雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬の鈴(りん)7歳と風愛(ふあ)1歳の楽しい毎日を五・七・五で綴ります。
天に旅立った風(ふう)の思い出写真も。

風愛ちゃんの 制限解除 よかったね

2018-01-12 10:55:49 | 愛犬の病気と手作り食
昨日、風愛ちゃんと動物病院に行ってきました。


まずは、ポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。



年に1回のワクチン注射のために、ちょっと遠い(といっても車で35分)

風愛ちゃんの主治医の先生ところに行ってきました。


前回行ったのは、夏ごろ。


ひどかった脱臼が少し安定してきて、手術しなくてもいけそうかも・・って時です。


動物病院の待合室に入って、ママがイスに座ると

何にも指示していないの、すっと自分の居場所を決めて

伏せている風愛ちゃん。





今までは、待合室でじっとせずにウロチョロして

指示で伏せさせても、すぐに動いちゃう目が離せない感じでした。



なのに今回は、まるで鈴ちゃんかとおもうぐらい

おとなしく、お利口さんに振るまってちょっとビックリ。



正直、ちょっと緊張していて

警戒しているから、前のように自由奔放に振る舞えていないのかもしれません。




マナーよくできるのはいいけれど、人の出入りに敏感になっていました。


これも、風愛ちゃんがオトナになってきた証拠かもしれませんね。



そして名前を呼ばれました。


診察室に入るのは、ちょっとイヤがりました。




まずは、体重測定です。

13.67kgです。


カラダは、大きくなっている感じがあるのですが、体重はあまり変化がありませんでした。

多分、風愛ちゃんの体型なら14kgあってちょうどいい感じです。


風ちゃんのベスト体重が16.5kgだったから

風愛ちゃんは、ちょうど風ちゃんと鈴ちゃんの間の大きさということになりますね。


そして、健康診断です。


心臓なども異常なし。


そして、膝蓋骨のチェックです。



「多分もう、何かする(手術など)ことは考えなくて、大丈夫です。

 骨がちゃんと成長したので、これからは、運動もしっかりさせてください。

 ドッグランでどんどん走らせていいですよ」と先生。


朝起きてすぐに時々脱臼することなども相談しました。


「脱臼があっても、治る状態ですよね。このまましっかりと筋肉をつけていけば、大丈夫です。いっぱい運動をさせて、筋肉が付くようにしてください。
ただ、老犬になって筋肉が衰えてくると、また脱臼しやすくなるかもしれません。
そうならないためにも、しっかりと運動を」と。



風愛ちゃんやったね。


大好きな運動が解禁よ。


これから遠慮なく、ドッグランで遊べるね。





今までも、ランには連れて行ったりしていましたが

これでもセーブしていたんですよ。



高いところから飛び降りたりの怪我には注意しなくちゃいけないけれど

しっかり運動できるのは、うれしいよね。



そして、そのまま風愛ちゃんは10種混合ワクチンを打ち

その後、苦手な爪切りもしてもらいました。




帰宅後は、日向ぼっこでのんびり・・・・。






ひと眠りした後は、鈴ちゃんとお庭で遊びました。






今までは、鈴との遊びも膝が心配で、気が気じゃない時もあったけれど

これからは好きなだけ、遊んでもらえそう。



ちょっと、ホッとした風ママなのでした。









最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


風愛ちゃんによかったねのポチっをお願いします。

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 意外にも クレート待機 得... | トップ | 洋服を すぐに脱がすの や... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mamehana)
2018-01-12 12:08:36
心も身体も大人になってきたってことかもですね。
なんにせよ、膝はよかったです。
ぽちっ×2
Unknown (Coco)
2018-01-12 15:29:34
手術なしでよくなってよかったですね!

ふあちゃん、これからは元気にいっぱいあそんでね。
mamehanaさん、コメントありがとうございます。 (風ママ)
2018-01-28 23:44:49
mamehanaさん
まだ時々、軽い脱臼もどきはあるんですが
ぼちぼち様子をみていきます。
Cocoさん、コメントありがとうございます。 (風ママ)
2018-01-28 23:46:32
Cocoさん
骨の方はなんとか手術しなくていいようです。ただし、靭帯を切るなどの怪我をしやすいので、そうなると手術になることも・・・・。気をつけて筋肉をつけなくっちゃです。

コメントを投稿

愛犬の病気と手作り食」カテゴリの最新記事