のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

勇壮な 和太鼓響き ズンズズン

2018年06月10日 08時01分23秒 | うたごえ

音響の良い本所地域プラザのホールに 太鼓の音が響き渡る

まさに お腹のあたりが震えるほど ズズズーンとくるのだ

太鼓 それは太古の昔から(笑)の 人類の楽器だろう

 

 

私は太鼓の演奏は 割と好きだが 大概 2.3曲聴いて飽きがくる 

でも 昨日のランチコンサートの和太鼓と津軽三味線は そんな私を堪能させてくれた

変化に富んだプログラムと 指導者の人格にも好感を抱いていたのもある

 

 

チームは 『夢蔵』(むさし) 実は本拠地をこの本所地域プラザに置いて結成5年の活動だ

毎月初めのうたごえ会場抽選には 私たちと同様 場所確保の抽選に参加する

あいさつ程度しか会話はしないが 温厚な方で常々好感を抱く好青年でもあった

 

 

一変して演奏ともなれば 逞しい見事な演奏 チームも一糸乱れない

子どもの演奏も大人顔負け 女性も凛として太鼓の全ての音を私たちに聴かせる

会場も他のコンサートに無い盛り上がりを見せていた

 

 

友情出演の 殺陣師 飯塚慎哉さん と 筆文字作家 kopa さんも斬新だった

殺陣師 飯塚慎哉さんは 世界にも進出する殺陣師 その幅は広く単なる斬り合いではない

芸術的に高めた殺陣を披露し 教室もあり多くの方の指導に立つ

 

 

筆文字作家 kopa さんも 独特の筆文字でこの世界では注目されている方である

いわゆる書道では無い 豪快 奔放な文字を描き 実際に見る優しい笑顔からは想像できない

この二人がタッグを組んで きつねに憑かれた娘と その魔力に立ち向かう殺陣 無言の演技だ

 

 

おどろおどろした太鼓の音が バック音楽のように聴こえる

手のひらに墨を付けて 苦しみもがき あるいは闘いながら 4つのカンバスに文字を描く

あとで その4つを組み合すと 「望響」 と言う文字になっていた

 

 

津軽三味線も数曲 奏者は太鼓の指導者である 太鼓も打ち すぐ津軽三味線も演奏する

普通の三味線はバチで弾く 津軽三味線は太棹であり バチで叩く

激しさと どこか哀調を帯びる音色だが 彼が演奏すると 力強く 明るく聴こえてくるのが楽しい

 

挨拶は 本所地域プラザ館長さん

見事な演奏が終われば 無邪気な子ども

右端はブラジルの方 日本へ来て2年余と言う

ランチコンサートのまぜごはんセット これもついて500円 裏方はいつものうたごえのメンバーボランティア

下町のうたごえ バンド コーヒーブレイク生伴奏

  YouTube 君恋し

 https://youtu.be/DOzbG3hv3IY

 YouTube バラが咲いた

 https://youtu.be/Dln0ndE-4Ho

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

  (メルアドは入力しなくてもOKです)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 梅雨晴れ間 一走り来た 花菖蒲 | トップ | 雨強し 紫陽花 艶めいてい... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2018-06-10 09:10:50
和太鼓は良いですね(^^♪
日本を代表する太鼓奏者林英哲さんの舞台を
何度も見に行きました、
素晴らしいですよね、
太鼓の音を聞いてると魂がゆすぶられるような気がします。
Unknown (喜美)
2018-06-10 09:18:27
和太鼓もコーラスと違った力強い音に感動します そんな事言っても1回しか見た事無いです
でも奥深く響きました
素晴らしいですね (屋根裏人のワイコマです)
2018-06-10 15:03:06
東京は、いいな~~ いろんな芸術を
色んな場面で堪能できます。
素晴らしい 和太鼓 津軽三味線 書家
と殺陣・・信州ではとても見聞きできるものでは
ありません。 正直信州のわが町でも太鼓の
グループは幾つかありましたが、今は・・
たった一つだけ細々と市のイベントのときだけ
後継者と人がいないようです、困ったもので
なので子供たちも感動の機会すらありません
素晴らしい演舞の東京、羨ましい限りです
hirokoさんへ (のびた)
2018-06-10 16:35:16

和太鼓のフアンでしたか?
好きな方には こんなコンサート たまらないでしょう
ズンズン心身に響き渡ります
喜美さんへ (のびた)
2018-06-10 16:37:21

いつもの音楽と全く違う分野ですが あのリズム 強弱
音の構成 やはり曲になっています
昨日の参加者 皆さん感動していました
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2018-06-10 16:40:30

東京は 音楽や太鼓など 文化の面では面では恵まれていますね
次代の後継者は どこかに感動が無ければ 継承には結びついて行きませんね
なんとか 塩尻 松本にも いろいろの音楽の機会が広まって欲しいと思います
Unknown (タカコ)
2018-06-10 17:46:52
子供の頃から、太鼓は身近にありました。
お祭りでも太鼓を車で引いて回って、輪島のご陣所太鼓のような感じです。
それに太鼓の大会のようなものもありました。
まさに、お腹にズンズン響く感じも大好き、、

聞く機会が殆ど無くなったのが残念です。😢
太鼓と津軽三味線 (ひろ)
2018-06-10 19:54:37
こんばんは。
ランチコンサート、多方面の演目に出会えていいですね。
ランチ付きというのもうれしい!
近ければ私も・・・と思います。
太鼓も津軽三味線もぐいぐい引き込まれるようで、好きです。
津軽三味線、晩年の高橋竹山さんのコンサート、なぜか涙が出ました。
愛知県の太鼓集団「志多ら」の演奏も・・・体中に響く感じでした。
洋楽よりも好きなのかもしれません。
タカコさんへ (のびた)
2018-06-10 20:29:59

日本各地に昔から太鼓は身近にあったのですね
ご陣乗太鼓は迫力がありますが これに近いもの さぞかし豪壮だったのでしょう
最近は聴かれなくなって寂しいですね
ひろさんへ (のびた)
2018-06-10 20:44:40

ランチコンサート 毎月 素敵な演奏家が登場します
そしてランチもついて私などは大歓迎です
ひろさんには和の音楽が有っているのでしょう
洋楽より和太鼓や津軽三味線 魂の音楽です
高橋竹山さん 津軽三味線を芸術にまで高めた方ですね
そのコンサートは胸を打つものがあったでしょう

コメントを投稿

うたごえ」カテゴリの最新記事