のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

介護施設でのジェネレーションギャップ

2014年07月29日 07時29分19秒 | ボランティア

私と介護施設の利用者さんでは ジェネレーションギャップは無い

何と言っても 共に生きてきた時代が一緒であるし 波乱の人生は似たようなものである

昨日はディサービスの方へ 音楽訪問に行った

 

 

以前にも書いた 私が帰る時 エレベーター前で丁寧に見送る青年スタッフが居る施設だ

参加される方は そんなに多くないから その分 アットホームな感じで終始する

利用者さんの間に 女性スタッフが座ったり話しかけたり 模造紙を貼るのを手伝ってくれる

 

このディの責任者は男性で 多分 リハビリを担当する療法士の方であろう

気さくで利用者さんにも優しく語りかけるのが好感である

そして 昨日は 一緒になって 利用者さんの間に座ったりしていた

 

 

キーボードや器材をセットして 音出しの調子を見る為に1曲か2曲 私が勝手に演奏する

最近は他の施設でもこの時 アロハオエ などを演奏していると 集まって来る方たちも微笑む

リズムボックスを利用して 少し早目のリズムを打ち出す シャカシャカと心地よく刻む

 

このリズムに合わせて曲を弾く ここでは初めてなので この先生が驚く

おうっ 良いねぇ ところで何の曲? 懐メロも良いものですねと言う

えっ 懐メロ? アロハオエ だよ・・・知らないと言う 廻りが笑う 年配者はみんな知っている

 

 

リズムボックスは施設では使わない 一定のリズムには 着いてこれないし みんなに合わせる

通常より幾分遅めに弾き テクニックは控え むしろ 伴奏のリズムを強調する

選曲は利用者さんの年齢に合わせて歌って貰う 殆どの方が知っている曲 これが基本だ

 

スタッフの女性たちも一緒になって歌ってくれる この声に励まされて利用者さんも歌う

ところが年代の差があって この曲は知っている とか 知らないと 都度言って笑う

それを聞く皆さんも 時折 突っ込みを入れる これも盛り上がって良いものだ

 

蛍の宿は川端やなぎ 唱歌の ほたる この歌は若い世代は知らない

最初の音出しで流した 木曽路の女 これは知ってると言う

暑いね 少しでも涼しくなるように みんなで歌いましょう・・・津軽海峡冬景色・・・どう?涼しくなった?

 

 

施設を出たら明日の 下町のうたごえ の準備 と言っても 休憩時のお茶の買い出しだ

うたごえバスの行程書も出来あがり そろそろ募集に入れる

土用の丑の日 毎晩そうめんだけの私 奮発してうなぎを食べた うん?中国製? だろうね(笑)

 

 

    最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ! (メルアドは入力しなくてもOKです)

 

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 往復のバスで席を譲られた | トップ | 不思議な縁 「赤い靴」と「... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
介護施設での・・・ (スーちゃん)
2014-07-29 10:26:19
私が時々関わっている施設のショートでも、壁の上のほうに大きな文字で書いた唱歌がいつも張り出されています。これを毛筆で書かれるのも利用者さんです。
季節毎に歌詞を貼り替えてありますが、今は確か「我は海の子」と「富士山」だったでしょうか。

よくこの歌詞を見上げて一生懸命読んでいる人がおられるので、傍に行って歌を口ずさんでみました。そしたら一緒にずっと歌ってくださって、楽しそうに最後まで歌われました。
介護度は認知症がかなり入っている人です。でも、やはりこういった歌ははっきり覚えておられるのです。蘇るのですね。こんな時とても嬉しい気持ちになる私です。

毎日精力的に活動されているのびたさんです、うなぎで精をつけましたか。どうぞたまには奮発してください。
Unknown (みのり)
2014-07-29 11:41:23
のびたさん

介護施設のお年寄りも
童謡を歌うと子供時代が思い出されて
心も若返りそうですね~~♪
介護施設 (さつき)
2014-07-29 14:15:36
こんにちわ^^
うちの娘はヘルパーですがいろんなサービス
があるといいます

音楽訪問は認知症の方々には
喜ばれるでしょうね。
歌は心の窓といいますから、思い出され
喜びの姿がうれしいと話しています。
スーちゃんさんへ (のびた)
2014-07-29 17:16:22

施設での唱歌の歌詞を見て口ずさむ 軽い認知症の方なら
音楽療法で改善も望めますね
歌は心に脳に深く刻み込まれているのでしょう
私は模造紙に太マジックで書いて用意して行きます
皆さん懐かしそうに歌っています
みのりさんへ (のびた)
2014-07-29 17:20:51

高齢の方はみんなで一緒に歌うとか カラオケも経験無い方が多いですね
大きな声で歌うこと 遠い昔を思い出して 懐かしそうに笑顔を浮かべて歌っています
想い出の糸を手繰り寄せると 活気や若さも少し蘇りますね
さつきさんへ (のびた)
2014-07-29 17:25:54

ヘルパーを職とする娘さん 優しい方ですね
体力も忍耐力も求められる仕事です
大変でしょうが将来も続けて欲しいですね
歌は誰でも心の中に生きています
時代を共にしてきた歌 励ましや癒しや楽しさもあったでしょう
認知症の方でも 重度で無ければ歌える方がかなり居ます
記憶の糸の端でも見つけられれば 進行を遅らせたりすることもできますね
何より 笑顔が浮かぶことが嬉しいです
選曲 (風香)
2014-07-29 20:53:02
・・これが難しいでしょうか。

ほたる・・ほ、ほ、ほーたる こい・・・でしょうか。
今は歌われなくなったのかしら。

歌うことは心身の活性化につながるのですね。
歌に限らず、音楽全般に言えるのかも。。
クラシックなどは言葉が無くても世界共通に感動を与えますしね。
それと、ほんの読み聞かせも良いらしいです。
風香さんへ (のびた)
2014-07-30 00:25:19

ほたる あつちの水は甘いぞ これは童謡です
唱歌は 蛍の宿は川端やなぎと続きます
歌うこと 脳の活性化につながるし 記憶の糸を引き出す
媒体ともなります
音楽は良いですね ジャンルは問わず世界共通です

コメントを投稿

ボランティア」カテゴリの最新記事