ゆらぎの中を、さんぽしよう…

あいだを愉しもう… 。かたちはないさ。

なぜ…嫌いな人に会え、苦手なことをしろ、というのか

2019-02-15 09:30:52 |  Oceans Thermo Therapy 海洋温熱

現在
OceansThermoTherapy
海洋温熱の研修中

技の研鑚だけでなく…
意識改革をつづけるセラピストのための講座は時間も場所も選ばず、
突然はじまったりします。
昨夜も数時間の講座がありましたので、
一夜明けての記録をシェアしたいと思います。



好きなことだけ
得意なことだけ
していけばいい…
ありのまま
自然体
ということをよく耳にする昨今…

昔の学校や
企業などの組織がかかげていた
根性論へのアンチテーゼかもしれないこの流れ…

一方…
松平氏の講座「自己観察PRO」では
嫌いな人に会いにいけ
苦手なことをあえてしてみて
ということをよく言います。

違和感は感じながらも…
ただ実行してみると、確かに自分の変化を感じます。
そのわけが少し解き明かされたのでシェアしたいと思います。

好きなこと
得意なこと
と感じているのは感情で
それは今の自分を維持しようとする無意識の反応によるものであったりします。

その感情による行動をしている以上、
自分の枠や限界を超えることが難しいということは…
なんとなく理屈でもわかります。

ありのままといっても
感情に身を任すありのままは
本来の変容していくありのままではなく現状維持機能が見せているありのままであるかもしれません。

言葉のトリックで、ものごとの本質は隠されたりしますし、何層にもなっている実態を捉えるには、あまりに視野が狭い私たちですが…

深く考えなくても、実行すれば自然に気づいたり変容したりするヒントを、自己観察PROでは伝えてくれています。

感情は現状維持機能に味方しますので、反発が起きるのは当然の現象かもしれません。

そこでどうするかで、人生の質がまったく違ってきます。

最近「自己観察PRO」でよく耳にするのが、「ロジカルに」「抽象度を高く柔軟に」。
これも一度聞いてわかるものでは、ありませんが…行動しながら意識すると徐々にリーチしていくと感じています。

ありきたりで使い古された口伝ですが
あきらめずにつづけることが身になることもあるなあと思います。

執着やこだわりはあきらめても
進化はあきらめなくていいと思います♡

軟弱化した日本人は自然体で楽になるどころか、いっこうに解消しない欲求不満を自覚しないまま、もんもんとしていることがなんと多いこと。
固まりよどむところに、ほんとの豊かさはなかなか生まれない以上…感情はしっかり出しつつも、行動までもそれによらないよう意識することも自分にとってプラスだと思う今日この頃です。

(写真は月山山頂)

OceansThermoTherapy 海洋温熱
公式ホームページ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あたしの頭がかたいのどうに... | トップ | ハイエンドコラボキャンプ@熱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Oceans Thermo Therapy 海洋温熱」カテゴリの最新記事