HIROJIIの残日録PART2

軽登山・写真・美術館巡りが趣味のジジイのブログです

一泊二日の山旅①-能郷白山

2016-10-31 11:32:44 | 登山・ハイキング

能郷白山は深田久弥が百名山の候補にもした奥美濃の盟主です
7年前の7月に同じコースを登って以来二度目の挑戦です

今回のメンバーはリーダーK氏、お馴染みKさん、Tさん、N氏、O氏の
会員以外にリーダーの同窓生TI氏、TN氏、NS氏の三人が参加
N氏、O氏は70代 私が最高齢となった

29日早朝例のごとく泉北でリーダーの車に拾ってもらって
金剛、高槻でN氏や同窓生3人と合流
名神、北陸道と走り南条ICで簡単な腹ごしらえ

福井ICを降りて大野市街に入り157号線に抜ける
157号線は国道とは名ばかり 林道に毛が生えたような道

紅葉の始まった山峡を走り福井と岐阜の県境の温見峠に到着


簡単な準備体操後 11:ooに登りだす
いきなりの急登にTI氏が 音を上げる
登り始めは皆しんどい ゆっくり行くから大丈夫と励ます

一面に敷き詰められたブナの落ち葉を踏みしめてゆっくり登る


紅葉がかなり進んでいる



最初の難関をクリア


えー まだ4分の1-


豪雪で曲がったブナの大木
ここから上部は強風が予想されるということで
ここで一休み 昼食とする コンビニ🍙をぱくつく


少し見晴らしのいいところに出たが 風が強い


ようやく半分の地点
ここまで頑張ってきたTI氏だが調子が悪いので下山するという
一本道なので心配ないが くれぐれも気を付けてと見送る


ようやく少し歩きやすい道になったが 
風はますます強くなる 前方のガスの中に山が見えるが
頂上はまだ先だという


最後の登り登りを力を振り絞って登り 頂上に飛び出した
晴れていれば越前の白山が目の前に見えるというが
残念ながら真っ白で何も見えない
風が強く寒くてじっとしていられない
少し下った所に白山信仰の白山権現社奥社があるが
先に下りたTI氏も心配なのですぐに下山開始した

下るに従ってガスもきれ展望も出てきたが風はまだ強い


かなり膝があやしくなってきた
ここからは慎重に下らなければならない 写真も封印する


16:00無事下山 下りは1時間30分で下ったが 
最後まで気が抜けなかった 少し膝がおかしい
7年前はこんなにしんどかったかな 7年間でかなり衰えたかな
喜寿のジジイが登る山ではなかったかな

再び157号線を走り 勝山市内の民宿に入る
すぐ風呂 夕食 生ビールで乾杯
ビールがうまくて写真を撮るのを忘れた
TI氏も元気に談笑 つぎどこへ行こうかと話が弾む

日本シリーズ広島リードまでは見ていたが早々と寝てしまった

 

コメント

初秋の長居植物園ーフォト散策

2016-10-28 06:53:12 | 植物園・庭園

大阪では今年に入って真夏日が半数以上あったとか
つい先日まで半袖で過ごしたことを思えば
暦の上では秋たけなわといえ やっと初秋という感じだ
春が短かったと同様 短い秋で終わってしまうのか
日本の四季どうなったのだろう


秋らしい1日長居植物園をカメラ片手に散策しました


秋の花の定番コスモス まだ4分咲程度
長居植物園では見ごろは11月上旬になるという


シュウメイギク(秋明菊) 
菊というがキク科ではない アネモネの仲間という


ジュウガツサクラ(十月桜)
10月から4月まで咲く 4月の花は大きいという


サンシュの実 アキサンゴとも呼ばれる


センダン(栴檀)の実
逆光で撮ったので黒くなってしまった
「栴檀は双葉より芳し」は有名だが
栴檀ではなくビャクダン(白檀)を指すらしい


ハナミズキ(花水木)の実

 




コメント

金婚&喜寿祝いドライブ旅行④-高原の朝

2016-10-26 07:11:51 | 旅行





「朝焼けしているよ」との妻の声に飛び起きてカメラを向ける
少し雲が多いがいい色になっている
ご来光が見えるかなと思ったが 色は見る間に褪せてしまった

昨夜は体に感じる余震もなくよく眠れた
少し高原をうろうろして帰るつもりだったが
地震で家族も心配しているので朝食後すぐ帰ることにした

朝食までの時間 妻は朝風呂へ私は宿の周りを散策する







高原の朝の空気は気持ちよかった
宿のエレベーターは地震後止まったままだ
近くのワイナリーではワインの瓶がかなり被害を受けたようだ
しかし朝の高原は地震などなかったように静まりかえっている


高速道路入口手前の道の駅風の森

宿で買ったお土産と道の駅で買った野菜を満載して
途中のSAにも全部立ち寄り 安全運転で走る
渋滞にも巻き込まれず 14:30無事帰宅しました

まず3匹のネコが飛び出してきて興奮して走り回る
学校から次々帰って来た孫たちも無事を喜んでくれた

3日間で600KMのドライブ とにかく疲れました
大きなイベントが終わりしばらくゆっくりしたい
ところですが いっぱいジジの仕事が待っていました

 

コメント

金婚&喜寿祝いドライブ旅行③ー大山南壁ー地震に遭遇

2016-10-25 06:59:02 | 旅行

足立美術館から大山南壁を見に鍵掛峠に立ち寄るため
米子道溝口ICのETCのバーをくぐった途端
地震です! 地震です! 大きな声が車内に鳴り響いた
すぐICの管理事務所の横に停車して様子を窺う
車が揺れている感じ 電柱も揺れている
管理事務所の人たちも飛び出してきた
事務所の駐車場に車を入れて情報を収集することにする
次女から電話がかかり鳥取で震度6とわかる 近い!
しばらく様子を見ていたが 予定通り大山へと向かう


三ノ沢の砂防ダムから崩落の進む大山南壁を見る


鍵掛峠展望台からの大山南壁
紅葉を期待していたけれどようやく色づき始めたところだ

鍵掛峠から山道を下り蒜山高原の宿に戻る
道路は地震の影響は全くなく無事戻ったが
岡山県北部・鳥取県県境に位置する宿は随分揺れたらしく
一時停電もありエレベーターは現在も停止中
部屋もガタガタになっているかもしれないがご容赦をという

3階の部屋まで階段を上がる 部屋の中は全く異常なし
足の手術をして6か月の妻には階段は少し酷だったよう

とにかく風呂に入って食事 疲れたのでバイキングに
一品肉の鉄板焼きを注文して 久しぶりに生ビールを飲む 
これが1杯で終わっておけばよかったのだが・・
このあたり写真を撮るのを忘れました

部屋に戻って TVで地震関連の情報を見る 
小さな余震がひっきりなしに起こっている模様
敏感な妻は あ!揺れたといっているが
私は鈍感 感じない 酔いが回って寝てしまった

 

コメント (1)

金婚&喜寿祝いドライブ旅行②-足立美術館

2016-10-24 06:46:43 | 旅行

21日 蒜山休暇村を出発して米子道、山陰道を走り
安来ICから足立美術館を目指す

足立美術館は 日本庭園と日本画の調和を基本方針に
足立全康が開設した美術館で 庭園は13年連続日本一に選ばれた
横山大観を中心に榊原紫峰、橋本関雪、竹内栖鳳、上村松園など
近代日本画壇の巨匠たちの名作の数々を所蔵している

大きな駐車場から館内へ まずは山を借景にした庭園が目につく







よく手入れされた見事な庭園であるが
京都などの寺社の庭園を見慣れている目には
広すぎて正直日本庭園というには少し違和感も感じる

「ここに展示されている作品の中からどれか1点貰えるとしたら
あなたはどの作品を選びますか」と
「あなたの選ぶこの1点頂上作戦」という秋季特別展が開催されていた

私は横山大観の「雨齋(はれ)」 妻は橋本関雪の「猿」を選び投票した





広い館内を歩き回り疲れた 優雅に園を見ながらランチ



足立美術館へは30年前くらいに来ているが
そのときはあまり興味がなかったのか あまり印象に残っていない
今回は見たかった横山大観の作品群をじっくり見ることができた

 

コメント