~ネネのチャリポタ散歩道~

運動音痴で体力もないアラフォー専業主婦ネネが、チャリポタを楽しみながら、日常・グルメ探索・街並み探索の綴り日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自然体の青年役(オーランド・ブルーム)

2005-10-24 23:15:13 | 試写会
エリザベスタウン試写会に行ってきました。
11月12日全国で公開

『ロード・オブ・ザ・リング』で人気がブレイクし
『トロイ』『キングダム・オブ・ヘヴン』等注目の
オーランド・ブルームと

『スパイダーマン』のキルスティン・ダンストが共演の
ロマンティックコメディ

監督・製作・脚本は『ザ・エージェント』や
『バニラ・スカイ』の
キャメロン・クロウ

製作にはトム・クルーズも名を連ね、
スーザン・サランドンやジェシカ・ビールなど
女優陣も華やかです。

2枚目のオーランドが観たくて期待度
ストーリー解説は他の方にお任せしますが、
鎧がなく剣を持たずアクションもない自然体の青年役を
演ずるオーランドの落ち込んだ演技も
やっぱり28歳の甘いマスクでメロメロです

相手役のキルスティン・ダンストは
「スパイダーマン」「モナリザスマイル」
の演技より今回のキュートな感じが一番等身大に
近く感じました。

自然なロードムービーを思わせるサウンドを活かした
撮影はクロウ監督の手腕かしら・・・

ストーリーの中で実父の急逝とその葬儀の
ゴタゴタを面白おかしく綴っている場面は
アメリカ人的発想ですね。

オーランドがケンタッキーの広大な草原を
ドライブするシーンが音楽もノリノリで
すごく印象的でした。

大きく逆転する展開もなく6日間の青年の
内面的な成長を記録した様な映画でした。

でもこの自然な風景や日常の溢れる出来事が
現実的でユーモラスに表現されています。

「エリザベスタウン」サウンドトラック盤
11月9日発売

音楽は監督の細君である元ハートの
ナンシー・ウィルソンが担当し、米南部の町を舞台に
したストーリーとマッチしたどこか懐かしい
カントリー&ブルース、ロック楽曲を中心に収録

エルトン・ジョンもチョイスされており
サントラ盤は手に入れたいっす

コメント (2)   トラックバック (1)