絵本の部屋

鈴木まもる「鳥の巣研究所」別館

「ぐいーん! こうしょさぎょうしゃ」

2022年11月02日 | のりもの絵本

『ぐいーん! こうしょさぎょうしゃ』
竹下文子・作 鈴木まもる・絵 
偕成社 32ページ 1200円+税 
2022年11月刊

お店の看板をなおしたり、高い木の枝を切ったり……
そんなときにやってくるのが、高所作業車。
さくらんぼつみに、トンネル点検、
空港では飛行機を洗ったり。
台風の夜も、びゅうびゅう風と雨の中、
高所作業車は大活躍!

 

とびら

 

p2-3

ここは、えきまえの しょうてんがい。
おもちゃやさんの かんばんが、ずいぶん ふるくなりました。
「あれを なんとか しなくちゃなあ」
「でも、うちの ふみだいでは とどかないわよ」
そんなとき やってくるのが……

 

p4-5

こうしょさぎょうしゃです。
かんばんやさんが のりこんで、
ぐいーん! と あがって……

 

p6-7

ほら、みちがえるように きれいになりました。
みせの おじさんも おばさんも おおよろこびです。

 

裏表紙

 

<制作ノート>

偕成社さんの乗物絵本シリーズ11作目。以前から要望の高かった高所作業車。ようやく完成。
このシリーズ、今までのは、たいてい、ある車の1日の出来事というのが多かったです。
でも高所作業車は、それぞれの場所で、それぞれの仕事用に多様化した機種があります。
そこで今回は、いろいろな場所で、いろいろな仕事をする高所作業車ということで、絵本が構成されています。

以前から書いていますが、人の暮らしがあっての乗り物絵本ということで、様々な人たちが暮らす世界が感じられるのが、このシリーズの良いところ(と自分で言っていれば世話はない)。
ということで、いつもより、もっといろいろな場所、いろいろな空間、いろいろな光と影、様々な人の暮らしの世界が楽しく描けました。

鈴木まもる

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「鳥は恐竜だった 鳥の巣か... | トップ | 次の記事へ »