のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

俳句や絵 好きだが所詮 美人の如(ごと)

2020年06月30日 09時51分40秒 | うたごえ

俳句 それは無限の世界で一番小さな文芸 興味はあるが 奥が深くて密林のようだ

あの プレバト 大好きで毎回見る 夏井先生の見事な添削と 容赦ない講評も素敵

高慢な 梅沢名人 こういう人は嫌いだが 作品となれば 極めて素晴らしい さすがの人物

 

初歩の段階なら 季語を入れて その時の風景 感情 五感を詠み込む

ところが ちょっと踏み込んでみたら 季語も言葉も 普段の私たちには使わないことばかり

美しい日本語は 最もこの先 残していかねばならないが 深すぎて 意味も分からない

 

ブログ仲間でも 俳句を趣味とする方は多い 私が踏み入れられない世界を楽しんでいる

さすがだなぁ すごいなぁ と心の中では感嘆詞ばかり 尊敬までしてしまう

好きだが手の届かない美人に憧れるようなものだ

 

 

絵画の世界も同じ こちらは私もとは全く思わないが 描ける才能が皆さん素晴らしい

ましてや 絵に描いて 自分の生きざまのようなものを残せるのである

私が犬や馬を描いても それはどうしてもブタのようになる いや ブタに申し訳ない

 

スケッチ 水彩画 油絵 皆さんすごい 多分 努力以上に才能もあるのだろう

素直に皆さんの作品が 素晴らしいと感銘 感動する気持ちはある 見るだけでも良い

美人は見ているだけで良い 3日も一緒に居たらすぐ飽きる・・関係ないたとえだね(笑)

 

少しは参加できる川柳 最近は 参加こそ大切の心境に入って あちこち応募だけはする

これも 評価上位の常連さんの句 やはり どこか感性が違う これも才能のうちかな

ボケが迫る脳の活性化 それでも投句先があることだけでも私は恵まれている

 

さつま川内市で 川柳を推進する私たちの師匠 石神紅雀さん 主宰の 同人誌 つばさ

7月号は 自由席と言うコラムがある 私にも依頼が来た 成績でなく順番!

依頼を受け恐れげも無く投稿した 今月はお題2首 佳作が2つ入った まぐれ! (笑)

 

 

想い出写真 何度も行く 都立水元公園 菖蒲まつり  この時は妹と行った

 

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

     (メルアドは入力しなくてもOKです) 

夜のパソコンを控えており コメントは翌日朝必ずお返しします


コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 怖れから しばし忘れて さ... | トップ | 夏越しの輪 コロナ退散 願... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ミルク)
2020-06-30 12:49:00
プレバト、私も毎回見ています。それで俳句に興味を持ちましたが
見るほどに俳句の難しさを感じて、私には絶対無理と思いました。
川柳は季語が無いので、なんとかなるような気がします。

のびたさんのエッセイ、本当にうなずきながら読ませていただきました。
都知事がやたら、カタカナ文字の言葉を発するので
いいかげんにしてくれ!と思ってましたが、
いってみれば東京の事だから、と思ってました(^-^;
こちらの地方紙に、月2回ですが、内館牧子さんのエッセイが掲載になります。
その中で、やはり「日本語を使うべし」のタイトルで のびたさんと
同じようなことを書いてあります。命の危険を守るときに、なぜ初めて聞くような
横文字を使うのかと。長として上に立つ資質が欠如しているとも…

東京の感染者が、日々多くなっているので心配しています。
早く落ち着いて、安心して暮らせますようにお祈りしています。
伊藤のび太様 (三浦っ子)
2020-06-30 15:21:01
時折激しい雨が叩きつけます。
のび太さんはご謙遜なさっています。素晴らしい毎日のエッセイに、ただ唯、頭のいい方と尊敬いたしております。俳句をすこしだけ齧っている自分は恥ずかしい限り・・ビアノも出来て指導力もあり川柳も素晴らしく何をおっしゃいますか?
ここにコメントされている皆さんのブログも覗かせて貰って居ますが皆さん夫々高尚な趣味を持ち感心するばかりです。これからも宜しくです。

四か月振りの俳句の会が再開決定、会員にメール入れたところです。雨が心配です。
美しい日本語 (屋根裏人のワイコマです)
2020-06-30 18:37:55
今回の 新型コロナウイルスを通じて
また我が国の本当の日本語がだいぶ
遠くなってしまいました。
総理や都知事のように外国の大学を
主席で卒業されて優秀なのでカタカナ語
が得意で外国語を連発し、たまに日本語
を使うと「忖度」とか云々とかなんせ
日本を代表するお偉様たちが日本語の
原点を崩して・・更に若者たちが本当の
日本語の勉強せずに、省略語で話す
今更古典や古文を強制しないがせめて
現代国語の基本くらいは読み書きできたい
ですよね~
それには川柳も俳句も和歌もいい材料です
私も出来ないので・・のびたさまが羨ましい
こんばんわ。 (kiyasume)
2020-06-30 21:20:15
,丸山圭三郎と言う、哲学者をご存知でしょうか?
1980年代から1993年に亡くなるまで、
世界的に第一級と認められるソシュール研究でその名を轟かせました。,独自の言語論・人間論・文化論を作り上げ,華々しい足跡を残しました。

圧倒的な明快さを誇る数々の著作で展開された「丸山言語哲学」は、現在のこの混沌とした時代にこそ、必要とされる哲学だと思います。

この彼の言語哲学とは、フランスの現代言語学の原点にして構造主義のバイブルとなったソシュールの『一般言語学講義』と言う著作があるのですが,ソシュール晩年の講義に出席していた学生の聴講ノートを基に二人の弟子によって刊行されたもので、、

丸山氏は、このソシュールの言語学をさらに発展
させ、彼独自の哲学に消化させました・・・・。
その論理の一つを言いますと、物の名前があるからそのモノは存在すると言う考え方です。。

「犬」と言う言葉がなければ、「犬」は存在しません。ワンワン吠える生き物は「犬」と言う言葉
(記号)があるから「犬」になります。
「犬という言葉がなければ「狐」や「猫」と
同じでしょう。

シニファン(概念を表す言葉)。
シニフィエ(言葉によって表せられる概念)。
と言う事です。

フランスでは蝶も蛾も同じパピオンですよ。
何故なら、この2種類の生き物を別々に表す言葉が無いからです。

それだけ言葉と言うモノは大切なんです。

丸山氏は「身分け構造」と「言分け構造」の理論
から跳躍するために精神分析の知を導入し,言語論に立脚する独自の「無意識」理論を展開しました。.「無意識はランガージュの産物でありながら,ランガージュ以前であって構造化されて居ない」と
言う逆説的な無意識像を提示し,その構造
を説明するために「欲動」の概念を導入した彼は,欲動を「コードなき差異」として追求して行く事
になります。

長文で失礼致しました。

今の世の中は「ら」を抜く。ら抜き言葉やら、
言葉が乱れて居ます。音楽を見ても、最近は
クラブ・ミュージックと言う。DJがレコードを特殊な変速可能なレコードプレーヤーで何枚も同時に被せて再生し、音を電気的に処理し、加工したモノを
流して、それで自分はミュージシャンだと言って
居ます。

最近は、便利なので私も使って居ますが、、
スマホで音楽をストリーミングして聴くと言う事が主流です。

私の様にラジカセやらステレオとかカセットデッキを繋げて聞いたり。ステレオでレコードを聞いたりする者はもはや少数派ですよ。

私はブルースが好きですが、最近のミレニアムの
世代に「BLUES」言う音楽の概念がそもそもありません。音楽が解らないんですよ。シャンソンなどはもはや死語です・・・・。

のびたさんたちはロックとかよくは知りませんが、
今の若者の言う「ロック」はヒップポップです。
そしてラップとJ・ポップ。K・ポップ、そして、
ノイズやらガーレジと呼ばれる音楽しか知りませんよ。

私は最近になってロックギタリストのAKIさんと
言う人と懇意になりました。彼は自作の曲も書きます。そして今、彼が演奏したブルースギターの音源を送って貰って、それに私のブルースハープのアドリブを入れる事になって居ます。要するにコラボです。

しかし、今、私は調子が悪く録音が出来ません。

この間、散歩をすると言いましたが、、
コロナがまだ収まって居ずに感染者も多く居ると
言う事は重々承知して降ります。ですが、、、

散歩は私に取っての治療の一環で、散歩に出た時
ぐらい、近所の空いて居る喫茶店やら蕎麦屋、
本屋に寄りたいのですよ。何時も一人ですから、、

私のblogを読んで居てくれて居るから解ると思い
ますが、この間、私は恥ずかしい話ですが尿道から血が出ました。内科の検査でも血尿が混ざって居るそうです。

これらは飲んでいる薬の後遺症なんですよ。

人間、何時死ぬか分かりません。私は今、自分の一生は何だったのか考えて居ます。考えてもこれが私の一生だったのですが・・・・・。

同人誌「つばさ」でのコラムで佳作はいいですね。今、時代は動いて居ます。昔の日本の
文化である俳句。川柳。短歌は大切に後世に
伝えて行かないと、行けませんよね。

ただ、今回書いた、言語哲学の事も知って居て下さいね。もし知って居たら大変失礼を致しました。

以上、長文に成りましたが。是似て、、
また来ますね。長文すみませんでした。。。

                ( ´ ▽ ` )
のびたさん、こんばんは! (すず)
2020-06-30 23:14:28
エッセイ、拝読しました。
伊藤のびたさん、なのですね。
小池都知事が横文字を使う度に、私も同じようなことを思っていました。
最近では、横文字のソーシャルデイスタンス、リモートは定着してしまったようですが…。

本当に。
俳句は奥が深そうで、川柳ですら、手が出ません。
せいぜいサラリーマン川柳を読み、笑っているくらいです。
のびたさんの入賞は素晴らしいです!!


心の栄養 (グランマ)
2020-07-01 06:26:52
のびたさん

おはようございます
写真や絵 俳句や川柳
出来ないけれど見たり読んだりしていると心豊かになりますね
てんがらもん川柳も今回一句だけ投稿しました
ちどりさんんがいなければきっと縁がなかった世界です

話は全く違いますが
給付金で眼鏡替えました
給付金でどうにか足りました
いつだったかの のびたさんのブログで
遠近を中近に替えたとありましたがグランマも中近に替えました
度数はこれまでと変わらないんです
これ以上は無理だそうです
毎日目を酷使しているのを感じながら
なかなかパソコンもスマホもやめられません
ミルクさんへ (のびた)
2020-07-01 06:44:50
ミルクさんはすでに俳句を楽しまれていますね
その素養が川柳にも生きて 短期間で上位の常連となりました
これも才能です 昔なら才媛かな 今では家庭菜園の方・・いや 脱線しました(笑)
都知事はやたら横文字を多用します
それが格好良いと思っているのでしょう
その言葉にも本来 重みがあるのですが 軽く聞こえてしまいます
日本語で表現すると 自分の立ち位置が低くなる そんな思いでしょうか
東京の新感染者数 増加の一途 ついに 数字をぼかしてしまう新しい対策を打ち出しました 何の対策だかさっぱりわかりません
三浦っ子さんへ (のびた)
2020-07-01 06:52:11
昨日の午後から風雨が激しかったですね
私はこれから本所地域プラザのホール抽選に行きます
三浦っ子さん 俳句で地元紙への掲載たびたび これを聞いただけで素晴らしい才能と思います
俳句の根幹に触れるににつけ 私には程遠い存在になっていきます
川柳はボケ防止 脳トレともなって 継続しています
ピアノが私には一番かなぁ 楽しみながら多くの方の笑顔を見られます
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2020-07-01 07:00:14
都知事はやたら横文字を多用します
それが自分の優位性を保つとでも思っているのかも知れません
都民の目線に立って わかりやすく説明ならば逆ですね
乱れる日本語 良いところは残していくことが望まれます
川柳は脳トレとしても最高 出来は別として これからも楽しく継続です
kiyasmeさんへ (のびた)
2020-07-01 07:07:21
哲学者の事 私は知りません
そして ご丁寧なコメントにかかわらず 私には読解能力がありません
もともと 俳句以上に 哲学は私にはちんぷんかんぷんの学問ですね すみません
横文字も 根っからダメ ロックも殆どダメ もう少し視野を広げればと少しは思いますが もう この歳にして楽しく視野は広がりません
堪忍してくださいね 出来の悪い兄貴分です(笑)
kiyasmeさんが生きてきた経過 取り組んだものに咲いては 感銘ですよ

コメントを投稿

うたごえ」カテゴリの最新記事