空の現実

禍福は糾える縄の如し

経営者

2018-06-22 16:46:26 | ビジネス
自分が労働者ではなく経営者になることですから、まじで経営について考えだしたところです。

まずは、読書から。「小さな会社の稼ぐ技術」

これを中古で買いました。

栢野克己、竹田陽一氏の著作です。

弱者の戦略というやつです。ランチェスター経営戦略というやつです。

それが息の長い持久戦に必要だと思っています。

大規模行政書士事務所や司法書士事務所、弁護士事務所、

大企業の宅建業者には勝てるわけがないので、

どのように差別化して勝つか。局部一騎打ちに持ち込んで勝利するか。

経営者として戦略を練る必要があるわけです。

こんなことは勉強ではなく、必要における情報収集活動です。

日本語が読めたら誰でもできますし、やったほうがいいです。


労働者で一生を運よく終えられる皆さん方には関係ないかもしれませんが・・・・

俺にとっては生活かかってますからね・・・・
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 何の為に生きているのか | トップ | 弱者の戦略 »
最近の画像もっと見る

ビジネス」カテゴリの最新記事