HIROJIIの残日録PART2

軽登山・ウォーキング・写真・美術館巡りが趣味のジジイのブログです

奥河内・観心寺(1)名残の紅葉

2016-11-30 09:07:07 | 写真

前日の雨があがって間もない月曜日の朝 奥河内・観心寺を訪れる
新聞の紅葉情報の「落葉近し」の通り紅葉の残っている木は少ない
紅葉の盛りにはライトアップしていたのか 機材をかたずけている
天気は曇天 また降りそう とても写真を撮れそうな雰囲気でない

本堂に上がり本尊の秘仏如意輪観音に手を合わせ出てくると
晴れ間が出てきて 紅葉の木々が秋の最後の輝きを見せ始めた
今年最後のなごりの紅葉をカメラに収めることができた









コメント

真田幸村・大坂城入城ガイドウォーク(6) 天王寺公園~大坂城 其の2

2016-11-28 14:34:51 | ウォーキング



いよいよ大坂城入城まであとひとがんばり
四天王寺の東大門を出て東へ かっての難波京朱雀大路を北上
東側西側に深い傾斜が見られ上町台地を歩いている実感が湧く

まず真田丸跡を目指す 真田丸は大阪冬の陣において
真田幸村が大阪城南の総構えに張り出す形で築いた出城
半円形といわれてきたが 最近では方形といわれている
まだはっきりとした場所や大きさは特定されていない
冬の陣において上町台地南側から攻める徳川方の
前田利常や松平忠直の軍に大打撃を与え
その死者は数え切れずといわれた


円珠庵・鎌八幡 真田丸の西南端とされる
境内に鎌八幡と呼ばれる霊木があり 冬の陣のおり
必勝を祈願して鎌を打ち付けたという
現在は縁切り寺となっている


心眼寺門前の真田丸跡の碑


心眼寺境内の幸村の墓碑


明星学園と心眼寺の間の心眼寺坂
このあたりに真田丸の中心があったと考えられている


真田丸の東北角に位置するとされる 三光神社
石段を上ったところにある拝殿の高さと
道一つ隔てたマンションの4階の高さが同じ
地形をうまく利用して真田丸が作られていたと考えられる


三光神社に伝わる「真田の抜け穴」
大坂城まで抜けるというが・・?

真田丸をあとに さらに北上 豊臣家ゆかりの玉造稲荷神社で
豊臣秀頼像を見て 細川ガラシャの像がある聖マリア大聖堂で休憩

 

難波宮跡公園の東の細川忠興邸跡の井戸を見た後
いよいよ大坂城公園に入る ラストパート
元気な女性ガイドさんについてゆく


美しい濠に沿って

大手門から入城!

ゴール!!


行程9KMということだったけれど 階段アップダウンも多く
歩数も15000歩を越え疲れたので 天守閣登上はパスした

今回は見どころたっぷり 普段あまり意識することのない
地形の高低差を見たり ガイドさんの説明も詳しく
疲れたけれど楽しく 勉強できた1日でした

九度山から真田幸村の跡を追って
橋本、河内長野、狭山、堺、天王寺 
それぞれのボランティアガイドの会のガイドさんのお世話になって
6回にわたって計63KMのウォーキング
5回目だけ参加できず完歩賞を逃したけれど
またこのような催しがあれば参加してみたいと思います

 

コメント

真田幸村・大坂城入城ガイドウォーク(6) 天王寺公園~大坂城 其の1

2016-11-27 14:43:03 | ウォーキング

真田幸村大坂城入城ウォーク 5月に九度山をスタートして6回目
いよいよ最終回 天王寺公園から大阪城を目指します

主に夏の陣・天王寺口合戦の跡と冬の陣・真田丸跡地を歩きましたが
長いので2回に分けて紹介します

まず天王寺公園から四天王寺まで・・・

1班25名 5班に分かれてそれぞれ3名のガイドさんとてんしばを出発
大勢の人で混雑する天王寺駅付近から悲田院町、川堀町を歩き
「谷筋」を見る 「谷筋」とは古代の人工的水路跡といわれるところ


「谷筋」の一番低いところ「清水井戸」があり
徳川軍・豊臣軍の最前線が対峙 激戦地となった


庚申堂 谷筋地形の北斜面にあり 四天王寺南門に布陣していた
豊臣方・毛利勝永隊の先頭が張り出してきていた


阿倍野ハルカス付近に陣取った 徳川方・本多忠朝が
「谷筋」を目指して南側斜面を押し寄せてきた


茶臼山 冬の陣では徳川家康の本陣となったが
夏の陣では真田幸村が布陣し激戦地となった


一心寺シアター存牟堂で休憩大坂夏の陣図屏風を見たり
ビデオを見たり 一時休憩する


現代的な一心寺の山門


一心寺内の本多忠朝の墓
本多忠友は徳川四天王の一人本多忠勝の次男
夏の陣天王寺口の戦いで徳川方先鋒で奮闘戦死した


忠朝戦死にまつわる話として 忠朝の戦死は深酒のせいで
忠朝今わの際に願う者の「断酒祈願」をかなえると誓った
と伝わり 断酒の神となり今も多くの人が参拝する


一心寺内「霧ふりの松」
夏の陣のころ 一心寺のシンボルのような大きな松であったが
幸村がここで家康にあと一歩と肉薄したとき この松から
霧が噴き出して家康の姿を隠して救ったと伝わる


安居神社内の「真田幸村戦死跡碑」
豊臣方・毛利勝永隊と徳川方・本多忠朝隊の激突をきっかけに
戦いが始まり あべのキューズモール付近に陣取っていた
徳川方・松平忠直率いる越前兵も茶臼山の幸村を目指して
進軍開始 当初は優勢であったが一進一退の激戦の末
安居神社でしばし休息していた幸村は越前兵に打ち取られる

まれにみる激戦の市街戦で両軍に多くの死傷者をだした
戦場となった一心寺の時の住職存牟上人は敵味方の
区別なく手厚く葬ったという


天王寺七坂で最大の勾配を持つ天神坂を上町台地にむけ登る


四天王寺に到着 見慣れぬ幟が・・・
四天王寺の伽藍は現在一部工事中 幟は安全を願って
「南無阿弥陀仏」とカンナなど大工道具でかかれたもの


四天王寺南門 毛利勝永が兵4000人で陣取った
ここから南 庚申堂までは200Mほどの距離だが
あちこち回ってきたので2時間かかった
ひとまず昼食休憩 午後から上町台地を北上して大坂城に向かう

 

コメント

初冬の庭の花と実

2016-11-25 09:35:37 | 庭の花

長かった夏が終わり やっと秋になったのもつかの間
庭も初冬の雰囲気になってきました
あとい週間もすれば12月 師走 忙しくなりそうです


サザンカ この花が咲きだすと初冬を感じます


めっきり葉が少なくなったハナミズキですが
しっかりと来年の花芽を作っています


今年はいい形に咲いてくれた小菊も
寒くなってきて少しくたびれてきたよう


南天 今年はよく実が付きました
寒くなって赤みを増してきました


千両 一度消えてしまったけれど 別の場所で復活
まだ正月の切り花にはならないようですが・・・


キンカン たくさん実がなって色づいてきました

コメント

映画「オケ老人」

2016-11-23 11:24:10 | 映画



妻と久しぶりに映画を見に行った 「オケ」老人
「ボケ老人」ではない アマチュアオーケストラの老人「オケ老人」

近くの映画館でもよかったが プレミアルームで通常の
シニア料金で見れるので ネットで予約してナンバまで出掛けた
ゆったりしたシートで楽々と 音響も最新
観客はほとんどシニアのオバチャン オジチャンはチラホラ 

老人ばかりになってしまったアマチュアオーケストラ(梅響)に
若い高校教師(杏)が間違って入団してしまう

練習もそこそこでおしゃべりと飲み会を楽しみな老人団員たちに
ふと妻が参加している わが自治会のコーラスサークルの姿を
重ね合わせて 思わず笑ってしまう

まともなオーケストラで音楽をやりたい杏は何度も退団を申し出るが
説得されてコンマスを務めることになってしまう羽目に・・・
しかしある日 まさかの夢が実現して大舞台で感動の演奏会を開く

オケ老人を演じる 笹野高史 左トン平 小松政男 石倉三郎 
藤田弓子 萱島成美たちが 映画初主演の杏をがっちり支える

挫折・悩む若者を老人たちが励まし成長させる
老人たちもまた若者から元気をもらい生きる力にする
笑いあり涙あり久しぶりに感動する映画を見た

 

コメント