のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

100年の 歴史の重さ 垣間見る  立教大学構内散歩2

2019年12月01日 08時55分32秒 | うたごえ

大学構内見学 歩いているだけで 学びの気が感じられて私は好きだ

神社が神域であるように 大学は学びの域であり 犯してはならない清純さが有る

若さがある 学ぼうとする尊い心 その真剣さ 構内を歩くと自分まで 学びの気に覆われるようだ

 

100年 壮大な歴史である その前身からすれば 更に近代史に入り込んで行く

明治政府になって 外国との交流が一気に拓かれ 東京・築地には 外国人居留地が設けられた

多くの外国人が住めば 教会や学校もその地に立てられ 設立されていく

 

立教大学も 小さな建物から 時を隔てず 築地に開校した 大正時代である

新しい学問の場は池袋 当時は周辺は麦畑しかない地だった 建設して4年目に関東大震災  

建物は アメリカ人が設計した 現在の構内とほぼ同じである

 

赤れんがに寄る建築は 何かステータスを感じる 東京駅のように重厚さもある

寄宿舎も構内にあり その建物は 本校舎 チャペルなどと現存しているのが感銘である

そんな建物 学びにある学生たち 私は有る感動を覚えながら歩いてきた

 

この建物 入り口右側1mくらいに白い部分がある 礎石である 大正5年とある

当時から埋め込まれており外せない 中にはタイムカプセルも埋めこれているが まだそのまま

上が寄宿舎の建物 瓦屋根である

ラテン語で 腹八分目に だったかな?

建築的には なんとかトラス(笑) 天井の強度を上げる組み方

このチャペルで パイプオルガン演奏を聴いた

大震災で解体 再建築 煙突様なもの 正面左側だけ長い 当時は同じ高さだった

チューダーアーチとは 上の窓のような形 本来は西欧の教会などの尖塔 細く尖って居るもの

神の世界に近づきたい人の願望 これを上から下に押すような感じで この形に丸みも表現する

立教大学の入り口近くに やはり当時の建物を利用した立派な資料館があり これらを解説する

資料館内部は下

どうでしたか? 100年の歴史を誇る 立教大学案内でした テレビの録画と併せ紹介

 

YouTube 下町のうたごえ 君恋し バンド コーヒーブレーク

https://youtu.be/DOzbG3hv3IY  私はキーボード 私の唯一の動画聴いて下さい 

 

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

     (メルアドは入力しなくてもOKです) 

夜のパソコンを控えています コメントは翌日朝 必ずお返ししますね


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« キャンパスは すずかけの径... | トップ | バラを見た 旅のスイッチ ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立教と言えば ()
2019-12-01 17:44:44
小生には親世代になりますが、灰田勝彦の
名曲、鈴懸の径の舞台となったところですね。
友と語らん鈴懸の径・・
なんてイイ歌詞でしょうか。
https://www.uta-net.com/movie/42650/

歌もいいですが、鈴木章治と来日した際の
ベニーグッドマン楽団の一員である
ピーナッツ・ハッコーとの
クラリネット共演が最高です。

https://www.youtube.com/watch?v=IUTQ7F3tc6E
Unknown (きち太郎。)
2019-12-01 20:32:47
早稲田から立教。いいものですネ。私が東大へ通っていた(学食に食べに行ってたダケ)頃も若さが眩しく感じました。
私は関西の夜間大学だったので自分の学校をそんな風に感じた事はありませんでしたが今一度訪ねたくなりました。
ところで訪ねられた大学の学食は利用されないのですか?提供時間が合わなかったとか?。これからもお散歩の記事も
期待しています。寒くなりましたがどうか風邪など引かれませんようにお祈りします。
Unknown (charlottemichigan)
2019-12-01 22:49:54
立教大学、かつて受験しましたf^_^;
大学時代は、サークル活動の関係で結構訪れたりもする身近な大学でしたが、
自分の受験の時はもちろん、じっくり散策する余裕などありませんでしたので、
今回ののびたさんの記事、とても興味深く読ませていただきました(^^)

今は時々生徒を送り出しています(^^)
yさんへ (のびた)
2019-12-02 07:17:09

戦中に作られ 戦後すぐに大ヒット やはり鈴木章治とリズムエース あのクラレネットの演奏が素敵に響きます
3拍子を4拍子に編曲して 日本のジャズに仕立てたのが良いですね
私の年代 リクエストも時に出てきます
YouTube 両方 聴きましたよ 有難うございました
きち太郎さんへ (のびた)
2019-12-02 07:24:37

 先般の早稲田から 今度は立教でした
関西の夜間大学 努力されましたね
挫折せず 卒業されたこと 人生にとって誇れるものです
私は同じく 定時制高校でした
一時は教師を夢見たこともありましたが 泡のごとく消えました(笑)
大学構内の学食 実はは行って見たいと思いましたが 最初は場所が分からず 目に付いた構内の喫茶店にしました
後で食堂発見です(笑)
学びの雰囲気 大好きです 何か自身もその気に触れるような気がします
charlottemichiganさんへ (のびた)
2019-12-02 07:29:44

嘗ては受験 学生時代は交流したこともある
懐かしいでしょう?
もっとも 私のように隅々までゆっくり見学はできなかったのですね
閲覧頂けただけで光栄です
センター試験や英語検定など 外部から振り回される情勢 現場は影響が大きいでしょう
もう一度 人生があれば 私もこれから受験です
愛のある教育を受けたいものです
懐かしい曲 (三浦っ子)
2019-12-02 07:41:28
私も二曲聴きました。灰田勝彦、鈴木章治
ホント久しぶり・・ブログを訪れていたならばこそご縁に感謝。その下にあった「南国の夜」も以前フラで踊ったので(^^♪。
大学構内の散策・・♪鈴掛けの径等口遊みながら好いですね。

三浦っ子さんへ (のびた)
2019-12-02 11:14:53

鈴懸の径 素敵な曲ですね
クラリネットのジャズ風演奏も魅力です
そして うたごえリクエストも度々出る曲です
行きたいと思っていた立教大学構内 鈴懸の径 テレビでも詳細を伝えていたので 大いに参考でした
南国の夜 私のバンドで演歌が多いのですが この曲はレパートリーの一つでした
フラダンスを見ながら伴奏して見たかったです(笑)

コメントを投稿

うたごえ」カテゴリの最新記事