のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

笑う 歌う 疲れ知らずで旅を楽しむ バスは大谷観音へ

2015年10月21日 09時20分21秒 | うたごえ

往き帰りの車中は 歌いまくり?の感じだった

ハーモニカの伴奏だけでも10数曲歌う 更にはバスのビデオカラオケで全員合唱である

その合間は 食べる しゃべる 旅を女性たちならではの素直に満喫するのだ

 

 

日光の田母沢御用邸は 実際に住まわれた所で 建物・内装だけで重要文化財級である

皇后さまの部屋の近くは 当時は 女性以外立ち入り禁止だった そんな部屋も見る

庭園には もしも空襲があった場合に備えて防空壕もあり 入り口だけは見ることが出来る

 

左下の柵の中に下へ降りる階段がある 防空壕の入り口だ

 

沼津にも御用邸記念公園がある そして 御殿場にもあり これで3か所の御用邸を見た

あとは 実在する下田の御用邸 那須の御用邸 これは現在 天皇陛下が利用している

天皇家の親戚になれば もしかしたら見られるから 心の準備をしていてねと笑う

 

 

竹久夢二記念館では ランチの後 入館料も好意で大幅割引をしてくれた

しかし 入った方は4名ばかり あとの方はというと 隣接するグッズ売り場だ

しおりやカップ 額 その他 売れること売れること あの夢二の画は遥か昔を誘う

 

 

日光・ろばた漬けの店では 名産のたまり漬けを中心に試食をしてから買い物

私の一番のお勧めは らっきょうのたまり漬け 身体にも良さそうで食が進む

最近では 以前より団体バスが少ないのですと言っていた支配人が喜んでいた

 

 

最後の最寄地は 大谷観音 一帯に大谷石の奇岩を繰り抜いてご本尊がある

岩肌に浮き彫りにされた千手観音が押し迫って来る迫力だ

平安時代の磨崖仏で 中国はシルクロードのそれと同形式らしい

 

 

一説には 弘法大師が掘ったとされるが 実際には中国から来た僧が掘ったらしい

隣接する庭園には 池や弁財天の祠がある

天国の使者ともされる白蛇があしらわれ これに触ると良いことが起きるとある

 

昭和30年代の完成 平和観音

 

皆さんが 池に落ちそうになりながら 無心になでまわす姿が微笑ましい

かく言う私も 単純に願いを込めて触って来た 前回は賽銭を失念して今回はあげた

きっと 何かの形に変えて 良いことが来るだろう

 

 

ドライバーさんにお願いして この大谷観音の山に続く奇岩群をバスを止めて見学した

日本の観光地でも珍しい岩肌 奇岩が眼の前にある 蔦が黄葉して彩りを添えている

私の 皆さんへの サプライズおまけの観光でもあった

 

鬼平の時代考証で街並みを蘇らせた 羽生PA

 

旅は楽しむもの そこへへ行くと女性は素直に感動して あるいは喜ぶ

これは男性より長けていて 反応が早い その姿を見るのが私は嬉しい

解散地点まで 本当に良く歌って楽しみ 私のトークにも笑った

 

 

次は 宿泊でのツアーも生きたいね言われる 実際には参加者数が懸念もある

それでも行きますかと言うと 行きま~すと手が上がる

こんな素敵な女性たちと もっと長く一緒にツアーが出来るならば 私は更に幸せである

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (6)