のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

歴史とは 過去と現在 今も刻む  刻々と過ぎて行く時間は歴史になって行く

2019年12月06日 09時20分28秒 | うたごえ

歴史とは 太古の昔から近代史 現代史となって行くが 今 この時も 歴史が作られているのだ

今日12月6日は 100年 1000年も経てば歴史として語られる その断面には私たちも含まれている

そう考えれば面白いものだ ましてや教科書やマスコミで語られて居ない地方の歴史も興味深い

 

 

日本地図を拡げて ある地域へぐんぐんズームアップ 鹿児島県へ 更にズーム 伊敷という街になる

どこかで聴いたような地名 それはFMぎんが てんがらもんラジオでお馴染みの街だ

更にはパーソナリティ 村永さんや 伊敷歴史研究会の池田さんたちが住む地でもある

 

 

現在の地名 伊敷は伊敷村として明治22年 周辺の8地域  永吉村 小野村 犬迫村 小山 田村

比志島村 皆房村を併せて成立した その中の比志島は鎌倉期から 皆房は室町期から地名が見える

比志島は戦国期までは比志島氏 戦国期以後は島津氏直轄領となった

 

信濃国守護 志田頼重は源頼朝によって薩摩へ流され 島津忠久の庇護を受け比志島に住んだ

頼重はこの地の満家院(みついえいん)郡司 孫太夫永平娘と結婚 子の重賢があとを継ぎ満家氏を名乗る

寛元年間1243年~1247年 比志島城を築城した その子 祐範は 比志島氏を名乗り初代となる

 

伊集院 現在も地名に残るが 島津と確執があり 重臣でありながら 内乱を起こす 庄内の乱である

伊集院忠棟は島津の筆頭家老であるが 豊臣秀吉の信頼厚く 次第に力を付けて行った

島津の存在を脅かす位置にもなっていく 結果としては島津忠常が計略的に伊集院忠棟を斬殺をする

 

忠棟の嫡子伊集院忠真は父の死を知り 島津氏に反旗を翻す

都城に籠城 最終的には 家康の仲介などもあって降伏 忠真は その後 暗殺 伊集院氏は滅亡した

比志島出身の有名人としては 西南戦争後 日本初の大警視=今の警視総監 川路利良が居る

 

禁門の変などでは 西郷隆盛 大久保利通の信頼も厚かったが 西南戦争前後では警察の立場にある

一説に寄れば 24人の西郷暗殺指示部隊が鹿児島に潜入 これは捕えられ過酷な拷問の末 聴きだした

今でも 鹿児島県人にとって 最終的に西郷を裏切った 大久保利通 川路利良はあまり歓迎されない

今では 川路の銅像が立つ そして 大警視のバス停があるのも珍しい

この他 桜島安永年間大爆発で 移住をさせて勧農させた記録なども話された 歴史は面白い

なお 写真はネットからの借用です

YouTube 下町のうたごえ 君恋し バンド コーヒーブレーク

https://youtu.be/DOzbG3hv3IY  私はキーボード 私の唯一の動画です

 

 コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

     (メルアドは入力しなくてもOKです) 

夜のパソコンを控えています コメントは翌日朝 必ずお返しします


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 春を呼ぶ 花のベランダ 芽... | トップ | 馬小屋で 暮らした私 イエ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎度ながらありがたく感謝します (ちどり)
2019-12-06 09:41:06
先日池田さんにのびたさんなおブログをお話ししました。
コメントの中ではいつも話題にしますが、ゲストさんに伝わってないこともあります。多忙なゲストさんに押し付けにならないようにという思いもあります。
「難しかった」というコメントの方ものびたさんのブログで「そういうことでしたか」といっていただくんですよ。というお話を池田さんにしたのでした。限られた時間の中で詳しく説明できませんでしたが、たぶんご覧になられていると思います。耳で聞くよりもさらにこうしたっ説明がとても役に立ちますね。ありがとうございました。
大久保利通 川路利良はあまり歓迎されない (ゆり)
2019-12-06 09:43:12
おはようございます。

西郷さんは地元でも人気者なんですね^^

権力争い。。。いつの世も・・・

話がずれますが、アフガンでは、あんなにいい協力者を殺害してしまった・・・

人間って・・・

こうして遠い薩摩の歴史まで読めてありがとうです。
ちどりさんへ (のびた)
2019-12-07 07:53:33

テレビと違う ラジオでの歴史の話 人名も地名も全く分からないので理解は難しいですね
人名もメモ書きなぐりで記録しますが 時には 違っていることもあり ああ こっちだったかと思うことしばしば(笑)
それでも 大きな歴史は既にあらゆる本やテレビなどで知られているので こうした 裏側や埋もれている地元の歴史は興味あるものです
このブログに てんがらもんラジオ 記載するのも あと2か月ですね
ゆりさんへ (のびた)
2019-12-07 08:04:30

西郷隆盛 波乱の人生 貫いた信念 指導者としての生き方 全て 感銘を受けるものです
時代を変えていく宿命の中で 暗殺指示まで出されること
西郷側から見れば遺憾なことです
大久保利通 川路利良 どちらも判官贔屓で見れば憎い存在でした
現在の歴史を作ったことから見れば 憎まれる側が正義だったとクールに歴史は伝えます
私たちも悩むところです

アフガンの中村さん射殺 世界が悲しむものです
聖者のような考え方 実行をされている方 残念で哀しいです
これだけは 暗殺者側から見れば正義でしょうが 私には許せません
タリバンの残虐な政策? これを ここまで追い込んだ世界が悪いと同情する方が日本も居ますが 私には絶対 許せません
人道的にあってはならないことばかりです

コメントを投稿

うたごえ」カテゴリの最新記事