベラス・・・


翌朝、ダイランドーがドゴーミンたちを率いて現れた。そこへ現れたゴーカイジャー。消えるのはお前達だと、大嫌いだと戦う意思を見せるのはゴーカイジャーだけでなく、人々も同じ。この星に守る価値を見つけた6人の海賊たち。死ぬ気は無いが、「命をかけてこの星を守る。それがスーパー戦隊ってもんだろ!」
カッコよすぎる・・・!!
人々の応援を受け、35番目のスーパー戦隊・ゴーカイジャーはゴーミンたちを相手にする。ゴーミンの後はスゴーミン。だがスゴーミンも、ドゴーミンも最早敵ではない。ドラゴンレンジャーから鎧を借り受け、マーベラスはアームドティラノとして、仲間の援護を受けドゴーミンを撃破。ちゃんと獣奏剣持ってる!!
この場に残るのはダイランドーのみ。最後の戦いが始まる。


感想
レンジャーキー10本挿せるゴーカイガレオンバスターで遊ぶ夢を見ました。

それはそれとして、もう涙腺が緩みっぱなしの30分でした。何これ超燃える。最初から全開の空中戦。映画以来のゴレンゴーカイオーや、相変わらず爆発のダイナマン、ちょうど今視聴しているジェットマンの大いなる力に加え、メガレンジャーの大いなる力によるウイング豪獣神!メガシルバーのレンジャーキーな所がまた良いですね。しかし、ニンジャマンも呼んでやれば良いのに。

豪華な大いなる力のオンパレードですら敵わなかったザンギャック艦隊。ゴウシからスーパー戦隊の思いを知り、使おうとした鎧に対し、マーベラスたちはスーパー戦隊を支えとした人々を見てきた。誰よりもスーパー戦隊を愛し、尊敬している鎧だからこそ、彼らの思いを受け継ぎ、宇宙最大の宝を使おうとしたのでしょう。でもマーベラスたちが過去を受け入れている事、スーパー戦隊を支える人々の思いを知った鎧が出した答えは「欲しい物はこの手で掴み取る!」。

かつて、黒騎士ヒュウガと出会った時、自分の手でこの星を守ると決めた鎧。その答えが今に結びついたのでしょう。過去を変えず、今に立ち向かう。スーパー戦隊の思いを受け継ぎつつも、彼は1人の海賊でもありました。海賊見習いから、海賊へ。鎧もまたスーパー戦隊の支えがあって今があるのでしょうね。6人の海賊が立ち向かう様はとてもカッコよかったです。アームドティラノは私の中で最高のヒーロー。

最初はこの星にお宝探しに来ただけのゴーカイジャーでしたが、その道中、大いなる力を手に入れる過程でスーパー戦隊の築き上げてきた歴史と思いを、そしてこの星の人々の強さを知り、この星の大きな価値を見つけた。命をかけてこの星を守る。スーパー戦隊の魂が、ゴーカイジャーにも受け継がれていると分かった瞬間だったと思います。黒十字王やバスコが生み出したような、単に力を借りただけのパチモンなんかではなく、その魂をも受け継いだ海賊戦隊。

次~~回!!いよいよ最終回!ギンガレッド&黒騎士への豪快チェンジ、デカマスターはディーソード・ベガ&ズバーンの二刀流など、見所一杯の予感!感想、長くなるなぁ・・・
コメント (12)   トラックバック (5)

デジモンクロスウォーズ 第73話(時駆け第19話)「海底大冒険!夢の財宝デジモンを探せ!」

2012-02-12 07:08:18 | デジモンクロスウォーズ
デジモンクロスウォーズ 第73話(時駆け第19話)「海底大冒険!夢の財宝デジモンを探せ!」

ダイバー・ミズキが海の中で見た船の墓場とダゴモンの影。陸に戻ったミズキに話しかけたのは時計屋の親父とクロックモン・・・

休日、家族と海に来ていたアイル。つまらなそうにしていたが、ユウたち3人が釣りに来ているのを見て闘志を燃やす。最近ユウにご執心な事をオポッサモンに突かれて焦るが、そこへユウがやって来て、子分にはならないと改めて告げる。
と、そんな折、タギルの釣竿が何者かに引かれ海の中へ落ちてしまう。更にそこへサメが出現する。タイキは久々にチビカメモンをリロードして救おうとしたが、サメの正体は渦巻く誠実・サブマリモンだった。名古屋弁じゃないサブマリモンは新鮮すぎるwwサブマリモンに搭乗していたのはデジモンハンターであり、トレジャーハンターでもあるミズキだった。
海が好きで、海を綺麗にしているミズキ。彼女が見つけたポイントには、デジクオーツが発生しており、そこにはダゴモンがいるた。時計屋の親父からクロスローダーを受け取り、サブマリモンをパートナーとして幾度もチャレンジしたが歯が立たなかったという。そこでタギルたちの力が必要だという。アイルも仲間じゃないけど、可愛い財宝目当てに参加w


あっという間にダイビングの講習を受け終わり、シャウトモンはチビカメモンとデジクロスし、いざ海へ。ガムドラモンは尻尾をスクリューのように使用して先行。一同はサブマリモンに捕まってデジクオーツの入り口に到着。
船の墓場に到着した一同。遠くから聞こえているのは、何かを突く音。近づいてみると音は止み、そこには遺跡とそれを守るバリアが展開されていた。ミズキが先行して手を触れると、その結界は消滅した。すると結界を解かないで欲しい、という謎の声が聞こえる一方で、人間にしか壊せない結界を解き財宝を手に入れろという声が聞こえる。ミズキは財宝を手に入れろとという声に唆されるように、追ってきたタギルたちに結界に触れ、結界を解くように指示。

人が通れる大きさに結界を解除すると、突如ダゴモンが出現。ダゴモンは擬態して姿を隠していたのだった。アイルもさすがにキモ可愛いではなく、単に「ひどい」との感想ww結界の中に逃げるも、フォービドゥン・トライデントにより結界は破壊されてしまう。必死に逃げるタギルたち。すると上から光が差し込む場所にたどり着き、そこには幻とも言われるデジモン・プレシオモンがいた。するとミズキは突如サブマリモンにプレシオモンをハントするように指示。無抵抗なプレシオモンに対して、何故・・・

ダゴモン曰く、幻のデジモン・プレシオモンこそが財宝。ダゴモンに会いたくない一心でアイルはオポッサモンをチョ・ハッカイモンへと超進化。だが強振ホームランで攻撃するも通用しない。ダゴモンはプレシオモンを探していたという。プレシオモン、そしてプレシオモンが守っていたデジタマを吸収すればより強くなれる。ダゴモンがミズキにデジタマを奪うように指示しているのを見て、タイキはミズキがダゴモンに操られていると気づき、ミズキを取り押さえる。そして力には力とタギルはアレスタードラモンとギガブレイクドラモンをデジクロスさせ、ダゴモンに立ち向かおうとするも、ギガブレイクドラモンを制御できないXUアレスタードラモン。

本当は財宝ではなく、海を守りたいと思っているはずだと必死に説得するタイキ。プレシオモンの呼びかけもあり、ようやくミズキは正気を取り戻した。だが既にダゴモンはデジタマの寸前まで迫っていた。と、何とタギルはXUアレスタードラモンを操り、ダゴモンと互角の勝負を繰り広げる。更にプレシオモンはミズキのクロスローダーに入り込み、サブマリモンとデジクロス。XUサブマリモンのオキシジェンソローブルーと、XUアレスタードラモンのインフィニティプリズムギャレットにより、何とかダゴモンをハント完了するのでした。

プレシオモンは仲間になったが、ミズキはまた海を守るために活動するという。ユウの怪我も、アイルの適切な応急処置により無事何とかなったようで。タイキにカッコよかったというと、珍しく赤くなるタイキ。アイルもユウに一応感謝を告げ、家族の下へと戻っていく。アイルの金髪は母譲りか。魚は釣れなかったものの、大きなものを釣り上げたタギルたちでした。


感想
タイキ「他のデジモンのデータを吸収しようとするデジモンが現れるとはな」
テイマーズ一同「何を今更」
そんな声が聞こえてきそうな今日この頃。ダゴモンとプレシオモン、サブマリモンの登場回でした。人を操り、XUアレスタードラモンとも互角の勝負を繰り広げるダゴモン。完全体とはいえ、なかなかの力を持つようです。02の「ダゴモンの海」では影だけの登場でしたが、あの時ぺガスモンとネフェルティモンが戦っていても勝てたかどうか・・・
デジタマを必死に守っていたプレシオモン。クロスウォーズでデジタマが出てくるとは珍しい。あのデジタマからはゴマモンが生まれてくると信じたい。

そして02では誠実のデジメンタルによるアーマー体・サブマリモンが登場。操られたミズキの指示通りにオキシジェン・ホーミングをぶっ放すのは正直どうなんだw少しは躊躇えw
おまけにプレシオモンとデジクロスし、顔と胴体の一部がサブマリモンなプレシオモンの誕生という・・・カッコいいと若干気持ち悪いの微妙な線いってる気がします(苦笑。

次回はルークチェスモンでカードゲーム。カードを持てば、誰でもハンター?
コメント (6)