~ネネのチャリポタ散歩道~

運動音痴で体力もないアラフォー専業主婦ネネが、チャリポタを楽しみながら、日常・グルメ探索・街並み探索の綴り日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春の小豆島ドライブ旅 4/23~24 1日目-①

2010-05-09 00:39:48 | 行楽

GWの少し前に行ってきました。
4月23日(金)

小豆島へ初上陸

今回の旅の目的は、母の要望を叶える+美味しいもの食べる旅

3月ある日母は関西テレビ放送(よ~いドン!→いい宿ほっこり自画自賛温泉)を見て
我が家の電話が突然鳴り、私が同じテレビを見てたかの様に
小豆島に行きたいと言いだした。


いつも突然で、ホテル名も温泉名も店名も何も覚えてないらしい
始めは、妹と私と母と一緒に行く事も考えたが
妹にはいつものごとく、あっさり断られ
私と母と2人で行けるか?
フェリーと小豆島の中央部は山があり運転にちょっと自信ない私


迷惑だと思いましたが、相方さんに出張や休日出勤の代休取れる
日程を待って小豆島旅計画しました。


姫路港~小豆島の福田港へ行くフェリーへ乗り込む。


姫路発 9:45 → 福田港着 11:25 (所要時間100分)


小豆島へ無事にお昼前に到着。


上陸最初の目的地はランチを事前に予約したお店へ直行

朝早く起きて、コンビニ朝食おにぎり、パンで済ませたので
お昼は小豆島では評判のよいお店で美味しい物食べたかったので
リサーチ予約 食いしん坊の私はそのへんは抜かりなし


創作料理 野の花


予約した際に、福田港から車で40分ぐらいと聞いていて
国道より南へ下りる道がわかりにくいのですが

目印の看板=小豆島オリーブ園の信号を西へ通り過ぎ、
         登り坂の途中の左を注意していると野の花の看板があります。
         その道の坂下の奥には黒い民家が見えてきます。



お店が見えてきたら、その奥の付き辺りの空き地が駐車場でしたよ。
お庭のお花もオブジェもとても可愛いくお洒落なお店でした。



暖簾もお花のマーク

店内も落ち着いた感じで、ゆっくりお食事出来ました。
暖かい日には、ウッドなベランダで風に吹かれるのも気持ちよさそうな雰囲気です。


ではでは、予約したお弁当

巾着袋に入った3段重のおかず

写真には分かりにくいですが、一品一品に心のこもったお惣菜がギッシリ詰まっていて
お腹一杯になりました。

男性でもボリュームありますよ。
予約の際に、ボリュームがわからず、お刺身付きのセットにしました。


食べ終わった後も、すっかり居心地よくて珈琲でまったりし
離れたくないような、ゆっくり過ごせる空間でした。ここはお薦め


こういった、心遣いがステキですよね

観光のリサーチもパソコンにて準備はしてましたが
小豆島の全体の地図や詳しい地図などが、まったくなくて
距離や時間が読めなかったのですが

こちらの「野の花」さんに置いてあった観光バンフレットを
根こそぎ私は持ち帰り、その日も翌日も助かりました。



この続きは春の小豆島ドライブ旅 4/23~24 1日目-②にて
更新お待ちを・・・


いよいよ観光地へドライブへ走りますよ

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 3年ぶりに再びチューリップ | トップ | 文化祭2010 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神戸銀屋)
2010-05-14 18:35:36
小豆島は20年ぐらい前に行ったきりわ
変わってるやろなぁ
おおぐらいの私にはボリューム満点の料理は
魅力やなぁ(^^)
小豆島 (ネネ)
2010-09-07 01:02:29
秋にはフェリー代が無料になるサービスもやってるみたいですよ。
ただし、日帰りではなく、提携のホテル宿泊者に限りますけどね。

少し涼しくなってからの、紅葉なども綺麗な景色がみれてよいかもしれませんね。

コメントを投稿

行楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事