……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

信州・姨捨の棚田……、いい黄金色に!

2016年09月11日 | まち歩き
  今日11日から大相撲秋場所が始まりました。


  ここ長野県出身力士の御嶽海(みたけうみ)関は、先場所の前頭筆頭からぐっと番付を下げてしまいましたが、今場所からヘアスタイルのまげ姿から、大銀杏(おおいちょう)姿で、土俵に上がりました。


  初日、千代の国相手に白星先行で、よいスタートがきれました。 期待したいと思います。


  
  さて、今日の写真ですが、先頃から車に乗っていると、「今年は異常な暑さでしたので稲の生育も早く、お米の美味しいうちに稲刈りを……!」と農家さん宛てに、そんなメッセージがカーラジオから流れていました。


  そんなこともあり、多少早いかも知れないのですが、車で約30分で行けますので、姨捨(おばすて)の棚田へ行って撮って来ました、それをご覧いただきたいと思います。確か、去年は撮りが若干遅かった様な気がしました。




photo 1


photo 2


photo 3


photo 4



  この「姨捨の棚田」は、結構広いので、1ヵ所からでは全容がつかめないので、三方から撮って来ました。


photo 5



  上の電車は、篠ノ井線で姨捨駅で棚田を撮っていましたら、ちょうど通過してくれました。


  ここの姨捨駅は、勾配が急だと云うので、電車の停車が難しいようで、この駅はスイッチバック方式を採用しています。


  電車が姨捨駅に停車中は、乗客の一部の皆さんですが、デジカメやスマホで、このホームから見られる棚田を結構撮っています。




photo 6


photo 7


photo 8



   上の写真で、奥に見えていますのが、善光寺平の一部です。恐らく、松代もこのどこかに入っています。


  そして、こちらは、平地に近い棚田です。やはり、似たようないい色になっています。



photo 9



  この姨捨の棚田は、時期を見て毎年撮りに行っていますが、この近くに長楽寺と云うお寺さんがあり、間もなく中秋の名月になる頃には、イベントなどが行なわれ、賑わいを見せているようです。










コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 歴史をさかのぼり……、あの川... | トップ | 信州・大町の新行水車……! »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初秋ですねぇ (やっほ)
2016-09-11 21:45:28
おお~~!
素晴らしい景色ですね。
素晴らしいお写真です!。
稲穂がこうべをたれています豊作ですね。
姨捨の棚田というんですか、姨捨山とは関係ないですよね(笑)
いよいよ秋ですね。曼珠沙華はまだ早いですか?
こちらは、早いところはボチボチ咲いています。
やっほ様へ (池 千之助)
2016-09-11 22:53:34
やっほさん、こんばんは。
早々にコメントありがとうございます。

やっほさんのおっしゃられるように、
このところ秋の空気になってきましたネ。

この姨捨の棚田は、地元ではそこそこ有名なんです。
もっとも、この撮影中でも、東京や静岡からいらした方々が、
お写真を撮られていました。

姨捨の地域は、あの伝説の姨捨山がある所です。
ですので、関係あると思います。

伝説ですので、どなたかが小説風に作り上げたものなのか分かりませんが、
自分達が昔聞いている内容は、
年寄りは今までの経験から、知恵を沢山持っているから、
最終的には、年寄りも大切にすべき……! 
山に捨てようとは、何たることだ! と云うようです。

それと、彼岸花はまだ見掛けませんが、
正直、どこで咲いているのか、知らないもので、
情報を集めたいと思います。

人に依っては、そこら辺のどこでも咲いているヨ! っていう方もいらっしゃって、悩んでいます。(笑)

そう言えば、今思い出しましたが、
やっほさんのお写真で、飛行機が飛んでいるのがありましたが、
あのフレーミングの中で、右下に上手くひまわりを配して
お撮りになったのがありましたが、
あのお写真、今でも印象に残っています。
ああいう写真、自分も憧れるのですが、
近くに飛行場が無く、松本迄飛んでいくようになります。

いつかは、狙ってみたいと思っています。

ほど良い刺激を、いつもありがとうございます。

棚田 (かなこ)
2016-09-12 11:19:56
池 千之助さん今日は。
あの青田の棚田が・・
黄金の棚田に変身しましたね!!。
素敵の一言です。
心癒されました。

刈り取られるまでの運命でしょうね。
綺麗でした。
流石ですね。
かなこさまへ。 (池 千之助)
2016-09-12 16:47:04
かなこさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

姨捨の棚田は、本当にいい色になっていました。
かなこさんのおっしゃるように、稲刈りが始まる、
ほんの僅かな期間、見れるだけです。

確か、去年に行った時は、
一部の田で、稲刈りが進んでいて、ちょっと残念な思いをしました。

また、お天気の悪い時は、
黄金色がうまく撮れないので、天気具合を見て、
ちょっと早いかナア…っと、思い切って行ったら、太陽も味方してくれました。

有難うございました。

黄金色 (原村)
2016-09-12 20:17:38
こんばんは。
景色的にも遠くを見通せる所が大好きですが、その上黄金色です。
感動ものですね。
一年の苦労が実り、収穫を迎える稲穂ですから。
それも苦労の多い棚田です。
ご苦労様と感謝感謝です。
棚田自身が観光資源ですね。

以前にお邪魔した時の姨捨のアドレスと貼っておきます。
時間が有る時に出ものぞいて見て下さい。
http://blog.goo.ne.jp/akagera63363556/e/cda14fa33df4aab758c71df517fa0ef8
長野県は観光資源が多いし素敵な教育県ですね。
原村様へ (池 千之助)
2016-09-12 21:24:18
原村さん、こんばんは。
わざわざコメントありがとうございます。

信州を知り尽くしていらっしゃる原村さんですから、
コメント内容も重みを感じます。

もっとも、今回、正直申し上げて、
天気が不安定の中、イチかバチかで撮りに行ったのです。
幸い、太陽も味方してくれて、黄金色が
そこそこいい色で撮ることが出来て、ラッキーだと思っています。

お貼りいただいたURL拝見させていただきました。
姨捨での情景がしっかりと見れます。
でも、これでブレがなかったら、一級品のお写真でした!
酔いと三脚無しですと、私でもブレブレになりますヨ!(笑)

姨捨 (あかない日記)
2016-09-12 22:52:24
素晴らしいですね!

2011/11 2013/08 に
ここ姨捨を訪ねとき
(当ブログに掲載)
また ”田毎の月”のときよりも
この時期は最高ですね!
あらためて見直ししております。
あかない日記様へ (池 千之助)
2016-09-12 23:42:13
こんばんは。
お忙しいところ、わざわざコメントありがとうございます。

あかない日記さんの信濃路のご旅行、
色々拝見させていただきました。
私より、あちらこちらへお出掛けで、驚いています。
それ以上に、日本津々浦々お出掛けで、
凄いと感服しております。

blogでも見させていただきましたが、
長楽寺の姨岩の上からお撮りになったご様子で……!

私も、上の写真2、3、7は、その姨岩からのものです。
高所恐怖症ですので、岩に登っても、立っておられず、
中腰か岩に座って撮っています。
カッコ良さはどこかへ忘れて来ました。(笑)

また、同じ千曲市の八幡神社(武水別神社)も、
綺麗にお撮りいただき、有難うございました。


おはようございます (かりん)
2016-09-13 08:46:07
黄金に輝く棚田の風景素晴らしいですね。
1枚目の写真から惹きつけられました。
広範囲に棚田が広がっているんですね。
撮影のためにたくさん歩かれたことでしょう。
お疲れ様でした。

素晴らしい棚田の風景、見せていただきありがとうございました。
姨捨の棚田 (おじしゃん)
2016-09-13 09:31:25
池 さん、おはようございます♪

善光寺平を望む姨捨の棚田、素敵ですね。
個の棚田は2回ほど訪ねたことがありますが、広い棚田であちらこちら歩きながら撮影したことを覚えています。
今一度訪ねてみたい棚田ですが、なかなかチャンスが無く延び延びになっています。
この時期は黄金の棚田になり良いですね。
んん~・・・訪ねたくなりました (笑)

写欲をそそぐ姨捨の棚田、楽しませていただきました。

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事