のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

イタリア語 ガンバは脚だ 覚えよう   ウォーキングだガンバ!(笑)

2019年11月10日 06時51分40秒 | うたごえ

ガンバ 実は古典の楽器の一つ チェロに似ているがチェロでは無い

私も初めて見た楽器 ギターのようにフレットがある そして はじいて音を出す楽器から進化したもの

専門的には 弓奏擦弦(さつげん)楽器と言い 弓でこすって音を出す 4.500年前の楽器だ

 

 

弦の数は6本 両脚に挟んで構える 独特のスタイルである

弦も弓も 羊の腸から出来ているから驚き 木製の面板など 湿度に相当の影響を受けるそうだ

詳しくは 日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会発行のパンフを貰ってきたので 写真と対比して見て下さい

 

脚に挟んで演奏していますね

 

この楽器で奏でるのは 凡そ 500年前 バッハより古い時代 主に宮廷音楽として演奏された

人の声に似て 柔らかい奥の深い音だが フランス革命以後は 大ホール音楽が主となる

従って 音量も小さいこの楽器は 西欧でも埋もれて行った

 

 

日本へは普及はしないものの あの安土桃山時代 来日のイエズス会宣教師が紹介された

聴いているのは 織田信長 豊臣秀吉などと 文献にあるから面白い ただ禁教の背景があった

そんな古典楽器と やはり古典楽器のギター 細長く弦も多い この演奏会が昨日あった

 

 

恒例の 本所地域プラザ 演奏家の船出応援コンサート 私たちはランチコンサートである

ワンコイン 500円でランチ ボランティアの皆さんが かきあげやスープを作ってくれるのだ

美味しいものを食べて 4階のホールに入る 

 

左側は いつも階段式観覧席 これが格納されている いつものステージは反対側

 

いつもと違う! これまでは 私もうたごえで使用しているが 階段式の観客席とステージ

これが 階段式座席は全て収納されフラットになる ステージはいつもの逆 と言うよりステージは無い

演奏するお二人を丸く囲むようにして サロン風室内楽と言った感じだ

 

 

数百年前の音楽 正直 私の過去には聞いたことが無い せめて バッハやヘンデルである

馴染の無い曲がプログラムに羅列されている 果たして飽きないか 眠くならないか と少々思った

ところが 素敵な演奏と いろいろの解説が親しみやすく この世界に私たちを誘い込んだ

 

 

YouTube 下町のうたごえ 君恋し バンド コーヒーブレーク

https://youtu.be/DOzbG3hv3IY  私はキーボード 聴いて下さい 私の唯一の動画です

昨年5月のもの 新しいブロ友さんへ 再登場させます 参加の皆さん綺麗な歌声です

  

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

     (メルアドは入力しなくてもOKです) 

夜のパソコンを控えています コメントは翌日朝 必ずお返ししますね


コメント (12)   この記事についてブログを書く
« おしゃべりで 歌の数減る ... | トップ | 招かれて 同窓会の 役担う... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目の前で・・・ (ひろ)
2019-11-10 07:38:55
おはようございます。
すぐ近くの同じ高さで演奏を聴く、見る、なかなかないことですね。
古い楽器と曲も親しみを持って鑑賞できますね。
ガンバ・・・楽しい名前です。

いつもながら美味しそうなランチですね(*^^*)
のびたさんへ (まりも)
2019-11-10 13:04:19
素敵なコンサート ランチでしたね
楽器にも 歴史背景が関係し そんな事も知ることが出来 眠くなませんでしたね
ワタシも 聞いてみたかったなぁ~
古の音色を!
はじめまして (さく)
2019-11-10 13:09:48
ガンバって初めて聞きました。

弦と弓が羊の腸でできてるというのにもびっくりです!
知らないことを知るのは新鮮でいいですね。
ありがとうございます。応援クリックしていきます。
こんにちは(^^♪ (のり)
2019-11-10 14:26:58
素敵なランチコンサート、今回はまたスペシャルな楽器の演奏だったのですね!! お二人の息の合ったトークも楽しそう(^^♪
階段式座席が格納されてフラットに!! いい雰囲気の室内楽になったことでしょう・・・
ガンバは脚・・頑張りましょう (三浦っ子)
2019-11-10 14:57:30
暖かい冬日の差し込む居間に、ひとり祝賀パレードの放送を待ちながら・・お天気も祝福していますね。のびたさんのブログは知識の宝庫一つでも吸収したい私です。
フラットにした会場も好いですね。寄り身近に弾く人、聞く人とっても和やかな会場
の雰囲気が伝わって来ます。ランチも美味しそう😋。
今朝も地方紙ですが俳句掲載ありました。
575と指折りながら歩いている一人がここにもいます。(笑)
昨日の文化祭の疲れが心地よく残っています。いよいよ出発のようです。

ヴィオラ・ダ・ガンバ (屋根裏人のワイコマです)
2019-11-10 19:45:39
初めて聞いた 名前でした しかも楽器
アフリカや 中東などの楽器で知らないものは
色々ありますが・・西洋楽器は大概日本でも
知られていますが これは 初めて聞きました
今度この音を聞いてみたいものですね
ひろさんへ (のびた)
2019-11-11 07:14:08

サロンコンサート こんな風に表現できる演奏でした
すぐ目の前に 一時は埋もれてしまったような楽器の音色
宮廷音楽 貴重な機会に恵まれ この企画に感謝です
ランチも相変わらず ボランティアの主婦の味で美味しいです
まりもさんへ (のびた)
2019-11-11 07:17:59

数百年前には 宮廷で催されていた音楽と楽器 一般では聴く機会も無かったことでしょう
フランス革命以後 大きなホールでの演奏が主役となると
これらの楽器はどこかに眠っていたようです
その音楽とガンバなど 私たちが聴ける貴重な体験でしたね
演奏の方の明るさが また素敵でした
さくさんへ (のびた)
2019-11-11 07:23:22

ガンバ よく観ると 形も弦の数も目にしたことまないものです
音も柔らかくて 癒し系です
弦が羊の腸で出来ていること びっくりでした
一曲ごとに調整しなければ 音が合わなくなるそうです
初めて見る楽器 音 宮廷音楽でした

初の訪問コメント 大変嬉しいです
これからもよろしくお願いします
のりさんへ (のびた)
2019-11-11 07:25:54

毎回のことですが いろいろの音楽に触れさせて頂き 更にはランチまでの格安の企画 私たちは感謝でいっぱいです
ガンバ 恥じて見る楽器 宮廷音楽も人生で初
それをサロン風に身近で聴く 観る 素敵でした

コメントを投稿

うたごえ」カテゴリの最新記事