興ざめる

まだ固い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠距離恋愛というのがある

2015-05-27 15:03:22 | kl
遠距離恋愛というのがある。

1964年頃から、一般化して来た言葉だという。
新幹線の開通と関連があるともいわれる。
それまで、東京、大阪間は、日帰りなどとても出来ない距離だったが
可能となったbridal academy 好唔好
そのほか、
高度経済成長がもたらした生活様式の変化は、目覚ましい物があった。
1970年には、大阪万国博覧会が開催され、
科学の恩恵が身近なものに変化していった。
大阪万博で話題となったものに「タイムカプセル」なるものがあった。
カプセル状の密閉容器にbridal academy 好唔好
その時代のモノを入れて地中に埋め、定めた年月後に開けるというもの。
松下電器(現・パナソニック)と毎日新聞が企画、製作し
大阪城公園に埋められている。
学校などで同様の事が行なわれbridal academy 好唔好
「未来の自分へのメッセージ」などをカプセルに入れ、
20年後、30年後に、みんなで開封しようという企画など
一つのブームになったりした。

最近では、
地中に埋めるのではなく、宇宙に飛ばして、5万年後に帰還させようとする
壮大なタイムカプセルの企画も計画されている。

今日のCNN News に、
地球から17光年離れた恒星に向けて
宇宙人宛てのメッセージを投稿できるウェブサイトが開設された記事が出ていた。
144文字までなら誰でも無料で投稿でき、超えると有料となる。
英語以外の言語で投稿することも可能だという。

電波と光は、ほぼ同じスピードと言われているので、
このメッセーが届くまでに17年以上の歳月を必要とすることになる。
すぐに反応してメッセージを送り返しても、
あわせて34年以上の歳月が流れる。

FB のように、メッセージとともに写真を送り、
受け取った宇宙人が一目惚れをしても返事が返ってくる頃には、
すっかり美貌も変形しているだろう。

もし、光のスピードほどの早さのロケットが出来たとしても、
遠距離恋愛にまで発展しようがない。
コメント   この記事についてブログを書く
« このストーリー | トップ | ということだった »

コメントを投稿

kl」カテゴリの最新記事