快眠とこころの健康ニュース

「こころの健康」「脳の活性化」「快眠」などに関する最新情報、最新ニュースをお届けしていきます。

光刺激装置で脳環境の改善!VALKEEの臨床知見が学会で報告

2013-05-30 16:55:42 | ニュース
フィンランドValkee社が開発した、VALKEE Head Setは、耳から脳内、松果体に光をあて、うつ傾向や睡眠障害、時差ボケなどの改善を促す装置だが、その臨床知見が第86回日本産業衛生学会で報告された。(2013年5月16日、愛媛)

VALKEEは、フィンランドValkee社が、うつ傾向や睡眠障害、時差ボケなどの改善を促す装置として開発した手のひら大の装置である。
2012年、すこやかメディカル社が、その日本総代理店となり、日本でも「光刺激」のあらゆる有効性に興味が持たれていた。VALKEE Head Setは、IPodやWalkmanのような形状で、イヤプラグから白色光を発する装置であり、内耳の奥にある「松果体」に光をあて、その刺激により「松果体」の働きを高めようとしている。「松果体」は、睡眠に関与するホルモン、メラトニンを分泌する内分泌器官であり、そのはたらきは睡眠に限らず、体調ややる気などにも影響を与えていると言われている。また、近年においては、脳組織そのものにも光刺激を受容する光感受性タンパク質があることもわかってきた。日本国内でも「光刺激」の臨床評価の研究が進む中、2013年5月16日、松山市内で開かれた、弟86回日本産業衛生学会で、学会長でもある愛媛大学大学院医学系研究科公衆衛生学、谷川武教授より、『経耳道光照射が睡眠障害・抑うつ気分に及ぼす影響について』というテーマで「光刺激装置」の臨床知見の報告があった。脳そのものに対する「光刺激」の臨床評価は始まったばかりであるが、日本国内のユーザーからも、Valkeeの使用によって、気分の改善が見られた、昼間のだるさがなくなった、モノ覚えが良くなった、など数々の報告が寄せられている。今後の臨床データの報告が待たれる。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿