のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

じいちゃん元気になってね 孫娘から敬老プレゼント

2015年09月24日 07時58分37秒 | うたごえ

娘から聞いていたのだろう 妹の他界によって 私が憔悴しきっていると・・

孫娘から敬老の日にプレゼントだと 私の好きな珈琲が贈られてきた

私にとっては高価なスタバの珈琲セットである

 

 

添えられていたメモにこんなことが書いてあった

じいちゃんが この歳になっても うたごえバスやピアノなど 毎日活躍していること凄いと思います

2月に房総に行ったの楽しかった 10月に試験があるから11月以降に落ち着いたら会おうね

 

嬉しかったよ これで元気になれるとメールで返信した

良かったー元気になって また ゛とっか行こうね と明るいメールがまた返ってくる

じいちゃんらしいことを 娘にも孫娘にもしてこなかった私だ 眼がしらが熱くなってしまう

 

 

昨日は墓参りに行く前に妹の家に行った

連れあいが 土産の巨峰を喜んで ほら お兄さんが巨峰を持って来てくれたよと仮祭壇に飾る

少しは彼も元気になっているが 寂しさは互いに隠しきれない

 

 

私は父母や姉 弟 そして姪の写真を部屋に飾って 花だけは絶やさないようにしている

ここへ今度は妹が加わる そうだ パソコンには発表会など写真を撮ったが 生の写真が無い

連れ合いに頼んで 写真の束を開く 懐かしい若い頃の妹や私も居た

 

子どもが出来たのは同じ頃 父母の所に行くと 孫たちが揃ったりする

元気な父母が 満足そうにしている顔があった

この頃が生活は大変だったけれど 一番良かったねと 連れ合いと話した

 

 

もう 妹の家に通うのは回数も激減するだろう

ただ そこには妹が長く暮らした痕跡が想い出が滲んでいる

連れ合いを励ましたり 想い出を語る為には たまには行っても良いかと改めて思った

 

父母の眠る墓地に行った 彼岸ゆえに墓参の方たちが多く見える

年々増えて行く墓石の数 100m以上の列が並び 壮観である

中には 墓石の間の僅かな隙間から 秋桜が咲いて居た

 

秋桜 どうやって咲かせたのだろう タネを捲いたのか 昨年のこぼれタネか

数か所見えて 私も習いたいが 多分無理かと思う

一人で墓石を洗い 隣の雑草を抜き 花を飾って 妹のことを報告して祈る

 

 

一日おきに 遅く寝ても2時間くらいで眼が覚める 寝付けない

次の日は 居眠りばかり そして早く寝て 長い時間眠る ちょっと体内時計が乱れてしまった

今朝は3時過ぎに置きてしまい ネットに時間を掛けてつぶした そして今は眠い

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

コメント (5)