Japan is Cool !日本ってカッコイイ!

日本人の皆さん20世紀、世界で一番貢献したのは日本なんですよ。
そして21世紀、世界中で日本がカッコイイんです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エルビス・コステロ 新作のタイトルは、インスタント・ラーメンの生みの親にちなんで〈百福〉に【動画】

2008年06月04日 | 世界の親日家たち


ELVIS COSTELLOがバンド名義では約4年ぶりに新作、タイトルはインスタント・ラーメンの生みの親にちなんで〈百福〉に

 70年代後半から活動を続けるイギリスのベテラン・ロック・ミュージシャン、エルヴィス・コステロ。彼がジ・インポスターズを率いてのバンド名義では、約4年ぶりとなるニュー・アルバムをリリースする。
 
 アルバムのタイトルは、日清食品の創業者であり、インスタント・ラーメンの生みの親である安藤百福にちなんで『Momofuku(邦題:百福)』とされたと言われている。
コステロらしいロックンロール・アルバムに仕上がっているとのことだが、日本のファンとしては今回のタイトルのチョイスの理由についても気になるところだろう。
本作は、当初アナログ盤のみでリリースされるとアナウンスされていたが、無事CDでもリリースされる運びとなったという経緯がある。
 
 なお、本作がリリースされる6月4日には、ファースト・アルバムの『My Aim Is True』とセカンド・アルバム『This Year's Model』のデラックス・エディションの日本盤も同時発売となる。『Momofuku』の限定盤とデラックス・エディション2作は、高音質で話題のSHM-CDでのリリースとなるので、こちらも併せて注目しておきたい。 

 <!-- Elvis Costello Radio Radio Momofuku Tour -->

 

◇ ◇ ◇ ◇ 過去の関連記事 ◇ ◇ ◇ ◇

米紙、「即席めん」の故安藤百福さんをたたえる社説

 

pen 
【Pen】

figaro
【Figaro】

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 世界初!光でイチゴの病害を... | トップ | 星出さん、実験棟「きぼう」... »
最新の画像もっと見る

世界の親日家たち」カテゴリの最新記事