絵本の部屋

鈴木まもる「鳥の巣研究所」別館

「ぐいーん! こうしょさぎょうしゃ」

2022年11月02日 | のりもの絵本

『ぐいーん! こうしょさぎょうしゃ』
竹下文子・作 鈴木まもる・絵 
偕成社 32ページ 1200円+税 
2022年11月刊

お店の看板をなおしたり、高い木の枝を切ったり……
そんなときにやってくるのが、高所作業車。
さくらんぼつみに、トンネル点検、
空港では飛行機を洗ったり。
台風の夜も、びゅうびゅう風と雨の中、
高所作業車は大活躍!

 

とびら

 

p2-3

ここは、えきまえの しょうてんがい。
おもちゃやさんの かんばんが、ずいぶん ふるくなりました。
「あれを なんとか しなくちゃなあ」
「でも、うちの ふみだいでは とどかないわよ」
そんなとき やってくるのが……

 

p4-5

こうしょさぎょうしゃです。
かんばんやさんが のりこんで、
ぐいーん! と あがって……

 

p6-7

ほら、みちがえるように きれいになりました。
みせの おじさんも おばさんも おおよろこびです。

 

裏表紙

 

<制作ノート>

偕成社さんの乗物絵本シリーズ11作目。以前から要望の高かった高所作業車。ようやく完成。
このシリーズ、今までのは、たいてい、ある車の1日の出来事というのが多かったです。
でも高所作業車は、それぞれの場所で、それぞれの仕事用に多様化した機種があります。
そこで今回は、いろいろな場所で、いろいろな仕事をする高所作業車ということで、絵本が構成されています。

以前から書いていますが、人の暮らしがあっての乗り物絵本ということで、様々な人たちが暮らす世界が感じられるのが、このシリーズの良いところ(と自分で言っていれば世話はない)。
ということで、いつもより、もっといろいろな場所、いろいろな空間、いろいろな光と影、様々な人の暮らしの世界が楽しく描けました。

鈴木まもる

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「せんろはつづく にほんいっしゅう」

2021年09月16日 | のりもの絵本

『せんろはつづく にほんいっしゅう』
鈴木まもる作・絵
金の星社 32ページ ¥1300+税
2021年9月刊

にほんには いろいろな れっしゃが はしっているよ
えきで のりかえれば いきたいところへ
いくことが できるんだ
さあ、にほんいっしゅうへ しゅっぱーつ!
(カバーソデより)

 

とびら

 

これは みなさんが すんでいる にほんの くにです。
たくさんのひとが くらしています。
おおきなまちと おおきなまちのあいだを、
しんかんせんが はしっています。
でも、でんしゃは しんかんせんだけでは ありません。
しんかんせんの ついたえきからも せんろはつづいていて、
いろいろな れっしゃが はしっているのです。
このえほんでは、にほんを 12のばめんに わけて、
そこをはしる でんしゃが かいてあります。
(略)

 

しゅっぱつは、にほんで いちばんおおきなまち、とうきょう。
ぐるっとまわる やまのてせん。
まんなかはしる ちゅうおうせん。
いろいろな してつも たくさん はしっています。
(略)


うみのしたに トンネルを ほったのです。
ふかさ140メートルの うみのそこから、
100メートルしたに トンネルを ほって、
いりぐちから でぐちまで やく54000メートルもあります。
(略)
こうしてできたのが せいかんトンネルです。
でんしゃが とおる トンネルとしては、
にほんで いちばんながい トンネルです。
(略)

 

裏表紙

 

<制作ノート>

電車の絵本は、新型車種が良く出る。地域性がある(たとえば九州地方の電車は、ほかの地方では見ることができません)ということで、なかなか主人公的な形にできません。ライトを目にして顔のように擬人化したものにする気もないので、なかなか絵本にできませんでした。
その辺をクリアーして描いたのが、『でんしゃがきた』(竹下文子文 偕成社 2013年)と、3月11日の震災後、福島にガソリンを運んだ『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』(すとうあさえ文 童心社 2013年)でした。
そんな中、電車の絵本を考えていて、そうだ日本中の電車を全部描いちゃえば、今の日本に住む人の暮らしや今の日本が感じられる絵本になるかと思いつき、作り始めたら、これは『せんろはつづく』の進化系だと思い、このシリーズの主役の子どもたちに集まってもらいました。
1作目で広い世界に線路を引き、トンネルや鉄橋を作り、2作目で、さらなる状況に適応していき、3作目で貨物列車、寝台車など電車事体の多様性を描き、今回それがどう今現実の日本で走っているのか、という必然性の流れで出来上がったのだと思います。
と、むつかしく考えてできたわけではなく、ただただ描きたかっただけで、あとから正当化というか言葉化するとこうなのかと思うだけですが…。
でも、描きだして、こんなに、いろいろな形の電車が多いとは夢にも思いませんでした。でも、決めちゃったから、あとは描くだけです。幸いグーグルマップを見ると、いろいろな場所がすぐ見れるのはとても便利な事でした。
とにかく、どこかへ行きたいという生物としての本能があるから、乗り物絵本を好きになるのだと思います。人の暮らしがあり、電車があります。日本の、山あり谷ありの自然の中で、昔の人たちが列車を走らせようとした結晶が今の線路と列車の数々だと思います。
ですから、この絵本は最新の電車カタログとして描いたものではありません。2021年4月の時刻表をもとにしましたが、いろいろな電車を描きたかったので、少し昔のも入っているし、この先使われなくなる電車も当然あると思います。駅弁も季節によって中身が違うこともあります。昔なつかしい駅弁も描きました。
絵本の形に合わせたので、駅と駅の間の、距離や方向は実際と少し違います。スペースの関係で、実際とは違う場所に電車を描いたり、線路が消えている場合もあります。
日本に生きている多くの人々の暮らしと、旅の楽しさを感じる絵本にしたいと思い絵を描きました。コロナで外出できず、Stay homeの間、この絵本を見て、「この電車に乗って海に行こう」とか「この駅で降りて駅弁買って食べよう」とか、いろいろ想像して、コロナが終わったら、この絵本をもって旅に出る子がいたらうれしいです。
(鈴木まもる)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「いそげ! きゅうきゅうしゃ」

2017年11月01日 | のりもの絵本

 

『いそげ! きゅうきゅうしゃ』
竹下文子・作 鈴木まもる・絵
偕成社 32ページ 1000円+税
2017年11月 (10月25日発売予定)

町の消防署。
指令室の電話が鳴ると、救急車の出動です。
ライトをつけて、サイレンを鳴らして、
ピーポー ピーポー
急病人のおじいさんは、山のむこうの大きな病院へ
運ばなくてはなりません。
「よし、ドクターヘリを呼ぼう」
バラバラ バラバラ グイーーン
けわしい山道も、ヘリならひとっとびです。

(カバーそでより)

とびら

 

p2-3

いつでも しゅつどうできるように じゅんびしています。

 

-

p6-7

あかい ライトを つけて、サイレンを ならして、ピーポー ピーポー

 

p8-9

「こうさてんに しんにゅうします。ごちゅういください」

 

p22-23

ちかくの グラウンドに、ドクターヘリが ちゃくりくしました。

(文章は一部抜粋です)

 

裏表紙

 

Amazon.co.jp

いそげ! きゅうきゅうしゃ
竹下文子・文
鈴木まもる・絵
偕成社 2017年


作者ブログ→ 閑猫堂 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「すすめ!うみのきゅうじょたい」

2016年07月01日 | のりもの絵本

「すすめ!うみのきゅうじょたい」 竹下文子・文 鈴木まもる・絵 

金の星社 32p 1300円+税 
2016年7月8日ごろ発売予定
 

ぼくたち きゅうじょたい 
いつでも どこでも たすけにいくよ 
ふねが いわに のりあげて うごけない 
どうする?
いぬが サーフボードで ながされた 
どうする?
きゅうじょたい しゅつどうだ!

(カバーソデより)
 

 とびら

 

 

 

うみから かもめが とんできた
「はやく きて」って いってるみたい
なんだろう?
とにかく きゅうじょたい しゅつどうだ
(p4-5)

 

 

すすめ すすめ きゅうじょたい
おひさま ぎらぎら ひまわりばたけ
うみを めざして いそげ いそげ
(p6-7)

 

 

 

あっ
がけの うえに とんびの す
ひなが おちそうになっている
どうする?
(p12-13)

 



あっ
ふねが いわに のりあげて うごけなくなっている
どうする?
(p16-17)

 

  裏表紙

 

<制作ノート>

『すすめ!ゆきのきゅうじょたい』が出版されたのは昨年の秋でした。
冬のお話だったからです。
文章担当のFネコさんが夏のお話も書くと編集のO君と約束していたのは
知っていました。
でもまあ、出版は早くて来年だろうと思っていたら、
今年の夏に出版ということになりました。

一応絵の世界ができているし、『ウミガメものがたり』を描いた後で
心が海の世界にはなっていたし、例によって、工事車両を描くのは好きだし、
早いときには5月頃から子供と遊びに行っていた海岸や砂浜が舞台だし…
バンバン描き出しました。

絵本でも絵でも、心の中に世界ができれば、あとは描くだけなので早いというか、
スルスル手を伝わって筆を通して、絵の具が白い画面に移っていくので、
気がつくと完成している、というわけで無事完成しました。

最近(?)リメイクされたみたいですがサンダーバード1号、2号、3号とか、
毎年やっているなんとかレンジャーとか…
困っている人(この絵本の場合は動物さんが多いですが)を
みんなで助けに行こうと思うことも、必要な道具を使いたいと思うことも、
本能的なことなのだと思います。

 

Amazon.co.jp

 


シリーズ既刊 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」

2015年11月10日 | のりもの絵本

「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」

竹下文子・作 鈴木まもる・絵
金の星社 32p 1200円+税
2015年11月10日

ぼくたち きゅうじょたい
さむい ふゆでも げんきだよ
ゆきみちで トラックが こまってる
どうする?
ひつじの おうちが つぶれそうだって
どうする?
きゅうじょたい しゅつどうだ!
(カバーそでより) 

「すすめ!きゅうじょたい」に続く第2弾。
6人の元気な子どもたちが、はたらく車でみんなを助けます。 

 

とびら












裏表紙


<制作ノート>

今回は冬の雪世界。

我が家のへんはあまり雪は降りませんが、
昔行った冬山の、葉が落ちた山の寒い感じや、
北風のピューピュー冷たい感じ、
雪原の荒涼とした広さ、足先からジンジン冷たい感じなどなど……

雪世界の荒涼とした美しさ、
空から無数に降って来て、空の彼方に吸い上げられていきそうな雪、雪、雪……
そんな白い雪をどんな色で表現するか……

雪が降ってきて、どんどん どんどん降り続き、
真っ白な世界になって、
それが物語終盤、だんだん雪もやみだして、明るい夕方になり、
楽しい雪遊びから、元気にさよならの場面に自然につながるように
とっかえひっかえ絵を描き進めました。

前作同様、ショベルカー、ホイールローダー、ダンプ、高所作業車、
クレーン車、ヘリコプター、それにチェーンソーなどは、
乗ったり、やったりしたときの気持ちを思い出しながら描いたので、
子供たちも、そんな気持ちになってくれたらうれしいです。



作者ブログは→こちら (閑猫堂)

 


Amazon

すすめ! ゆきのきゅうじょたい
竹下文子・文
鈴木まもる・絵
金の星社 2015年



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「おはよう!しゅうしゅうしゃ」

2015年10月20日 | のりもの絵本

「おはよう!しゅうしゅうしゃ」

竹下文子・作 鈴木まもる・絵
偕成社 32p 1000円+税
2015年10月20日

あさ はやく、ビルの かどを まがって、
あおい くるまが やってきました。
ごみを あつめにきた しゅうしゅうしゃです。
ほどうに おかれた たくさんの ふくろを、
おじさんたちが つぎからつぎへと
しゅうしゅうしゃの なかへ。
グイーーーン バリバリバリ ゴーーー
いっぱいになった しゅうしゅうしゃは
どこへ いくのかな?
(カバーそでより) 

 

 

 とびら

 

 

p2-3
あさ はやく。
ひとも くるまも まだ ほとんど とおらない みちです。

 

 

p6-7
かどをまがって あおい くるまが やってきました。

 

 

 

 

p10-11
あんなに たくさんあった ごみが きれいに かたづきました。

 

 

 

 

P14-15
しゅうしゅうしゃの うんてんしゅさんは、まわりに きをつけながら
はしったり とまったり。

 

 

 

p25-26
むこうに おおきな えんとつのある たてものが みえてきました。

(以上、文章は本文の抜粋です)

 

 

p32

 

 

   裏表紙

 

 カバーそでカット

 

<制作ノート>

だいぶ以前から作ろうと思っていたゴミ収集車の絵本。

どうしても、ゴミ焼却場の内部とか、仕組みとか……
社会科的になりそう(それはそれで大切なことなのだけれど)な内容なのですが、
このシリーズは“人間の暮らしや営みの中の車”という世界なので、
Fネコさんが、ある地方都市のゴミ収集車の1日を、
朝から夕方まで、それぞれの地域を回るという設定にして、
おはなしを作ってくれました。

我が家のあたりは山なので、町中を走る収集車を見ることがありません。
2年ぐらい前から、東京などに行くたび、収集車やゴミを出してあるところ、
町中の雰囲気など、頭の中にため込んでいました。

一方、住んでいる町が小さいので、焼却場も近くにあり、
たまに粗大ゴミなど捨てに行ったりしているし、
規模が小さいぶん、全体の感じがつかみやすかったです。

前述の“人間の暮らしや営み”ということで、
例によって、事細かに人の動作や建物の看板などなど……
いろいろ描いたり、以前描いた本に登場した人たちも出てきたり……
コチョコチョ、コチョコチョ、
町中をさまようように描いていました。

人間が生きて暮らしている街を描くのは楽しいことです。

 

☆作者ブログは→こちら(閑猫堂)

 

Amazon

おはよう! しゅうしゅうしゃ
竹下文子・作
鈴木まもる・絵
偕成社 2015年

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「すすめ!きゅうじょたい」

2014年08月01日 | のりもの絵本

「すすめ!きゅうじょたい」

竹下文子・文 鈴木まもる・絵
金の星社 32p 1200円+税
2014年8月

はたらく車が たすけにいくよ  6人の小さな救助隊が大活躍!

(初版オビより)

ぼくたち きゅうじょたい
こまったことなら おまかせ
くまのこが きから おりられなくなった
どうする?
ひつじが たにまに おちた
どうする?
きゅうじょたい しゅつどうだ!
(カバーそでより)

 

 

とびら

 

 

じゅんび オーケー? よし しゅっぱつだ
(p.2-3)

 

 

 

すすめ すすめ きゅうじょたい
 (p.4-5)

 

 

 

あっ ヘリコプターが くまのこを はっけん
(p.10-11)
 

 

あーあー オレンジが みちに いっぱいだ
(p.14-15)

 

 

 

がけくずれで みちが とおれなくなっている
(p.18-19)

 

 

裏表紙

 

 

 

 

 

 

Amazon

すすめ! きゅうじょたい (せんろはつづくシリーズ)
竹下 文子・文
鈴木 まもる・絵
金の星社 2014年

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」

2013年10月31日 | のりもの絵本

「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」

すとうあさえ・文
鈴木まもる・絵
童心社 40p 1400円+税
2013年11月

まよなかに新潟をしゅっぱつした
ディーゼルきかんしゃのデーデたち。
あめが ゆきに かわって、どんどん ふりつけてきます。
ぶじに福島の郡山にたどりつけるでしょうか……。
(カバーそでより)

2011年3月、東日本大震災の被災地に燃料を運んだ
ディーゼル機関車たちの活躍を描く。

 

とびら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏表紙

 

<制作ノート>

東日本大震災の後、道路も電車も不通となり、
東北地方の被災地にガソリンの供給ができなくなりました。
そこでJRは、電車が走ることができる新潟から郡山のルート(磐越西線)を使い
ガソリンを運ぶことにしました。
 
でも、この路線は一部山間地は電化されていないところがあり、
普通の電車では走ることができません。
 
そこで電化されていないところでも走れるディーゼル機関車を
使うことにしたのですが、新潟にはないので、九州や関西など全国にある、
今はもうあまり使われていないディーゼル機関車を新潟に集め
走らせることにしたのです。
 
しばらく走っていなかったディーゼル機関車もあり、
整備士さんたちが細部まで点検整備し、
線路も地震の被害がなく走れるか、歩いて検査したそうです。
 
早くたくさんのガソリンを運ぶ必要があり、10両のタンク車を連結。
とても重いのでディーゼル機関車も2台つないで重連という形での出発となりました。
 
傾斜の厳しい磐越西線、それに寒さのため凍っていたり、
線路の錆びで、さすがのディーゼルでも登りきることができず、
3台目のディーゼルを応援に呼び連結して、なんとか山を越え、
郡山に着くことができたそうです。
 
それから毎日、新潟と郡山の間をディーゼル機関車は、
10両のタンク車を引き被災地にガソリンを運んだのでした。
(ガソリンは横浜の根岸から新潟へ毎日20両のタンク車で運んだそうです)
 
という現実にあったお話の絵本化です。
 
文章を書かれたのは、すとう あさえさんという童話作家の方です。
 
お話をいただいた時には、もうすでに復旧していて、
現実に新潟、郡山間を走っているところは取材できませんでしたが、
ニュース映像など資料はたくさんあったり、
別のところで、ディーゼル機関車を見たりしました。
 
ディーゼル機関車を、しっかり描くのはもちろんですが、
それだけでなく、というか、それ以上に、
それに関わった人たちの気持ちをしっかり描きたかったので、
黒ペン(ロットリング)と水彩、色鉛筆の併用となりました。
 
最初、機関車の擬人化について、すとうさんと、いろいろお話し、
”鉄人28号と正太郎君”の関係ということで、擬人化の方向性が決まりました。
 
結局、人の暮らしがあって、そこに必要ないろいろな電車や機械があるということで、
それは「でんしゃがきた」(偕成社)も「せんろはつづく」(金の星社)も同じだと思います。

(2013.11.24記)

 

Amazon.co.jp

はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ
(絵本・こどものひろば)
すとうあさえ文 鈴木まもる絵
童心社 2013年

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「でんしゃがきた」

2013年08月31日 | のりもの絵本

「でんしゃがきた」 
竹下文子・作 鈴木まもる・絵 
偕成社 32p 1000円+税 
2013年9月18日発売  
  

かん かん かん かん……でんしゃが きた。 
ふみきりに。てっきょうに。 
たんぼの むこうに。 うみべの えきに。 
ちいさい でんしゃが とことこ。 
とっきゅうが びゅわー! 
いろんな ところに いろんな でんしゃが やってきます。 
どこに いくのかな? だれが のるのかな……? 
(カバーソデより)

 



(裏表紙)

 



(とびら)

 

p.2-3

 

 

p.4-5

 

 

p.5-6

 

 

p.14-15

 

 <制作ノート> 

こののりもの絵本シリーズは、テリトリーの整備や拡大といった、
男の子が持つ本能的な欲求に支えられているせいで、
おかげさまでポツポツと数を増やしています。
 
だいぶ前から編集のMさんに
「電車もやりましょう」と言われていました。
でも、電車は地域性が強く、たとえば九州地方の電車は、
関東以北の人にはなじみがないとか、
型式がよく変わるので、新型車両もすぐ”古い”となってしまう……とか。
 
新幹線のように誰でも知っているのに乗って、どこかに行くというのだと、
車内ばかりの風景で(これはこれでおもしろいと思うけど、
やはり外観が見たいという読者のほうが多い)ちょっと……とか……で、
今までいくつもフミコさんといろいろ案を検討したのですが、
なかなか形になりませんでした。
 
が、今回フミコさんが
「でんしゃがきた」という言葉をキーワードにして
その時々の場所での電車と人の暮らしを描くという新たな視点を発見!(えらい!すごい!)
この形になりました。
 
これなら地域性もあって良いし、古い新しいも関係なく、
そもそも”電車とは何か”という普遍的なものを感じる本になったと思います。
 
要は、人の暮らしがあり、その必要性で電車があるということで、
開かずの踏切りのような下町的な場面もあるし、
会社員の人が数百人も描いてある山手線ホームの場面、
もちろん新型新幹線もあるし、
里山をのどかに走る単線の風景もあります。
 
(実在の路線&電車をモデルにしましたが、風景は絵として
微妙に変えて描いてあります)
 
ただ電車を並べるのではなく、
そこに暮らす多様な人たちの、多様な暮らしを感じてもらえればと思い描きました。
 
そして、(だから)最後の場面は三陸鉄道になりました。
 
昨年夏、このために八戸から宮古まで取材に行きました。
基礎だけが残ったさら地や新しいお墓など、
津波で流された地域を見ていろいろ感じました。
 
どんな状況になっても、元気に生きていく人間の強さと、
だからそのために電車が走るし、それを支える人たちがいるという、
人の暮らしと電車という本来の姿が描けたと思っています。
 
是非ご一読ください。
 
 
フミコさんのブログは→コチラ 

Amazon.co.jp

でんしゃが きた
(のりものおはなし絵本)
 
偕成社 2013年

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「みんなで!いえをたてる」

2011年10月31日 | のりもの絵本

「みんなで!いえをたてる」

竹下文子・作 鈴木まもる・絵
偕成社 32p 1000円+税
2011年11月上旬発売予定

はたけのそばの あきちに あたらしいいえが たちます。
こうじが はじまると、やってきたのは ダンプカー、
ショベルカー、ミキサーしゃ、ポンプしゃ・・・
だいくさんたちが とんとんとん。
のっぽのクレーンしゃも きましたよ。
みんなで いえを たてていきます。
(カバーソデより)

とびら

p.2-3
せっけいずをみながら そうだんしています

 

p.8-9
トラックが ざいもくを つんできました

 

p.10-11
はしらを いっぽんずつ くみたてていきます

 

p.18-19
でんきの ひきこみせんを つけています

 

裏表紙

 

<制作ノート>

偕成社の乗り物絵本シリーズの9作目です。
このシリーズは、文は竹下文子さん、(我が家の奥様)絵はぼくが担当しています。
今回は、建築開始前の空き地から、家が完成し引っ越しが完了するまで、
どんな車が出てくるかという絵本です。
調度、知り合いが家を新築していたので、しっかり取材もできたし、
幸か不幸か、ぼくは高校生ぐらいから、土建屋さんのアルバイトをしていたり、
学生時代、長野に山小屋を建てたり、今の仕事場もあれこれ作っているので、
ああ、これはこうやった、ここはこんなだったと思いだしながら描きました。
知り合いの建築士さんに、最新の工事の情報や、、
最近の工法、手順も聞きに行き、しっかりチェックもしてもらいました。

昔昔描いた、引っ越し絵本の引越し屋さんも再登場してもらいました。

Amazon.co.jp

みんなで!いえをたてる
 
偕成社

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする