ピストンエンジンは永遠か!な?

バイクを中心に話題を紹介します

CBX1000 リアサスペンション

2020年04月12日 | サスペンション

 たまに更新しますが、よろしかったら投票してくださいね 

 

ホンダが最初にプロリンクサスペンションを採用したのは1979年のモトクロッサーからだったらしいが、1980年発売の1981年モデルのCBX-BからオンロードモデルのCBX1000にも採用されている。

 

とは言え、最初期のこのサスペンションは今見るとお世辞にも洗練されているとはいえず、車重の大きいことからもごつくて各部品が重い。

 

販売時から40年近くも経っていると、その間適切なメンテナンスが施されていなかったのは明白で、ロッドエンドピン(部品名はカラー、コネクティング ロッド ピボット)はこの通り。

 

 たまに更新しますが、よろしかったら投票してくださいね 

コメント   この記事についてブログを書く
« CBX1000キャブレター Ⅲ | トップ | CBX1000キャブレター フロー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サスペンション」カテゴリの最新記事