ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

S.H.Monster Arts ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.

2017-08-19 21:07:31 | モンスターアーツ
「GODZILLA・・・まさに神の化身ね」

「S.H.Monster Arts ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.」を購入しました。「いくらだっけ」と思いながら改めてチェックしたら、予想以上のお値段でしたとさ(苦笑。





 その名のとおり、映画「シン・ゴジラ」に登場するゴジラの第4形態が放射熱線を放つ際の体色変化等が再現されたものとなっています。元々赤黒かった箇所が紫色に怪しく光り輝いており、しっぽの先端までもが変化。背びれは綺麗な色に。



 発売済みだった第4形態通常版と比べると、全体的にやや明るめですね。


 付属品はこちら。交換用頭部上と下(顎)、しっぽの先端、火炎エフェクトと火炎エフェクト(地面)、熱線エフェクト、しっぽ用熱線エフェクト、熱線ジョイント2個と支柱と台座となっています。


 左が通常頭部、右が交換用頭部(上)ですが、交換用頭部はよく見ると火炎を放つ直前に目に膜が張られているのが再現されています。目に膜を張った状態で狙いを定められるものなのか、はたまたレーダーみたいなもので探知しているのか・・・



 頭部としっぽを交換。顎がパカッと開いた瞬間、ゾワッとしましたね・・・



 熱線を使うとこんな感じ。口の部分はジョイントをつけた支柱と台座を使う必要がありますが、しっぽの部分は差し込むだけでOK。


 エフェクト自体はいいのですが、ゴジラの首がもうちょっと上を向いてくれれば尚良かったかと。



 背中からだけでも驚きだったのに、しっぽの先端からも放射熱線には更に驚かされました。あの時点で最早本体とは別のゴジラが出来上がりつつあったようにも思えます。


 ではここから、私は好きにやります(笑。


「目標損傷!出血を確認!」





「何の光だ?」



「現在ゴジラの背部放熱器官が発光中!詳細不明!」
「何をする気だ・・・」

















「官邸離陸1835。総理以下8名を伴いこれより立川へ向かい・・・」











 ・・・と、いうわけで好きなようにやった結果のゴジラ第4形態覚醒Ver.でした。ラストの無人在来線爆弾の件とかも大好きなんですが、特に印象深かったのはこの黒煙⇒火炎⇒熱線⇒背部熱線⇒熱線という、まさしく「覚醒」に相応しい一連の行動だったので、撮ってみました。単に部屋を暗くしての撮影なので、ヘリのあたりとか一部見辛い部分があったかと思いますが、ご了承ください。

 エフェクトに関しては特段不満点はありませんが、やはり首の可動域がもう少し広ければ!という思いはありますね。あと尻尾が動かし辛いというか、よく中ほどが外れるというか。まあこれだけ長い尻尾を劇中のように動かせるよう関節を仕込むのは難しいのでしょう。

 改めてゴジラ第4形態の恐ろしさを感じ取れた品でした。
コメント

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)第2形態&第3形態

2017-05-27 00:02:18 | モンスターアーツ
上陸


 プレミアムバンダイより、シン・ゴジラに登場したゴジラの第2形態&第3形態のセットが届きました。





 まずは第2形態から。映画館で初めて観た時のインパクトは今でも忘れられません。それまで公開されていたゴジラ第4形態とも、既存のゴジラとも全く違うゴジラの姿に度肝を抜かれましたね。
 首と両脚、胴体、尻尾が動きます。劇中では街を這いずり回っている姿が印象的でしたが、立たせることも可能です。



 街を破壊しながら進み、逃げ遅れた人がいた建物を倒壊させる第2形態。



 しかし、突然その動きを止め・・・





 第3形態に進化!




 そして咆哮!やっぱりあの咆哮を聞いた瞬間の「ゴジラだ!」感が凄かったなぁ・・・



 第2形態からごく僅かな時間で第3形態への進化を果たしたゴジラ。ヒレが手に進化しています。しかし、手に進化したということは何かしら物を掴んだりする必要があってのことだと思うのですが、第4形態に進化しても手を使ってないんですよね・・・ラスト、第5形態?になった時に使うようになるのかな。


 一応手も動きますが、動く必要があるのだろうか・・・でも動かなかったら「動かないのは残念です」とか言ってそうです(苦笑。


 尻尾にはこの時からうっすらと顔らしきものが・・・


 攻撃するか否かの選択を迫られる場面。




 第2、第3、第4形態。第2から第3はその過程が描かれていましたが、第3から第4への進化過程は描かれていません。体色がガラッと変わり、皮膚は自衛隊の攻撃をものともしないほど強固なものへと変わっていました。
 改めて比べてみると、何故ここまで強固な体に進化したのでしょう。海中で攻撃が加えられたのか、自衛隊からの攻撃を予測して強固な皮膚を獲得したのか・・・


 同じゴジラでも、たどった進化の過程は随分と違うもので。


 進化といえばこちらも進化セットが出ていました。


 最後はゴジラ3体で締め。


 以上、簡単ながらシン・ゴジラに登場したゴジラ第2形態と第3形態のセットでした。
 改めて手にとって見ると、徐々に体色が黒ずんでいっていること、第3形態が思っていた以上に血にまみれているかのような体色だったこと、足や尻尾の先端の進化の過程が分かりました。

 この2体だけでオプションパーツは一切無し。まぁつけろという方が無理でしょう。血液ドバーを再現するのは無理がある。仮につけるとしても、ACTのビルティング(通常版・ダメージ版)ぐらいでしょうか?今回使ったビルや道路がそれにあたりますが、これ、どうにも使い辛いんですよね・・・

 ともあれ、第2形態と第3形態でした。
コメント (2)

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)

2017-02-08 06:00:58 | モンスターアーツ
現実 対 虚構


 2016年に公開された映画「シン・ゴジラ」に登場したシン・ゴジラ第4形態がモンスターアーツとして遂に発売!(2ヶ月以上前)



 「シン・ゴジラ」に登場した巨大不明生物。後に大戸島の伝説になぞらえて「ゴジラ」と呼ばれるようになった。
 劇中では海中から巨大な尻尾のみを顕わにした第1形態、蒲田から品川方面に向かって街を這いずり回った第2形態、第2形態が突如として立ち上がり咆哮した第3形態を経て、鎌倉上陸時にはこの第4形態に進化を果たしていた。
 それまでの形態と比べ、自衛隊の攻撃に全く動じない強靭な皮膚の持ち主でもあります。




 これまでのゴジラと比べるとかなり小さな目と細い腕の持ち主ですが、その戦闘力たるや歴代トップクラスでした。
 また、口は大きく開きますが、熱線を放つ時に見せた下顎パカーの機構はありません。エフェクト追加版では差し替え用頭部があり、それによって再現可能になる模様。




 体内放射はありましたが、まさか背びれや尾からも熱線をぶっ放すとは思いもせず・・・尾はこの時点で既に頭部らしきものが見えます。


 背中は結構曲がります。初の熱線放射シーンではここから黒煙⇒火炎⇒熱線と変わっていくわけですが、黒煙の時点で絶望感がやばかったです(汗。



 足の指や爪はこんな感じ。




 初代、VS、ミレニアムゴジラと比較。VSは強そう、ミレニアムは凶暴そうといった印象がありますが、シンは不気味さというか怖さの塊ですね・・・





 ただ立っているだけでも貫禄というか、圧倒的な力を感じさせられます。


 一応熱線エフェクトを使ってみましたが、この熱線だったらあそこまでの被害は無かったろうなぁ・・・と(苦笑。


 街の中をどこへともなく進むゴジラに・・・


 ようやくまともなダメージが!?


 かと思いきや・・・




 熱線発射!


 更に背中からも発射!


 エネルギーが尽きるまでとめどなく破壊を続けたゴジラ。BGMも相まって、悲壮感が凄かったですね。


 地中貫通爆弾が効果ありならば、3式機龍(改修後)のスパイラル・クロウならばダメージを与えられるのでしょうか。でも遠隔操作担当の「しらさぎ」が撃墜されたらほぼアウトなので、相性最悪かもしれません。



 以上、簡単ながらシン・ゴジラ第4形態ことゴジラ(2016)のモンスターアーツでした。従来のゴジラを遥かに超える尻尾の長さを誇るため、これまでのゴジラと比べて結構重かったです。あと箱がでかい。
 概ね満足ですが、エフェクトが無いのは寂しいところ。まぁそもそも商品化発表時点では映画が公開していませんでしたから、割れた下顎のパーツをつけたり、尻尾からの熱線エフェクトをつけようものならとんでもないネタバレになりますからね(苦笑。

 今後はプレミアムバンダイにおいて第2形態と第3形態のセット、エフェクト付の第4形態が出るとのこと。そちらも楽しみです。
コメント

S.H.MonsterArts ゴジラ(1954)

2016-07-30 20:42:33 | モンスターアーツ
「私は見た。確かにジュラ紀の生物だ!」

 てなわけで、新作映画公開にあわせて「S.H.MonsterArts ゴジラ(1954)」が発売となりました。


 ゴジラ(1954)とのことで、言わずとしれた第1作目「ゴジラ」に登場した初代ゴジラが遂にモンスターアーツに登場!初代ゴジラはモノクロ作品ということで、モノクロ映像を意識した彩色となっています。





 初代特有のギョロっとした目つきや怖さなどがしっかりと再現されています。可動に関しては十分に遊べる範囲の可動だったとは思いますが、下あごが開きにくかったです。




 手持ちのモンスターアーツのゴジラたちとの比較です。身長的には初代よりも4代目ゴジラの方が圧倒的に高いはずですが、サイズは同程度。まぁサイズ差をあわせるために、初代ゴジラが半分のサイズになられても困りますが(汗。
 こうして比べてみると、初代ゴジラのモノクロ彩色が分かりやすいかな?




 別の運命をたどった初代ゴジラたちの比較。かたや骨まで消え去り、かたや骨を利用して同族と戦う羽目に・・・






 あれこれ動かしてみたり。








 初代ゴジラの放射熱線は、綿を使ってみました。あと、国会議事堂は毎度のごとく、過去の名鑑のものを使っています。名鑑シリーズ、復活してくれないかなぁ・・・


 以上、簡単ながらモンスターアーツの初代ゴジラでした。初代ゴジラの怖さと魅力が詰め込まれた一品になっていると思います。エフェクトなどはありませんが、初代の放射熱戦は再現し辛いでしょう。何かしら建物でもあれば、尚良かったかもしれませんね。



 おまけで因縁の対決を。






 バーニングゴジラでも瞬殺というわけにはいかなかったので、初代ゴジラでは歯が立たないでしょう。しかし・・・



 もう1体の初代ゴジラが駆けつけた!




 オキシジェン・デストロイヤーを流し込まれて消滅寸前のゴジラが、デストロイアを食い止めている間、もう1体の初代ゴジラがアブソリュート・ゼロで初代ゴジラもろともデストロイアを粉砕!・・・的な感じで。3式機龍が出現した理由は、ディメンジョン・タイドで次元が歪められた原因ということで、ひとつ(笑。
コメント (2)

モンスターアーツ ガメラ(1996)

2015-02-02 00:00:05 | モンスターアーツ
「最後の希望 ガメラ 時の揺りかごに託す」

 モンスターアーツより、ガメラ(1996)が発売されました!1996年版ということなので、「ガメラ2 レギオン襲来」のガメラの立体化となります。
 ギャオスとの戦いを経て、宇宙から襲来したレギオンと交戦する地球の守護者。仙台でレギオンと交戦し、草体の種子の発射を食い止めたものの、その際の爆発で仮死状態に陥ってしまう。その後人々の祈りを受け復活。レギオンの後を追い、大技「ウルティメイト・プラズマ」でレギオンを消滅させる。しかしその後、世界中でギャオスが大量発生し・・・



 モンスターアーツとしては珍しく、ゴジラシリーズ以外からの発売となりました。ガメラそのものは特撮リボルテックから発売されていますが、今回のは特撮リボルテックから大幅スケールアップ!特リボのガメラは同じく特リボのレギオンとのサイズ差の関係もあり小さめですが、モンスターアーツのガメラはゴジラに引けをとらない大きさとなっています。




 顔もしっかりと作りこまれています。


 背中全てを覆う甲羅も重厚感が漂っていて良い感じ。






 可動も悪くない感じです。体の構造上、腰を回すことはできません。




 プラズマ火球エフェクトと台座もついています。ゴジラの細長い熱線と異なり、太く丸い感じで火球が表現されています。


 上がガメラ付属の台座、下がゴジラ(リニューアル版)の台座・・・うん、別物だな!(汗。



 パーツ差し替えにより、飛行状態も再現できます。さすがに首と手足を引っ込めて回転している場面のエフェクトはついていません。欲を言えば、もうちょっと台座に高さが欲しかったところ。


 ちなみに飛行形態にする場合は、両手を外し、更に下半身を丸ごと差し替える必要があります。引き抜くまではどういう構造になっているか分からないので、下半身を引き抜く際はドキドキしました(汗。


 そして差し替え無しでウルティメイト・プラズマ発射状態を再現可能!胸の殻を順番にめくっていくことでの再現となります。小さいパーツも多いので、幾つか外れやすい殻もあります。


 では、数年ぶりにガメラ2の再現っぽく!


 北海道に出現したガメラ。ソルジャーレギオンに襲撃され、高速回転での離脱で何とか突破。デストロイアといい、小さい分攻撃しにくいので倒し辛い相手です。


 その後は仙台の草体を撃破するべくレギオンと交戦。その前に、人々が乗るヘリコプターを守ろうとしてくれました。





 何とかヘリは脱出したものの、レギオンの猛攻によりガメラは倒れこんでしまう。



 それでも何とか草体にたどり着き、種子の発射を阻止。しかしながら炭化し、仮死状態にまで追い込まれることに。この時、マザーレギオンが草体に迫るガメラを妨害しなかったのは、「もう止める力は無い」と油断したためでしょうか。



 人々の祈りを受け、ガメラ復活!と同時に勾玉は砕け散り・・・



 侵攻するレギオンの前にガメラ到着!スライドしながらの火球連発はとにかくカッコいい。





 苦戦を強いられつつも、何とか2本の角を折ることに成功。


 しかし怒り狂ったレギオンは赤い熱鞭でガメラを貫く!ガメラはゴジラと比べた場合、血を流す場面が多い気がします。赤い熱鞭に貫かれたガメラが本当に辛そうで・・・しかも容赦なく頭部を狙うあたり、レギオンのぶち切れ具合が伺えます。






 大量のマナを消費する「ウルティメイト・プラズマ」で決着。まさか胸の殻が開くとは思いもしませんでした。この技を使わなければならないほど追い詰められていたガメラ。それほどまでにレギオンは強大な敵だったことが分かります。

 では折角ゴジラを比較に取り出したので

 ゴジラVSガメラ!どうしても「ゴジラガメラ」の言葉の並びで、ひだまりラジオを思い出すのはさておいて。
 ゴジラもガメラも様々な個体がいますから、一概にどっちが強いとは言い切れないでしょう。そもそも、昭和の正義の味方であるゴジラならば、ガメラも戦おうとはしない気がします。地球を守るために戦うということであれば、出番はGMKのゴジラ出現時とかですかね。



 きっとこの2体が戦っても、共通の敵を倒すために共闘するか、もしくはキングコング対ゴジラのように引き分けに終わる気がします。ガメラの力を受け取ったゴジラのプラズマ放射熱線とか燃える。





 折角なのでレギオンとデストロイアも混ぜてみました。デストロイアの尻尾は吹き飛ばされた後、ということで(汗。


 そんなこんなでモンスターアーツより、ガメラ1996でした。ゴジラとは一味違う独特のどっしり感や、差し替え無しのウルティメイト・プラズマなど、なかなか良い出来栄えに仕上がっていたと思います。この調子でギャオスやレギオン、そしてイリスやガメラ3のガメラあたりも出してもらいたいですね。

コメント (6)   トラックバック (1)

モンスターアーツ 3式機龍(重武装型/高機動型)

2014-10-18 22:29:08 | モンスターアーツ
モンスターアーツより、3式機龍(重武装型/高機動型)が届きました。前回のゴジラ2000&機龍紹介はこちら

「ゴジラ×メカゴジラ」において破損した3式機龍が、続編「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」にて修理・強化された姿。破損した右腕はスパイラル・クロウに、アブソリュート・ゼロの代わりに3連ハイパーメーサー、両腕のレールガンは4式にそれぞれ変更された。


今回はGMMGにおける機龍ということで、重武装型、高機動型の2種類を再現できます。ぶっちゃけ前回のもパーツを外せば似たような感じに(略。
トップ画像のが重武装型、こちらが高機動型。


左が今回の、右が前回の機龍。まず目につくのは色が明るい銀色から、暗めに変更されています。これがまたカッコいい!



先ほどの武装変更以外だと、胸のマークの違い、首筋の辺りに意匠の追加が見受けられます




右手がスパイラルクロウになっているため、通常状態でも大分爪が大きくなっています。腕にモーター?が仕込まれているのが分かります。


互いに武装有りだとこんな感じに。武装も含め、改めて前回の機龍が明るめの色合いであることが分かります。



今回は頭部をまるっと交換することになるのですが、首筋のコードをはめるのに手こずりました。




4式対獣掘削装置ことスパイラル・クロウ!ゴジラの体を貫通し、かなりのダメージを与えていました。しかし、何故にこれを以前の機龍に搭載しなかったのか。これで怯ませれば「アブソリュート・ゼロ」も命中したような・・・


新たに搭載された3連ハイパーメーサー。アブソリュート・ゼロに使用した素材が収集困難だったため、こちらを搭載することになったとか。



機龍は他のメカゴジラよりも、大分メカメカしい部分が目立つと思います。





でもって改めて重武装型。バックユニットが青から黒に変更されており、渋さが増しています。また、劇中再現できるように両方それぞれのパーツを外すことができます。


重いフィギュアを浮かせるのは難しい・・・


MOGERAに付属していた煙エフェクトが、カーブしているのがあればなぁと思う今日この頃。






ゴジラ×メカゴジラ再び。毎度毎度ぶつけられるバックユニット。








モスラの援護を受け、スパイラル・クロウを炸裂させたあとは一気に優勢に。ゴジラ2000に登場したフルメタルミサイル、GMKのD-03弾、FWの轟天号。思えば2000以降のゴジラはちょくちょく貫通攻撃持ちが出てきているような。


以上、3式機龍(重武装型/高機動型)でした。前回の機龍から右腕や胸部、全体の色などが変更されたもので、若干お高い印象はあるものの、カッコよく仕上がっているので満足です。
着々とミレニアム以降のシリーズが出始めている中、次回はメカキングギドラ!買う・・・のか?
コメント (2)

モンスターアーツ 東宝特撮超兵器2&ゴジラ対応エフェクト2

2014-09-27 00:00:02 | モンスターアーツ
プレミアムバンダイより、モンスターアーツの「東宝特撮超兵器2」と「ゴジラ対応エフェクト2」が届きました。

「2」ということは、「1」があったわけですが、その「1」が届いたのは3年前。今回は超兵器とエフェクトが別々の品物になっていますが、当時は一緒の商品で、スーパーXⅡや赤い熱線などが収録されていました。

まずは「東宝特撮超兵器2」から。

台座には「ゴジラ」が赤文字で記入されています。何やらこれまでの台座に比べ、怖い感じが漂っています。



ビルエフェクトA、Bがそれぞれ1個ずつ入っています。上のでっぱり部分に穴が開いており、そこにスタンドパーツを差し込むことも出来ます。




メーサービーム戦車、メーサー砲、メーサー攻撃機。メーサー攻撃機は専用スタンドパーツがあり、3機同時に飾ることもできます。


手前が今回の、奥が前回の商品なのですが・・・色の濃さ以外の違いはあるのだろうか(汗。




個人的に今回の目玉はこちら!スーパーXⅢ!「VSデストロイア」に登場したスーパーXシリーズの劇中最終機体。VSシリーズといえばGフォース、のイメージがあるので、スーパーXⅢもGフォース所属かと思っていましたが、陸上自衛隊所属なこの機体。
人工ダイヤモンドでコーティングされているため、バーニングゴジラの赤い熱線も耐え凌ぎ、ダメージは受けても飛翔し続け、搭載された冷凍兵器&カドミウム弾でゴジラの行動を一旦停止にまで追い込むという、とんでもない兵器。最後の出撃のシーンは燃えます。




底面のパーツを交換することにより、ランディング状態?を再現することも出来ます。


機体前方と上部のパーツを交換し、超低温レーザー砲とミサイルポッド展開時も再現できます。


スーパーX、スーパーXⅡは納得の進化を感じさせられますが、スーパーXⅢはⅡからの期間が開いたためか、翼が取り付けられ、別の機体のようにも感じます。


続いて「ゴジラ対応エフェクト2」。


熱線エフェクト黄色(上)&オレンジ(下)、熱線エフェクトパーツ台座(上)、地割れエフェクト台座(下)。ここに来て熱線エフェクト!なのですが、ゴジラで黄色やオレンジの熱線って珍しいような。青い熱線が初回特典だったゴジラから随分経つので、通常色があっても良かったかも。



ビルエフェクトA、Bがそれぞれ2個ずつ入っています。仕様は超兵器2のと同じかと。




熱線爆発エフェクト。背面の白い部分に熱線を添えることで、熱線が対象に当たって爆発しているのを再現できます。ウルトラマンノアやダークザギについてきた、光線衝突エフェクトが派手になった感じです。
にしても、こんな感じの物体をどこかで見たような・・・


ではここからは兵器やエフェクトを使ってあれこれと。



モスラが街に出現したっぽくしてみたり。


ファイヤーラドン、撃破。




VSメカゴジラ。ハイパーウラニウム熱線でスーパーメカゴジラを圧倒。あのシーンのゴジラの迫力は最高です!






VSスペースゴジラ。結晶エフェクトも差し込もうと思えば差し込めます。よし、次は福岡タワーエフェクト!もしくはスターファルコン&ランドモゲラーで!w





VSデストロイア。まずはバーニングゴジラVSスーパーXⅢ。ダメージは受けたものの、かなり善戦した上に、去り際までカッコよすぎる・・・!






街に出現したデストロイアに立ち向かうゴジラジュニア。



近寄るものの、再会は叶わず・・・


これがゴジラの、最後の戦いになるかもしれない。


逃がすな!撃ち落せ!


ゴジラ、死す。

と、いうわけで東宝特撮超兵器2&ゴジラ対応エフェクト2でした。3年の時を経てまさかの第2弾となった今回のエフェクトセット。ハリウッド版の公開にあわせて盛り上げようという試みでしょうか?当時の商品の色を変えたものっぽいものもあれば、スーパーXⅢなど新鮮なものもありました。

ビルエフェクトは参考例を見ると面白そうですが、いざ自分で使ってみるとなかなか難しいです。ウルトラマンなどにも使えそうですね。ライダーは1号やJ、ディケイドコンプリートフォームあたりなら使えそう。

なかなかに楽しめたエフェクトたちでした。

そういえばこれ以前にもハリウッド版のゴジラがモンスターアーツから出ていますが、そちらは購入していません。最初は購入する気満々でしたが、映画を見た後だと、ちょっと手が出し辛い・・・
コメント (4)

モンスターアーツ ゴジラ(2014年発売版)

2014-07-23 07:32:58 | モンスターアーツ
モンスターアーツより、ゴジラが発売されました。

タイトルは「2014年発売版」としていますが、一応最初に発売されたゴジラと区分するためにつけているだけで、商品は「ゴジラ」だけです。なので「VSシリーズなのは分かるけど、どのゴジラ?」とずっと疑問でした。
で、箱を見てみるとゴジラ(1995)、つまりバーニングゴジラの彩色バリエーションとのこと。それに今回、熱線エフェクトと交換用手首がついて発売となったわけでした。



左が今回のゴジラ、右が最初に発売されたゴジラです。新ゴジラには濃いブルーなどが足されているとのことで、以前のゴジラよりも明るくなったように感じます。



可動はバーニングゴジラと変わらないかと。お腹や足の付け根の隙間もありますが、バーニングゴジラの頃からそんなに気になりませんでした。



やはり一番の違いは顔です。上が前のゴジラ、下が新ゴジラです。前のゴジラは正面からだとどこかずれた感じがしていたものが、新ゴジラはしっかりと前を見据える顔に。この表情こそVSシリーズのゴジラだと思います。


バーニングゴジラと。



今回付属の熱線エフェクト(左2つ)は、以前兵器セットに付属してきた熱線(右2つ)の色違いとなっています。今回は初回特典では無い模様。何でアレ、初回特典だったのだろうか。



開いた手首も付属していますが、個人的にしっくりこないので、殆ど元の手首を使って撮影しています。


「バーニングゴジラの彩色バリエーション」、「色に濃いブルーなどが使われている」ということから、何となく「ゴジラVSデストロイア」のラストにおいて、ジュニアが成長した姿のゴジラのように思えてなりません。


吼えたり。


尻尾を振ったり。


背びれだったり。





今回はほぼゴジラ単体で撮ってみました。何だかんだでビオランテ、キングギドラ、モスラ&バトラ、メカゴジラ&ガルーダ、ファイヤーラドン、スペースゴジラ、MOGERA、デストロイア各種と、VSシリーズのキャラクターはほぼ揃っているんですよね。それに気づいた瞬間、「あ、これ全部撮影しだすと日付変わる」と思ったのでやめました(苦笑。メカキングギドラやスーパーXⅢが控えているようなので楽しみです。


以上、モンスターアーツから発売された新たなゴジラでした。昔のゴジラと比べると、特に顔つきが良くなっていると感じました。隙間が目立つ場合もありますが、これだけ動くのであれば目をつむっても良いかなーと。
いつの間にやらゴジラも5体。リトルやジュニアも含めると手持ちのゴジラは7体となりました。ハリウッド版が早くもモンスターアーツに参戦とのことで、そちらも楽しみですね。でもモンスターアーツよりも、既に発売されているソフビをどれだけ手にとってもらえるかも気になる今日この頃です。

それと、昨日VSデストロイアを視聴していました。あんなに怖いバーニングゴジラなのに、瀕死のジュニアを見る目の優しさが印象的です。
そういえば、何でデストロイアはジュニアに発電所まで吹き飛ばされた際、わざわざ飛行形態に移行していたのだろう。
コメント (4)

モンスターアーツ モスラ(幼虫)&バトラ(幼虫)セット

2014-07-01 00:00:12 | モンスターアーツ
モンスターアーツより、モスラ(幼虫)とバトラ(幼虫)のセットが届きました。「プレミアムバンダイさんからの~」と配達員の方に言われて、何かあったっけ?と思ったらこれでした。7月だとばかり・・・(汗。



まずはモスラ幼虫から。バトラと比べると小さく地味な感じがしますが、そのチョココロネのような体は結構くねらせることが出来ますし、頭部も細かく作られているように感じます。ただ、足は可動しません。口が開閉可能で、後で紹介する糸エフェクトを差し込む穴も開いています。



伸縮可能ということで、予想以上に良く動きます。




専用台座と糸エフェクト・・・糸というか、干し芋エフェクトのような(汗。
ともあれ、専用台座のおかげで上を向いて糸を吐くシーンを再現できます。出来ることなら何かしらを上から降らせて、繭を作っているシーンもやってみたかったのですが、身近に手ごろなものが無く・・・



今回のモスラ幼虫は、VSモスラの幼虫というよりは、実家にある二代目モスラ幼虫のソフビと何となく似ている気がします。個人的にVSシリーズのモスラ幼虫はもっとテカテカしたイメージがありました。尻尾の突起の一部が上を向いているのが四代目モスラ幼虫の特徴とのことなので、これは四代目なのでしょう。
折角なので昭和ゴジラと絡めてみたり。





では続いてバトラ幼虫!でかい、とにかくでかい。このセット、実は1万越えなのですが、そのお値段の半分以上はバトラなんじゃないかと思うくらいでかいです。ゴジラと同程度の大きさを誇り、目や角などにはクリアパーツが使用されています。



ずらりと並んでいる爪はさすがに動かせませんが、先端の地面についている大きな爪や、その上にある中くらいのと小さい爪、口の周りの大きな牙は動かすことが出来ます。



モスラ幼虫同様に口の開閉も可能で、ある程度なら上を向かせることも可能です。






その巨体と角を生かしてゴジラと戦いを繰り広げるバトラ幼虫。どうしてこの世界の幼虫はこんなにも強いのか。


そりゃこんな怖いのに追いかれられたら逃げるよなぁ・・・w




ゴジラと真正面からやりあえるバトラ幼虫。ゴジラを倒すだけなら耐久力の高さそうな幼虫でも良かったのかもしれませんが、空を飛べるモスラ成虫を倒すことを考えると、自分も成虫になる必要があったのでしょうね。



VSシリーズのモスラ成虫&幼虫。実際には同一の個体ですが、モスラの成虫と幼虫からは親子の雰囲気が漂っている気がします。


バトラ成虫&幼虫。幼虫からいきなり成虫に成長したシーンは驚かされつつも、非常にかっこよかったです。


幼虫がいる時点で勝てる気がしません(汗。


以上、モンスターアーツより、モスラ幼虫とバトラ幼虫でした。正直初めて商品画像を見たときは「あまり動かなさそう」「これに1万円以上をかけるのはどうなのか」とも思ったりしましたが、バトラ幼虫のカッコよさで全部吹き飛びました(笑。出来ることならば、バトラ幼虫にもバトラ成虫にも使用できるようなエフェクトをつけて欲しかったところではありますが、この重量感と荒々しさ、かっこよさには満足しています。

新たなゴジラも参戦が決定しつつ、機龍の再発進も待ち遠しいところです。
コメント (4)

モンスターアーツ モスラ(成虫)

2014-04-30 00:16:32 | モンスターアーツ
(平成)


というわけで、モンスターアーツより「ゴジラVSモスラ」に登場したモスラ(成虫)が届きました。
平成における小美人ことコスモスの守護神怪獣。卵の状態で眠りについていたが、環境破壊により卵が地表に露出。日本の企業に利用されかけるも、運ばれる途中で孵化し、モスラの出現を感知したバトラの出現、そこにゴジラも加わって三つ巴の戦いに・・・


「モスラ」で初登場後、「モスラ対ゴジラ」ではゴジラより名前が先に来ており、その後の作品でも時には幼虫のままで、時には成虫になって何度も登場した人気怪獣の一体です。蝶の怪獣?いいえ、蛾の怪獣です。そうかそうか、つまり君はそんな奴だったんだな。


元々カラー映えする怪獣ではありましたが、平成になってモフモフ感や可愛らしさアップで復活となりました。まぁその行動についてはさておいて、出来栄えはかなりのものだと思います。まず目がとても綺麗な青です。





翼も結構上下に動きますし、翼の色合いも綺麗に仕上がっていますね。バトラがトッキントッキンしている翼ならば、モスラは模様も丸みを帯びていますね。


後ろから見るとこんな感じ。
ちなみに6本の足は、バトラよりはしっかりとはまっていると思います。全く関係ありませんが、このモスラの足を見ていると、似たような色合いのえびのお菓子が食べたくなります(苦笑。


モフモフ感再現のためか、頭部と胴体、羽の一部(白とオレンジの部分)は体毛をイメージしたかのような作りになっています。



国会議事堂にて羽化!あまりの綺麗さ故か、見とれる人々。
名鑑シリーズ、復活してくれないかなぁ。



モスラの羽化にあわせてバトラも幼虫から繭をすっ飛ばして成虫に。





モスラを狙ったバトラ。モスラの撃墜には成功するも、ゴジラには敗北。そこへモスラの救援が入り、和解して共闘開始!




ゴジラVSモスラ&バトラ。2匹のモスラがゴジラを圧倒!「みなとみらい21」というのを、この映画を見て覚えました。
SFCのゲームでも、モスラの技としてバトラが登場したそうで。しかし、至近距離からの熱線も弾くとかどんな鱗粉なんだろう。




海上に連れ出したものの、バトラが噛まれてしまい・・・結果、バトラがゴジラと共に海中に没し、モスラは隕石の軌道を変えるために宇宙へ。




VSモスラの後も、GMKではキングギドラと共に戦い、GMMGでは機龍と共闘、FWではガイガンと交戦・・・本当、引っ張りだこですね。
ちなみにキングギドラは例によって例の如く、首も尻尾もはまらねぇ!(涙。



リボルテックの昭和モスラと。リボルテックは後何体のアイアンマンを出すのだろう。


以上、モンスターアーツのモスラでした。巨大な翼と綺麗な瞳が特徴的で、綺麗に仕上がっていると感じました。気づけばVSシリーズの面々も殆ど揃いました。よし!次は植獣形態のビオランテをZEROでだそうぜ!w後はメカパーツを着脱可能&捕獲装置再現可能なメカキングギドラに、変形合体可能なランドモゲラー&スターファルコンに、ベビーゴジラもつけよう!・・・無理ですよねー(汗。



余談
チラッと読んだ雑誌に、ゴジラVSキングギドラのジオラマが掲載されていまして。通常版の値段がまだ許容範囲なんですが、純金製のお値段がまさかの・・・税抜きでもビオランテ300体ぐらい買える値段って一体・・・?
コメント (4)