絵本の部屋

鈴木まもる「鳥の巣研究所」別館

「トリケラトプスのなんでもないいちにち」

2020年06月18日 | その他の本

『トリケラトプスのなんでもないいちにち』
竹下文子・文/鈴木まもる・絵 
偕成社 1200円+税
2020年7月刊

ときは白亜紀後期。いまからおよそ7000万年まえ。
地球には、たくさんのきょうりゅうが生活していた。
草食きょうりゅうトリケラトプスは、草をたべながら、
こんな一日をおくっていた…らしい!
とびらをひらいて、恐竜の時代をのぞいてみよう。

とびら

 



よあけまえ。きりにつつまれた しずかなたにま。
つのに ぽたんと しずくがおちて、
トリケラトプスが めをさます。
(p.2-3)

 

おはよう、おひさま。
あたたかいひかりを からだじゅうにあびよう。
どこかで とりのこえ。いちにちのはじまりだ。
(p.4-5)

 

のしっ、のしっ、じめんをふみしめて、
トリケラトプスは おかをのぼっていく。
くさむらから、ちいさなアルバートニクスが、
びっくりして とびだした。
(p.6-7)

 

後ろ見返し

 

裏表紙

 

Amazon.co.jp

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「ティラノサウルスのはらぺ... | トップ | 「あるヘラジカの物語」 »