ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第12話「あわやスキャンダル!?」

2020-08-05 07:17:29 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第12話「あわやスキャンダル!?」

 喜多日菜子が男性の服を選んでいるのを目撃した佐久間まゆ。プロデューサーの迷惑にならないうちに慎んだ方が・・・と告げるまゆに、日菜子は真相を語り始める・・・

感想
 基本可愛い雰囲気のしんげきですが、「そんな、見られて!?」の日菜子はどことなく懐かしの少女漫画風でした。

 さて今回は「ドリームアウェイ」というユニットを組んでいる喜多日菜子と佐久間まゆ回。EDや比較的新規にボイスがついたことを考えると日菜子メイン回でしょうか。
 アイドル御用達の純喫茶「しんげき」にて交わされる密談。まゆも「気持ちはすっごくわかりますけど」と前置きしつつ、プロデューサーの迷惑にならないうちに慎んだ方がと言えるあたり、日菜子の想いを大事にしつつ、今は「アイドル」として行動するべきだというしっかりとした考えを持っていることが伝わってきますね。
 まぁリアルな話をすると、別段アイドルが恋愛していても何の問題は無いと思いますけども・・・誰と誰が付き合っていようが、周りがとやかく騒ぐことではないかなぁと。

 それはそれとして、日菜子の口から語られた真相はまさしく日菜子らしい理由だったわけですが、それを聞いて満面の笑みで同意するまゆを見ていて、そりゃユニットも組むわと納得した話でした(笑。しかし、まゆの「自分の洗濯物と一緒に干したいな♪とか思いますよね」という発想には恐れ入った。日菜子の「王子様」以上に日常感がある分、より現実的で具体的な未来を想像しているのがひしひしと伝わってきました。
 2人の関係性をあまり知らない時は「プロデューサーを巡ってバチバチの火花散らすのでは」と勘違いしていたのも懐かしいなぁと思った第12話でした。


 そしてEDでは「世界滅亡 or KISS」という、これまたぶっ飛んだタイトルの日菜子ソロ曲がお披露目となりました。その内デレステにも来るんでしょうけども、春菜、ゆかり共々3Dライブが早く実装されると良いですね。
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第11話「アイドルお財布事情」

2020-07-22 07:40:16 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第11話「アイドルお財布事情」

 色々買いすぎてお小遣いがピンチな久川颯は、城ヶ崎莉嘉に相談し・・・


感想
 うちの担当の仕草全てが可愛い。

 というわけで今回は昨年新たに登場した久川颯のメイン回!姉である久川凪や、同じく姉妹でアイドルをやっている城ヶ崎莉嘉、直接的な絡みは無かったものの城ヶ崎美嘉も登場することとなりました。この4人のユニット曲とか、お姉ちゃん同士、妹同士の絡みとかもっと増えろ・・・増えて・・・

 莉嘉は美嘉のお下がりを着られるけれども、颯の場合は凪のセンスが独特なため着回しが出来ないと、同じ姉妹でも事情が違うところもあれば、一方で使い過ぎれば美嘉であっても母から怒られる・・・という事情は一緒な様子。
 ちなみに莉嘉が真似をした「マジギレした城ヶ崎母」ですが、デレステの劇場わいど第173話においても、大槻唯が真似をしています。ただし、唯の場合は「自分しか知らないモノマネ対決」で美嘉に出されたお題に回答として披露したところ、美嘉が絶句したというオチがついています。「知ってて真似する莉嘉」と「知らずに真似したらソックリだった唯」が似ている、つまるところ、いくらアイドルとして働いているとはいえ、若い頃から浪費癖がつかないように子供を叱る母親はどこも一緒・・・ということなのかもしれませんね。

 それを知った颯はしばらくゆーこちゃん(久川母)からの電話に出ないようにしよう・・・と考えたわけですが、そう上手くいくはずもなく・・・なオチでした。ゆーこちゃんが颯の性格や行動を知り尽くしているというのもあるでしょうし、案外凪がお姉さんとして颯のお財布事情がヤバくなったらゆーこちゃんに連絡していたりするのかなーと。

 「だよねー!」で手と足をパタパタさせたり、城ヶ崎母の反応を知ってビクついたり、凪の知り合いからの電話に恐怖したりと、颯の色んな表情が見られて大変楽しい劇場でした・・・


 とは言ったものの、前にも書いたかもしれませんが、実は久川姉妹の「ゆーこちゃん」呼びは最初めちゃくちゃ苦手で、凪と颯にも苦手意識がありました。
 「母親をちゃん付けで呼ぶ」ということに抵抗感があったため、キャラクターとしては良いんだけど、ゆーこちゃん呼びだけはどうにかならんかなぁ・・・と不満を抱いていた時期もありましたが、いつからかそういった意識は無くなり「まぁ、それくらい仲の良い家族なんだろう」ぐらいに思うようになって以降は、凪も颯もすんなり受け入れることができ、特に颯めちゃくちゃ可愛いな!と気づかされて今日に至ります。限定颯・・・?なんのことだか・・・(涙。
 
 「母親をちゃん付けで呼ぶ」というのを聞いて「あたしンち」のそんな話を思い出すのは私ぐらいだろうなぁと思いつつ、また次回。凪と颯が出てきたってことは、ちとせと千夜の回も当然ありますよね・・・?
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第10話「一瞬で塗り替わる歌」

2020-07-08 07:41:57 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第10話「一瞬で塗り替わる歌」

 松永涼は何気なく口ずさんだフレーズが良い感じだったため、早速木村夏樹に聞かせようとするが、その道中で出会ったのが・・・

感想
 第10話は涼さんと夏樹、そして強敵・宮本フレデリカの登場回となりました。

 案の定な展開でしたが、オチの涼さんが一瞬で塗り替えられたことに驚きつつもちょっと楽しそうな表情が印象に残る話でした。「良いフレーズを一瞬で塗り替えるほどのフレデリカソングの強さ」に思わず笑ってしまったのか、「一瞬で塗り替えられるってことは、まだまだってことだ!」みたいな感じの悔しさと闘志を燃やして熱くなってる感じですかね。

 僅かな出番で全てをかっさらっていくフレデリカ、夏樹の冷静なツッコミ、動揺しまくる涼さんが面白かった第10話でした。


 そういえばミリオンライブがアニメ化するとのことで。アプリの「ミリシタ」は初期数カ月やって「デレステとの両立無理!」となってやめ、その後何度かやろうやろうと思っては断念していますが、今回はアニメ化の予習も兼ねて触れてみようと思います。以前のプレイ時に好きな楽曲は見つかったのですが、ずっと続けよう!と思い至れなかったので、今回こそは・・・
 でも考えてみればデレマスにしてもシャニマスにしても、最初から今ほどハマっていたわけではありませんし、少しずつ良いところ、魅力に気がついて続けていったように思えます。なので、あまりガツガツせず、一気にあれもこれもとやろうとせずに、まったりと続けていけたらなと。

 そんなこんなでまた次回。
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第9話「スパイしなさい!」

2020-06-24 07:31:58 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第9話「スパイしなさい!」

 的場梨沙から「あたしのスパイをしなさい!」と、梨沙パパが父の日にもらって嬉しいものを調査するように告げられたプロデューサー。「娘の元気な姿を見られるのが一番嬉しい」とのことで、パパに向けた写真集を作ることになるが・・・

感想
 写真集のイメージとして【オトメのポリシー】特訓後、【わがままウェディング】特訓前、【ジューシーレトロ】特訓後を選ぶセンス。個人的には【アンビシャスティーン】特訓後、【オトメのポリシー】特訓前、【ファントムレディ】特訓後、【バレンタインモード】特訓前、【マーチングバンド】特訓前も好き。

 そんなわけで今回は的場梨沙の個人回。春菜やゆかりの例からして、梨沙もソロ曲実装か!?と一瞬身構えましたが、そんなことはなくいつも通りのEDでした。まぁ毎度毎度サプライズ投入され続けたら身が持ちませんからね(苦笑。
 
 梨沙は趣味の一つとして「パパとデート」を挙げるくらいパパ大好き!ということもあって、アイドルの家族の中でも比較的話題に挙がることが多い梨沙パパ。個人的には誠実で真面目な感じのパパなのかなーと思っていたので、プロデューサーとのやり取りで「梨沙マジ天使」と発言していたのには驚かされました。天使のように思っていてもおかしくはないのですが、ネットで使われているような言葉を用いる人とは思わなんだ。アレですかね、ライブとかイベント帰りにファンが「梨沙マジ天使!」って言ってるのを聞いて、なるほどそういう言い方もあるのかと学んでしまった感じでしょうか。

 話の内容は、梨沙はプロデューサーをスパイに仕立て上げたつもりが、実は・・・な展開でした。元々写真集を出そうと思っていたところへ、渡りに船といった感じで梨沙からのスパイ依頼があったから、それを上手い具合に利用・・・というと梨沙の気持ちを蔑ろにしてしまっているような感じになりますが、ともあれ梨沙の想いを大事にしつつ、パパの望み、そしてプロデューサーの望みも叶う結果に落ち着いたと。

 そんなこんなでまた次回。


 本編とは全く関係の無いデレステの私情ですが、最近全くと言って良いほどSSRの気配が感じられないので、微妙にテンション下降気味だったりもしてます(汗。あと、ムービーモードは2Dリッチの代わりなら納得するけど、3Dモード無しってのは寂しい・・・
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第8話「隣の芝生の色の話」

2020-06-10 06:46:57 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第8話「隣の芝生の色の話」

 「紗枝ちゃんみたいな清楚な空気感を出したい」と新曲の歌詞を読みこんでいる水本ゆかりに、小早川紗枝は「それはうちの芝生が青すぎどすなぁ・・・」と告げ・・・

感想
 祝!水本ゆかりソロ曲初披露!というわけで、今回のEDはゆかりのソロ曲でした・・・えーと、U149の特装版に千枝ちゃん、アニメでは春菜とゆかりのソロ曲と、最近はアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」で初めて声がついたアイドルたちのソロ曲が次々に披露されていますね。ということは、そのうち大和亜季や及川雫、椎名法子といった面々のソロ曲も来るんでしょうか。

 話の方は、一言でいうなれば「ゆかさえっていいな」でしょうか(笑。元の映画も好きですが、あの動画も好きです。話しているだけで2人の間に清楚で心地いい空気があふれ出ていましたが、そこからのゆかりの発言には紗枝も意表を突かれた様子。あれは冗談なのか、はたまた本気なのか・・・なまじ冗談に聞こえないあたり、ゆかりらしい気はします。あそこまで慌てる紗枝というのも珍しいような。

 そんなこんなでまた次回。さすがにまだまだ新規ボイス組の出番は無いでしょうし、サプライズボイスも無いとは思いますが、唐突にソロ曲ぶち込まれる可能性はあるのか・・・

コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第7話「あの舞台で勝負!」

2020-05-28 07:45:21 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第7話「あの舞台で勝負!」

 片桐早苗へのリベンジに燃える向井拓海に、プロデューサーが用意した「舞台」とは・・・?

感想
 一言でいうなれば「大原部長」な今回。こち亀はチラホラと読んだりうちに単行本があったりしますが、毎回ぶっ飛んだ武装をして両津を探しに派出所に現れるネタは結構好きでした。拓海のように竹刀振り回すだけならまだまだ序の口だと思います(笑。プロデューサーが「失われたバブルを探しに行った」というのもそれっぽい感じがして好き。

 今回は早苗さんVS拓海が描かれましたが、あの勝負で早苗さんに勝てる人がいるとは思えず・・・同年代・同世代はいるでしょうけども、一番ノリノリなのは彼女でしょうね。ソロ曲でもガンガン扇子振り回してますから。
 勝敗自体に驚きはないものの、今回の一番の驚きはDJのCVですかね・・・プロデューサーとは随分と声の感じが違っていて、声優さんってすごいなぁと改めて感じる一幕でした。

 
 さて、アニメの話はここまでとしまして。先日アイドルマスターシンデレラガールズのゲーム内で第9回シンデレラガール総選挙&ボイスアイドルオーディションの結果発表が行われました。 
 9代目シンデレラガールは北条加蓮!今回は期間中にSRまゆが来てくれたので主にまゆ推しになっていました。昨年の結果からしても加蓮1位は納得ですが、今回は中間発表が無かったのでちょっと寂しいところはありましたね。中間発表からどう変わるか!?2位以下が盛り返すか、はたまた1位を独走するか!?というのも醍醐味かなーと。あと、中間発表で一区切りで、そこから後半戦スタートみたいな感じもあるので、来年以降あるとすれば復活して欲しいです。
 第9回の2位は文香で、3位は志希・・・来年はこの2人の勝負になるのか、はたまた「トラプリ全員シンデレラガール!」を目指して奈緒が追い上げてくるのか。歴代シンデレラガールの順位変動も大きい総選挙において、5位にランクインした楓さんが2冠を狙うか。りあむがどこまで行けるのか気になったり、颯のランクインが嬉しかったりと色々ありますが、ともあれお疲れさまでした。

 一方のボイスアイドルオーディションでは辻野あかり、砂塚あきら、桐生つかさの3人が新たにボイスを得ることとなりました。エイプリルフールイベントに抜擢されたり、たぶん雷属性ガチャに出てきた担当の一人・三好紗南にもついて欲しかったところではありましたが、この3人についたのも嬉しいですね。つかさの登場が2014年9月、あかりが2018年12月と間は空きますが、あかりが出るまで最後発のアイドルはつかさだったので、何となく繋がりを感じる3人です。
 何といっても辻野あかりにボイスがついたのがとても嬉しい。登場当初から好きな子で、最近では「りんごろう」共々ニコニコ動画であれやこれやと話題になっていて嬉しかったのですが、とうとうボイスかぁ・・・と。嬉しい反面、「限定」「上位報酬」というのが頭をチラつく今日この頃です(汗。

 そんなこんなでまた次回。いつかあかり、あきら、つかさ回なんかも見られるのかな。


余談
 「「はっしゅつじょ」と・・・あれ「派出所」に変換できない・・・何で?」と思ってしまった今回。言いやすいので「っ」を入れてましたが、あれの読みって「はしゅつじょ」だったんですね(汗。あれだ。「たいくかん」と一緒の感じだ。
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第6話「どれが……好き?」

2020-05-13 07:24:45 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第6話「どれが……好き?」

 もっとライブで上手におしゃべりしたい…と、橘ありすや佐々木千枝に相談する佐城雪美。雪美の思い描く、イメージチェンジした雪美とは・・・

感想
 「ねぇ…プロデューサーは…どの私が…すき?」・・・・・・・・・・・・・・・あ、感想でしたね(汗。

 というわけで今回は私が特に推しているアイドルの1人である佐城雪美回となったわけですが・・・「どれすき?」と聞かれたらそりゃもう「もちろん全部すき」と答えるぐらい、どの雪美もとんでもなく可愛かったですね!最後に微笑むあたりが特に!・・・この手の話題だとどうしてもデビルマンとワイトがちらついてしまうのは避けられなくなってしまいました(苦笑。


 「それは…闇の悲劇…」と、神崎蘭子と二宮飛鳥のようにカッコいい雪美はもちろんのこと


 城ヶ崎美嘉や大槻唯、藤本里奈らのような「マジやば~」な雪美、


 愛猫・ペロっぽい可愛らしい雪美と、様々な表情を見せてくれました。しかも最後の問いかけがね、もうね・・・上記のとおり、ついついデレステのドレスコーデとMV機能を使ったスクショも挙げるくらい、可愛かったです。

 そんな雪美の話を聴く千枝とありすもまた、特に推しているアイドルなので、今後の出番に期待です。特に千枝は最近U149でソロ曲をもらったので、春菜みたいにアニメで披露してくれると嬉しいんですが、そこのところどうでしょうか・・・

 そんなこんなでまた次回。ところで雪美の「…」はこんな感じでいいでしょうか(汗。
コメント (2)

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第5話「見てるだけで幸せに」

2020-04-29 07:27:28 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第5話「見てるだけで幸せに」

 「三村かな子のスイーツ3分イーティング」。今日のテーマはかな子もよく差し入れで買っていくマカロンで・・・

感想
 「美味しいから大丈夫だよ」からはや何年経ったのか・・・ちょうどそのセリフが出たアニデレ第6話で、ニュージェネ&ラブライカに差し入れたのがマカロンでした。しかし未だに「美味しいから大丈夫だよ」の謎理論っぷりは面白いですね。説得力があるようで、言っている当人は時折トレーナーさんに指摘されているというのがまた・・・

 ということで、今回はかな子がお菓子を食べるだけの映像がソフト化!以上!・・・これだけの内容で売れるのかどうか?可愛いから大丈夫だよ!
 
 クッキングかと思いきやイーティングというのが何ともかな子らしいと言いますか。しかしこれまでボイス無しアイドルにも出番があったわけですから、スイーツファイブ出しても良かったんじゃないかなーとも。まぁかな子単独回も何だか久々な気がしますし、これはこれで。

 そんなこんなでまた次回。次回更新時には月が変わっていると思いますが、EDも変わるんですかね?
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第4話「聞いてください!私のトーク!」

2020-04-15 07:50:15 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第4話「聞いてください!私のトーク!」

 この季節おススメの場所として、猫カフェについてトークする上条春菜。しかし何故か時間を気にしており・・・?

感想
 さも当然のように、「え?とっくに実装されてたから歌いましたけど何か?」と言わんばかりに披露される上条春菜ソロ曲「春恋フレーム」。麗奈といい今回の春菜ソロといい、エクストラステージだけあって一味も二味も違いすぎる・・・!

 そんなわけで今回は春菜ソロ回と思わせておいての荒木比奈も加わってのサイバーグラス回。事務所らしきところでの撮影かと思いきや、デレマスでよくある「○分ともたなかったシリーズ」の話でした。デレステの一コマ劇場では、ブルーナポレオンの面々の前でMCで眼鏡トークをしない!と宣言していたものの、もたなかった春菜。今回はそんな彼女のリベンジとなったわけですね。だいぶ危うい感じでしたが(笑。

 そこからのいつものEDかと思わせておいての、ソロ曲初披露。いやー、長かったですね・・・アニメ2話で千枝ちゃんと一緒に声がついた時には「次のソロ曲候補かー」と思っていたものですが、ユニット曲、ユニット曲のソロバージョンはあっても、なかなかソロ曲は無く。
 そんな春菜はしんげきで、千枝ちゃんはU149でそれぞれソロ曲がもらえることに・・・U149最新単行本のオリジナルCD付特別版は今月末発売ですから、タイミングもほぼ同じ。良かったねぇ、2人とも・・・


 といったところで、また次回。次回更新は4月28日の15時予定!毎回のようにサプライズをぶち込んでくるエクストラステージ。予想がつかない展開を楽しみに待っています。
コメント

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第3話「アイドルむかしばなし・かさじぞう」

2020-04-08 07:15:46 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 Extra Stage 第3話「アイドルむかしばなし・かさじぞう」

 ある雪の日。笠を売って帰路についた十時愛梨は、頭に雪が積もった4人のお地蔵様(相原雪乃、井村雪菜、奥山沙織、喜多日菜子)の前を通りがかり・・・

感想
 えくすて3話は愛梨含めて秋田組が勢ぞろい!

 そんな秋田組が集まって繰り広げられたのは、デレマス版「かさじぞう」。なるほど、これなら今はボイスが無いアイドル達も、喋らずに登場しても不自然ではないですね・・・上手いこと考えたもので。
 本来の「かさじぞう」とはちょっと違い、愛梨らしさ?が発揮されるストーリーになっていました。普段は突っ込まれる方という印象がある日菜子も止めにでる事態に。愛梨、飛行機の中でも気にせずガンガン抜き出しますからね・・・デレステでは「大学でいつも友達が一緒にいるらしい」というウワサが表示されますが、アレ多分どこで抜き出すか分からないから不安なのではないかと思ってます(汗。

 さて、1話ではあかりとあきらが登場し、2話では麗奈がボイスを初披露、3話は雪乃、雪菜、沙織が登場・・・元よりアイドルが190人もいる「アイドルマスターシンデレラガールズ」ですが、約1年間にも渡ると思われる「えくすて」であれば、もしかすると全アイドルがアニメに登場!なんてことも夢ではないのかもしれませんね。アニデレで登場済みの子たちも含め、みんなに出番があると嬉しいですが、さてどうなることやら・・・

 そんなこんなでまた次回。
コメント