雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬の鈴(りん)8歳と風愛(ふあ)2歳の楽しい毎日を五・七・五で綴ります。
天に旅立った風(ふう)の思い出写真も。

正確な 殺処分数 知ってるか?!

2013-03-21 11:23:29 | 風ママの研究&学会ネタ・わんこニュース
いろいろと調べものをしていて、犬の殺処分数のことが気になって


「環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室」のサイトを見てみました。

よく動物愛護のポスターなどには「殺処分数は約17万頭(犬・猫)」と書かれていますが

犬に関しては、いったいどうなんだろう?

ここ数年で変化はあったのだろうか?


なんてことも気になりますよね。


ということで
環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室の「統計資料 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」のページを見てみました。(今日のブログのデータは、すべてこのサイトからの情報です)

ここには、犬と猫の平成16年~23年の引き取り数や譲渡数、処分数が記されています。


日本では、近年、動物愛護の精神が徐々に広がってきていて、犬の殺処分数も年々減ってきていると耳にしていました。


でも
ちゃんとしたデータで見て、正確な数字を知っておくことも大切ですよね。


犬の殺処分数ですが平成16年度は、155,870頭もいたんです。

それが

平成17年度 138,599頭
平成18年度 112,690頭
平成19年度  98,556頭
平成20年度  82,464頭
平成21年度  64,061頭
平成22年度  51,964頭
平成23年度  43,606頭

とどんどんと減ってきています。

アメリカでは、2010年でも300万頭ほどが殺処分されていると聞いたことがあるし
ニョーヨークで狂犬病がブームになっているという話もあるし

それにくらべ私たちの国、日本はどんどんいい方向に向かってきているように感じます。


また、動物愛護法で「終生飼養」をうたうようになったし、これからもどんどん減ってくるようみんながチカラをあわせて、努力しなくちゃと思っています。


ふと見ると、PDFで都道府県別のものもあり、ダウンロードして見てみました。



平成23年度の全国の殺処分数が43,606頭でしょ。
見ると、都道府県によってすごく差があるんですよ。


殺処分が少ない県は、なんと犬の殺処分数が2ケタ。

犬の殺処分数が少ない都道府県ベスト5をあげると。

第1位 富山県  60頭

第2位 新潟県  66頭

第3位 石川県  106頭

第4位 山形県  114頭

第5位 神奈川県 138頭


となりました。富山は、引き取り数自体が少ないので、譲渡数も少ないんですよね。

でも、新潟や神奈川は、犬の殺処分数よりも譲渡数の方が2倍以上と多い。頑張っていますよね。


逆にワースト県の犬の殺処分数は。

ワースト1 ○○県 3,227頭
ワースト2 ○○県 2,390頭
ワースト3 ○○県 2,190頭
ワースト4 ○○県 2,079頭
ワースト5 ○○県 1,763頭

かなり差がありますよね。

ここで県名を出すとその県を名指しで非難しているみたいだから、ここでは書きません。

気になる方は
上記のサイトからダウンロードしてみてください。


このワースト1の県なんて、23年度に処分された3.227頭のうち、幼齢個体が1,360頭も含んでいるというから、驚き!!

パピーというか子犬ちゃんなのに、この県ではこんなに処分されているですよね。


ノラ犬が極端に多いのか、避妊・去勢の意識が低いのか????


逆に、幼齢個体の殺処分はゼロっていう都道府県も多いんですよ。




ちなみに我が街、大阪府は、平成23年度の殺処分数は、437頭。そのうち幼齢個体は35頭。

幼齢個体の譲渡は91頭になっていました。


ということは、鈴ちゃんは、この91頭のうちの1頭?! もしも、引き出されていなかったら、殺処分幼齢個体が36頭になっていたのかも。


そう思うと、一頭の重み、命の重みってありますよね。



ちなみにこのデータには、

飼い主から、処分で持ち込まれた犬の数「引き取り数 飼い主から」という欄も。


その数字を見ていると、なんだか悲しくなりますね。


やっぱり「終生飼養」、できるだけ頑張ってほしいです。















最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


犬の殺処分が一頭でも減りますように!!のポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。
風ちゃんと鈴ちゃんの応援よろしくお願いします。

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 考えよ! ワンコへの罰 どう... | トップ | 飛行犬 影をみてたら わか... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さくらママ)
2013-03-21 18:06:18
結局、飼い主の意識の問題なんですよね。
「可愛いと思って飼い始めたけど・・・こんなに大きくなるとは思わなかった」と言って手放した人がいました。
命の重さ・・・もっと考えて欲しいですね。
Unknown (BOSS母)
2013-03-21 22:30:54
もしかして ワースト県かしら?っと
確認しました。
お隣でしたね、、、ワーストは。
千葉も ちょっと 田舎地方だと
放し飼いですからね、、、もちろん手術などしないし。
それでも 私が子供の頃よりは
ずっと野良犬は減っています。
最近は 見ないですから、、、。
千葉の 譲渡されるワンコが多い事に
喜びを感じています。
ちばわん さん 頑張ってますね!
デヴィの卒業した里親会も 千葉から保護しています。

ペットショップで 高額だからって
健康な子だとは 思えないし
良い子だとも 思えない、、、。
飼い主の心で 良い子にもなるし 悪い子にもなるし
悪い心の飼い主なら 捨てちゃうしね、、、
あ~ ごめんなさい グチだわ~
Unknown (こもしば)
2013-03-21 23:48:23
ワースト1の県で暮らしているかたのブログを
いくつか拝見しているのですが、中のおひとりが
散歩中に野犬を見た、とかご近所のかたが明け方に
犬だけでノーリード散歩?させている、とか
書いてあったことがあります・・・
収容される仔犬達ってそういう環境で産まれているのでしょうね。

「今」飼いたい、という気持ちだけで飼い始めるのではなく、
最期まで面倒をみる覚悟をもってほしいですね。
こんにちは。モモパパです。 (モモのパパ)
2013-03-22 06:27:54
殺処分。
数字上では減ってきているとは言えまだまだ行われてるのが現状。
ワンコ達には罪はないのに。
考えさせられます。
つまるところ犬の飼い主としての人間のあり方が問われてるんでしょうね。
一匹でも多くのワンコの命が救われるのを願って止みません。
Unknown (トドまま)
2013-03-22 11:38:25
殺処分数が減ってきたのは、いい傾向かと、一瞬、嬉しく思ってしまいましたが、それにしても、すごい数です。
悲しいほどです。

パピーや若いワンコ、里親へ行ける可能性の高い子達も
おかまいなしなんですね。
心が酷く痛みます。悔しい思いです。

県によって対応も違うのでしょうね。
保護団体さんの多いところは、そのお力で
助かる命も多いのでしょうね。

どうやって、可愛い動物をゴミのように「あばよ」というかのように捨てられるのでしょうね。

最近、思うのですが、保健所では里親を探してくれる所と勘違いしている人もいるのかなと。

高齢や病気になって保健所へというケースもあります。
どうしたら、こんな事ができるのか、心理を解いてみたいと思いますね。
どんな神経した人なのか。

そんな中でも Re startさんや多くの保護団体の方々も
一生懸命に力を入れて、尊い命を助けています。
インターネット、こんないいところも広げてくれています。

いつか、殺処分ゼロの日が来るよう、強く祈ります。

Unknown (mamehana)
2013-03-22 13:25:33
統計で、仮に何万分の1であったとしても、その1は命なんですよね。
1が自分だったら、わが子だったら、って思って暮らし初めてほしいです。

それだけ、動物と暮らすことって重いこと、なんだと思います。
ワースト県に住んでます (さら)
2013-03-24 06:40:38
残念ながら、私の住む県がワースト県です。
私自身、迷い犬と保護した犬を2頭飼っていますが、なかなか現状は変わりません。

もちろん、県民の意識の低さ、というのもあるのだと思うのですが、ひとつだけ。
この地域に捨てにくる人の多さは、あるのだと思います。
都心から高速道路を使えば、ピューッとこられる、インターを下りれば、ほとんどの地域が何もない田舎です。でも、ちょっと行けば人家が見える。
捨てる人には恰好の場所です。
「いい人に拾ってもらいなさいね。」くらいのセリフが頭に浮かんでしまいます。
私が幼い頃、ブームになった犬が少し経つと野良犬に増えていましたよ。
シベリアンハスキーもよく見かけました。
幼い私にはどうすることもできなかったけれど。

この問題は県単位の問題ではないことを、どうか忘れないで下さい。
自分の行政区が少なくても、そういう問題をはらんでいないか、ということを頭の片隅にでも置いて下さい。
もちろん、県民として、犬を愛するものとして、殺処分ゼロを目指して頑張りますね。
さくらママさん、コメントありがとうございます (風ママ)
2013-03-24 12:50:45
さくらママさん
ええー、大きくなったから捨てるってひどい。

それって、犬をモノだと考えているんでしょうね。

信じられません。

もしも、自分の子供が思ったよりも、背が高くなったとか

太ってデカくなったら、捨てちゃうんでしょうか?


BOSS母さん、コメントありがとうございます (風ママ)
2013-03-24 13:39:48
BOSS母さん
譲渡数が多いと、頑張っているなぁと感心してしまいます。

ちばわんさんは、とても努力されていますよね。

出身ののワンちゃんもたくさん知っています。


血統にこだわらないのなら、まず保護犬から検討する・・・・。
それが当たり前になるといいな。
こもしばさん、コメントありがとうございます (風ママ)
2013-03-24 13:45:11
こもしばさん
かなりおおらかな地域なのかもですね。

私の住んでいるエリアでは、犬=ペット
が当たり前ですが

犬=野犬

をイメージする多い地域もあるんでしょう。


日本も広いですから。

コメントを投稿

風ママの研究&学会ネタ・わんこニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事