ピストンエンジンは永遠か!な?

バイクを中心に話題を紹介します

XLV750R 燃料タンク

2019年05月11日 | 燃料系

 

 たまに更新しますが、よろしかったら投票してくださいね

 

 

これは手を付ける前から承知していたことですが、タンクにはサビで大きな穴があいています。

 

コックも外してタンクを振るとこんなにもサビが出てきました。

 

このタンクは凝った作りになっていて、切り替えがタンクの上面で行えるようになっていますが、はたしてどうなるか?

 

穴が開いたままではサビ取り剤を入れても漏ってしまうので、小型のバーナーを使ってハンダで穴をふさぎました。最終的にはライナーコーティングをするつもりなので小さな穴ならテープなどでも済むかもしれませんが、大きい穴をふさぐついでにピンホールもハンダでふさぎました。

 

でもサビ取り剤を入れるとピンホールは増えてこんなにも!

 

エンドスコープを使って内部を確認すると、かなりキレイにサビは取れています。ついでにハッキリと分かったのは、切り替えコックは改造されていて普通の構造に改められていました。

次の作業は内部のライナーコーティングです。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« XLV750 | トップ | 燃料タンク ライナーコーテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

燃料系」カテゴリの最新記事