ゆらぎの中を、さんぽしよう…

あいだを愉しもう… 。かたちはないさ。

自己観察PRO

2019-01-10 19:28:05 | コラム

自己観察PRO始動!


2018年までご活用いただきました…
養成講座PLUS NEO は
松平道明セミナー 自己観察PROと
名称変更となりました。

ご自身の進化・発展・調和に
引き続きご活用ください。

自己観察PRO Facebookページ


私は今年で53歳となりましたが…
自己観察のナビゲートを受けつづけて
今ふと自分を振り返ると
この4年で何十年分もの変容をしました。
子供の頃よりも恐れがなくなり…
20代の頃より元気で…
30代の頃より回復が早くて…
40代の頃の社会的ブランクを取り戻し、不調和を調和しながら…
生涯気付かずに終わっただろういくつものことに気づくことができました。

幸福になろうとして動く余裕はなく、ただ前に進む気力と体力があり、予定通り場に身を置き続けました。
ほんの4年ですが、20年以上経過した感覚です。
ほぼ別人化しましたが、家族は変化がわからないようです。
大きく変化したのは、私の中の世界です。

幸福とは様々で、定義はできませんが、漠然とした共通概念があると仮定して…

幸福に代表される人間の共通意識の枠を超えた視点の世界を
臆せず観せる腹のある人は、
そう多くはいません…。
松平氏はそのひとりだと思います。

観せられる瞬間のインパクトをまれに自覚する時があり…
変容を加速させているひとつだと感じています。

どこまでも観せることができる存在に開示させていないのは
私たちの固定概念と恐れがブレーキをかけているのでしょう。

そして、自己観察をナビゲートするとは、相当なところだということだけはわかるので…
自己観察PROの場がどういう場であるかは、完全にではありませんが、少し分かります。

ひとつには
自分を観に行く場です。
義務ではないので、観たくない人はその場に行く理由を外に無理やりつくって行く必要はありません。
その場に行きたいから行く。何故だか分からないけど行こうと思ったから行く。自分の中に理由が生まれ行く。
ただそれだけ。

私は死ぬ前でよかったと思うと同時に
もっと昔に
ただそれだけ
のことをする機会を得たかったと、よく思います。

松平氏は、昔に出会っても、難しかっただろうとその度に言います。

タイミングなのかもしれません。

そのタイミングの人に情報が届くようプレスをしています。
そのタイミングは読めません。
行く前かもしれないし、行ったことがトリガーとなるかもしれません。
いつどうなるか…誰にもわからないのです。

全体像はかなり複雑です。

だけど究極にシンプルでいられる自己観察です。

2019年1月〜2月
1/18 自己観察PRO in 京都
1/24 自己観察PRO in 東京
2/8 自己観察PRO in 博多
2/19 自己観察PRO in 京都
2/23 自己観察PRO in 東京
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 何故 松平氏に触れると もの... | トップ | 2019/2/8 松平道明セミナー ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事