ピストンエンジンは永遠か!な?

バイクを中心に話題を紹介します

CBX1000キャブレター Ⅲ

2020年03月15日 | キャブレター

 たまに更新しますが、よろしかったら投票してくださいね 

 

 

並列多気筒エンジンのキャブレターメンテナンスはフロートチャンバーだけを外して行えるものではなく、特に長い年月を経た個体で燃料経路にOリングを使ったものはそれを交換する必要があります。画像はともにガソリンの通路です。このまま見過ごしてしまいますとフロート系が正常でも悪夢のガソリン洩れが生じます。

 

 

Oリング溝が径に対して深いので古いOリングを除去する際、ジョイントパイプに傷をつけてしまうこともありますので良く点検をします。

また純正のパッキンセットは入手困難ですから汎用のOリングを選ぶときは材質に注意します。一般的なOリングはニトリル系が多いのですが一種と二種ではガソリン耐性が異なりますし、そもそも対候性に難があるそうなので、フッ素系のほうが良いかもしれません。

 

 たまに更新しますが、よろしかったら投票してくださいね 

コメント   この記事についてブログを書く
« CBX1000キャブレター Ⅱ | トップ | CBX1000 リアサスペンション »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キャブレター」カテゴリの最新記事