絵本の部屋

鈴木まもる「鳥の巣研究所」別館

「なんでもレストラン」

2020年11月11日 | その他の本

『なんでもレストラン』
鈴木まもる作・絵 
文渓堂 32ページ 1300円+税 
2020年11月刊

ぼくはコックさん。ここは、みんなのたべたいものをなんでもつくるレストラン。
はらぺこのおきゃくさんたちが、つぎつぎにやってきます。
ライオン、カンガルー、くま、ねこ……さあ、なにができるかな?


とびら

 

ぼくは コックさん。
ここは なんでもレストラン。
みんなが たべたいものを
なんでも つくってあげるよ。

 

「おなか すいたー。なにか たべたーい」
はい、ライオンさん、いらっしゃいませ。
どんなものが たべたいですか?
「えーとね、さくさくしたものをね、からーい とろとろでね、
たくさーん たべたい!」
はい、わかりました。 

 

さくさくを からい とろとろで、たくさんだって。
さあ、なにを つくろうかな……

 

裏表紙

 

帯あり

 

 

<制作ノート>

たまに仕事で外に行き、食事の時間になり「ちょっとその辺で食べましょう」と言われ、外食することがあります。
はっきり「ラーメンが食べたい!」とか「サバの味噌煮定食たべたい」とかあればいいのですが、頭の中は仕事のことでいっぱいだし、知らないお店だと、メニューを見て「ハンバーグ」と書いてあっても、いつも家で食べてる「ハンバーグ」と少しちがうようで、はずれたら嫌だし、知らない料理の名前だとわからないし…で、なかなか決まらないことがあります。
あれも食べたいような、これも食べたいような…他の人は決まったのに自分だけ決断力が無いと…あわてて決めると、決めた後、隣の席の人のを見て、「アッ、やっぱりこっちにしよう」なんていうのも優柔不断だし…。
最初から店にメニューが無くて、「こんなもの食べたい」というお客さんの気持ちを理解して食べたいものを作ってくれるお店があったらいいなあ…ということで、出来たお話です。
いろいろな動物さんたちが出てきて、好きな物を食べるので、あまりリアルな世界ではなく、軽く楽しい絵の世界にしました。
ぼくは絵を描いたり物を作るのが好きなので、基本的に料理も大好きです。(料理というか工作かな?)今、ネットを見るといろいろな料理の作り方が、たくさん出てきます。ですから、この絵本はレシピの絵本では無く、自由に作るのが楽しくなるような気持ちになる絵本にしたかったのです。
豪華絢爛でなくても、高価な食材が入っていなくても、作ってくれる人が心を込めて作ってくれるものはなんでも、いただけるだけで感謝で、おいしいものです。作る人の愛情と作る楽しみがたくさん入っているからだと思います。是非楽しく自由に作って、楽しく食べてください。

(鈴木まもる)
 

 

Amazon

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「なにしてるの?」 | トップ | 「としょかんのきょうりゅう」 »