La La Singin' Music♪

旅、香港、上海、中国、日々の出来事… 色々語っていくブログ

香港街歩き ~馬灣 編

2009年11月29日 18時00分51秒 | -香港-
天気の良い週末に、香港内をカメラを持って小旅行。

自宅からも程近い、馬灣島という島へ行って来ました。

馬灣島は、青衣島とランタオ島の間にある小さな島で、
香港空港から香港中心部へ向かう時には、この島に架かる青馬大橋を必ず通るのだが、
エアポートエクスプレスや空港リムジンバスもあっという間に通過してしまうため
香港へ旅行に来た人が馬灣という小島のことを記憶していることは少ないと思う。



10年ほど前までは、香港の古い漁村の一つにすぎなかった馬灣島だが、
香港の新空港建設と同時に香港中心部と空港を結ぶ高速道路が建設され、
島の北半分には大型高層マンション街が造られ、静かな漁村の景色は一変した。

最近は大型テーマパークが建設され、巨大な「ノアの箱舟」を模った建物が出現。
週末は多くの家族連れでにぎわっている。

そんな馬灣島へは、青衣大橋を渡るほかに、セントラルと荃灣からフェリーで行くことができる。


荃灣西駅前のフェリー乗り場からフェリーに乗り込んだ。


フェリー乗り場。意外と人が多い。




荃灣から馬灣島までは約20分。


汀九橋をくぐる。


馬灣島に到着。

馬灣島は南国のリゾート地の雰囲気が漂っている。






緑に囲まれたマンション群。


欧米人も多く住んでいるようです。


マンション街の目の前には静かな砂浜が広がっていた。


リゾート地にいる気分。


自宅の目の前が砂浜なんて憧れます。








最近出来たテーマパーク、ノアの箱舟。



砂浜から静かな海を眺めた後は、島の南側にある馬灣公園へ向かう。


後始末はちゃんとしましょう。


公園の奥の方へ進むと、突然、寂れた無人の住宅街が現れた。


ここは、馬灣の古い漁村だった。


とはいえ、ほとんどの家には人はいなく、荒れるに任せているといった感じだ。








この古い漁村の建物の多くは香港政府によって買い取られ、村民達のほとんどは他の場所へと移っていったらしい。




この場所もいずれ再開発され、香港各地で見られる代わり栄えのないマンション群へと
変わってしまうのだろうか。

小さな廟が残っていた。
今でも残った村民によってちゃんと手入れされているようだ。




廟から見た景色。




ドラゴンボート。



さらに村の奥へと進む。

この辺りはまだ村民がけっこう残っているようだ。


優雅に海に沈む夕日を眺めているおっちゃん。


静かに沈んでいく夕日。


村民以外の人たちも夕日を眺めにここを訪れているようだ。


頭上にはひっきりなしに香港空港へ降り立つ飛行機が通過している。


こんなところでも結婚するカップルのアルバム撮影をしていた。


寂しげに漂うボート。


香港にはかつて船の上で暮らす水上生活者がたくさんいたが、今は政府の方針でほとんどが陸へ上がった。
馬灣島の村民たちもかつては半水半陸の生活をしていたのだろう。



寂れた漁村を散策しつつ、変わりゆく香港の景色に思いを馳せ、
この日の馬灣島散策は終了したのでした。


終わり。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 香港でサッカー日本代表の試... | トップ | 香港の風と風邪 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だちゃん)
2009-12-02 23:00:14
しぶい。。

さすらいのShishiさんですな。

ドキュメンタリー映像を見ている感じになりました。
ぶらり (new-beatle)
2009-12-04 22:53:55
>だちゃんさん
週末仕事の疲れで引きこもりがちになるので
たまにぶらりと香港内か香港周辺を歩いてマス。
香港も意外といろんな場所があって面白いです。
懐かしい (おじん)
2015-05-29 17:32:53
7年前まで馬湾に住んでいました。掲載写真全てが懐かしいです。まだ年長くらいだった孫を連れ、あの海峡の風景を眺められる場所にも連れて行きました。

コメントを投稿

-香港-」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事