オフィスダックス ニュース

会計、税務、労務、社会保険に関するとトピックスをお知らせします。

令和2年の源泉所得税は

2020年01月03日 | 日記
オフィスダックスの奥野です。
本年もどうぞよろしくお願いします。
さて、令和2年になり源泉所得税の徴収事務に
関して次の改正がありますのでお知らせします。

(1)給与所得控除
・給与所得控除額が一律10万円引き下げられました。
 給与収入が162万5000円以下の場合、今までの控除額は
 65万円でしたが、これは55万円になります。
・給与所得控除の上限額が適用される給与収入が850万円に、
その上限額が195万円に引き下げられました。
 源泉徴収は「令和2年版」の源泉徴収税額表を使うようにしてください。

(2)基礎控除
・基礎控除額が38万円から48万円に10万円引き上げられました。
・合計所得金額が2400万円を超える方は基礎控除額が低減し、
 2500万円超では0円となります。

(3)各種所得控除等を受けるための扶養親族等の
 合計所得金額要件の改正
・源泉控除対象配偶者の合計所得金額要件が38万円以下から
 48万円以下に引き上げられました。
 ただし、給与のみ収入の配偶者は給与所得控除が10万円減少
 しますので給与収入が150万円が目安の点は変わりません。
・その他、同一生計配偶者、扶養親族、配偶者特別控除対象
 配偶者、 勤労学生の合計所得要件も10万円増えています。

(4)その他
本年10月以降の年末調整では、書面の保険料控除申告書に
代えて電子的控除証明書を使った年末調整も可能になります。
電子化がさらに進みそうです。

 
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 消費税簡易課税制度で届出書... | トップ | コロナウイルス対策で所得税... »

日記」カテゴリの最新記事