~ネネのチャリポタ散歩道~

運動音痴で体力もないアラフォー専業主婦ネネが、チャリポタを楽しみながら、日常・グルメ探索・街並み探索の綴り日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありえぬ夢ばなし -3つの喫茶店-

2007-10-18 06:08:13 | 日常

奇妙なを見てしまった
私の頭(脳)はハチャメチャだぁ


今から語るヘンテコなシチュエーションは全て私の夢の虚像です。
つっこみ所が満載
説明は不可能ですので変な夢だなぁ~と聞き流して下さんせぇ


とある小さな町の3つの喫茶店での出来事。



私が独りで喫茶店に入ったのかも定かでなく、
店内は狭く隣合わせにいた老人が骨董品とも到底思えぬ
ガラクタな置物を小さな箱に入れて
周りの骨董品好きらしき初老のお仲間に値段を決めて勧めている。
動物の地味な箸置き(微妙な猿だったりする)




灰皿には千円でお釣りがすぐ渡せる様に準備してある。
そんな安いガラクタが骨董品なのかと言われても
夢なので、その辺りが説明しずらいが
周りの雰囲気はいたって真面目なのである。



私は隣席にいたが、後ろの初老が手に取って品定めをしている。
しかし一向に売れる気配もなく
喫茶店のはずなのに寛げもせず。



そんな状況の中、喫茶店の上部に置いてあった装飾品を
若い女性が購入したいと言いだし、お店の担当者を探している。




慌てて女性店員が売物ではなく、手作り品である事を説明していた。
作者である方が偶然居合わせていたので
売らないですよねと女性店員が作者の方に確認すると
作者は、あっさり買いたい女性の言い値で手放していた。




しかし老人のガラクタはサッパリ売れず
喫茶店の中がフリマの様な不思議空間であった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

そして次に訪れた喫茶店は、浅野忠信風のマスターがいて
手作りレモンケーキや美味しい珈琲の香り漂う店内。



客の私はマスターから何故か珈琲の配達を頼まれてしまう。



小さな町の半分くらいのビルは廃墟化し錆びれていて
いつ崩れ落ちそうにもわからないデンジャラスゾーン。



配達も無事達成しましたとマスターに電話で連絡するのみで
私はその後、喫茶店には戻らなかった。




後日、坂井真紀似の友人と一緒にその喫茶店に訪れる事になった。
友人が時間がなくレモンケーキをテイクアウトしたいと
マスターにお願いしていて、私は一緒に付き添っていただけだった。



レモンケーキが入った紙袋を友人が受取り
マスターから無言で私にも大きい紙袋が手渡された。




中身はわからずお礼を言って店を出た。
どうやら以前配達したお礼の品かな?
ケーキか珈琲豆かなと思っていたが…



何と店内でも売られている自然素材の秋物洋服上下セットだった。

喫茶店なのに洋服も売っている。
今まで着たことない様なデザインで私はめっさ嬉しく喜んだ。




冷静な考えるとマスターが珈琲の配達ぐらいで
何故に洋服を貰えたのか不可思議な夢であった。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最後の喫茶店が、一番ありえない話でもある。
店内は階段状に洞窟の様な空間があり、砂地色で細長い縦長な建物。



偶然入った喫茶店が、芝居小屋の様な雰囲気で驚いた。

既に芝居が始まっていて、観客席は階段上の洞窟の窓から眺めている。




上を眺めると、洞窟の窓からテーブルでお茶して
談笑している人もいれば、お芝居に釘付けの客もいた。




どうやら舞台稽古らしいが私は訳わからず案内もされず
目の前にあった1F洞穴の狭い中から芝居を観ていた。



一番最初に熱演しているのは俳優は唐沢寿明さんだった。
先日の新ドラマ「ガリレオ」ゲスト出演されているのを
たまたま観たから登場したのか訳わからず


まさに、唐沢さんのお芝居は舞台のお顔で表情豊かで
迫力が感じられた。




狭い洞窟の中で芝居されていて、店内は声がこだましてるだけで
観客に動きや表情も伝えられない状況であった。



私がいた洞穴は舞台一部だった様で関係者でもないのに
迷い込んだ客にすぎなかった。



私の側を唐沢さんは這う様に退室していきました。








次に目の前に現われた俳優は八嶋智人さん。



先日のNHK「英語でしゃべらナイト」
マレーシアの幼児クラスで必死に身振り手振りで
会話されていた印象が
頭に残っていたのかしら?  この登場も不可解であった。




次々と名前はわからないが劇団の方が登場しては退室していった。




芝居を観終わり、何故か店内に相方(主人)も観賞していた。
芝居など観た事ない相方が興奮さめやらず状態で
芝居の公演チラシを私に渡してきた




帰宅後に芝居好きの友人に
この喫茶店での奇妙な出来事を報告し
この公演は本当にあるのかどうか私は夢見心地で確かめていた。




喫茶店以外にも小さな町中で他のシチュエーションでも夢見ている。




近所の隣人に新しいスーパーの場所を教えて貰っていたり
廃墟にある駐車場に車を停めていた。




正月の常盤貴子嬢の二の腕
以来の突拍子もない夢を見たもんだぁ




最近相方は出張続きで私は引きこもり生活をしていたから
こんな変な夢を見てしまったのか




世にも奇妙な夢物語でした。




これは全て私の夢でのフィクションですので、あしからず…
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« もうすぐ開演ヾ( @>▽< @)ノ | トップ | お気に入り(o ̄∇ ̄o)萌えキュ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごいね~。 (かえる)
2007-10-18 18:15:30
内容もさることながら、ここまではっきり覚えているネネさんがすごい!!

最近、夢を見てませんね、私。
すごいなぁ (神戸銀屋)
2007-10-24 00:23:57
カエルちゃんと一緒の感想です

よく覚えてる・・・すごいわ(^^)
夢見る夢子 (ネネ)
2007-11-04 22:45:03
かえるさんへ
☆コメント遅くなりました☆

コメントいつもありがとう

久々に見たロングランな夢だったので
起きたとたんに朝食も食べないで
携帯握り締め、夢のリアルなうちにダダダッと連打しメモリました。

夢見ない方が熟睡してる証拠だから体には良いよ
会いたい人の夢は見たいかなあはは
リアルすぎっすか? (ネネ)
2007-11-04 22:50:42
神戸銀屋さんへ
☆コメントお返事遅くなりました☆

普通の人はこんなヘンテコな夢は見ないのでしょうね・・・
夢を覚えてるという事は起きるギリギリまで夢見てるんでしょうかね???
ロングな夢だったので、携帯にメモリました。
今でも光景は写真みたいに目に浮かびますよ。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

坂井真紀さんとは? (坂井真紀)
最近話題の坂井真紀さんって大変素敵だと思います。 そんな私も坂井真紀さんの本当の魅力に気付くまでしばらく時間がかかりました。 それは、私があるブログを見ていたときでした。 坂井真紀という名前に不思議な何かを感じ、それ以来坂井真紀さんの魅力に目覚めてしま...