たまごがあればなんでもできる

小学生ふたりっ子と夫と自由奔放なわたしの日記です⋆.*⃝̥◌ॱ꒰*ॢ˘̴͈́꒵˘̴͈̀*ॢ꒱ॱ◌̥*⃝̣ ⋆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ローラーすべりだい(๑>◡<๑)

2017-04-29 14:31:44 | 旅行


親切に、敷きマットがある。




なんどもなんども。滑っては登り滑っては登りを繰り返す子供たち…




子どもは無料、大人は一回100円…


金とるんかい!!



夫は付き添いで上まで登って行った。



今のところ、すべり降りてくるのは子供たちだけだ。



暫くすると夫が自力で戻ってきた

そして、子供たちが最後に一回滑る時に自分も滑ると言ったので
わたしももののついでに一度滑ってみることにした。





何度目かで子供たちがもう気が済んだと言うので最後に一回滑って帰ろうという流れになり、4人で滑り台の上まで登ることにした。




高さにしてどのくらいか、、滑り台の頂上までの階段が、えらくキツく感じた。


子供たちは、よくこんなしんどい思いを何回転もしたものだ。



ゼェゼェしながらなんとか滑り台の頂上までたどり着き、貯金箱みたいなところに100円を投入、敷きパットを一つ手に取り、わたしが一番最初に滑ることになった。



『じゃあね!』





確かこんなことを叫び、ひとり出発したように思う。




ローラーすべりだいはゴロゴロうるさい音を立て、グングン加速して行った。



途中何度もバランスを崩し、カーブでは右ひじを強打。



楽しいのに
いいおとながひとりゴロゴロうるさい音を立てて滑っているだけなので、笑うに笑えない状況…




しかも、すべりだいのふもとにはベンチがあり、どこかの家族連れが座って談笑していたのが滑りながら視界に入った。






ゴロゴロゴロゴロ!



…地上に降り立ったとき、恥ずかしさでいっぱいだったのは言うまでもない。





次いで長女、次女、最後に夫の順でゴロゴロと音を立てながらすべり降りてきた。



夫に、滑りながら右ひじを強打したことを伝えると夫も同じく肘を打ったらしく
100円払って痛い思いをしたという共通項ができた。




そして思いの外スピードが出たのも同じだった。


子供たちは途中止まってしまう箇所があったりしたのに、大人はほぼノンストップで地上まで降りたのはきっと、体重が重たいからだという結論に達し、なんとも言えない気持ちになったのだった。
コメント

吾妻山公園にやって来た

2017-04-29 10:20:18 | 日記
みんなで吾妻山公園に来ています

一面ピンクの花🌸が綺麗です



遊具を見つけたので早速遊びます



ローラー滑り台に、いまからチャレンジ。


母は、登らずに

下で待機です
コメント

メガネ女子(*゚▽゚*)

2017-04-28 18:18:21 | 日記
今日は、眼科へ行ってきた。




数日前に長女が学校での眼科検診で
両目の視力0.3と診断を受け
眼科へ行くようにと通達があったため
近くの眼科で精密検査をした結果、
やはり視力が落ちていたのでメガネを作ることになった。




長女は、かなり目が悪くなっていて
それはそれでショックだった。



こうなったのも親であるわたしの責任である。



生まれてこのかた裸眼でここまできたわたしはメガネというものに疎い。
どういう手順でメガネを作るのか?



今日、その全貌が明らかになるということで予約していていた眼科へ行った。



改めて正確な検査をし、しばらく仮のレンズをつけて視力が安定するまで待ち、診断してもらう。

初めは、”低め”のレンズでメガネ生活をし、慣れて来たらまた測って徐々に上げていくのが基本らしい。

そして無事に処方箋を出してもらうことになった。

どうやらその処方箋を持ってメガネ屋さんに行けばいいらしい。



メガネ屋さんに着くといくつかあるキッズメガネの中から長女は水色のメガネが気に入ったようで、それに決めた。




メガネをかけて鏡で合わせて見る姿は、
意外としっくりきていた。



本人も、何故か嬉しそうだった。



処方箋を見たお店の人は、レンズの説明や取り扱いなどいろいろと説明してくれたがなかなかちんぷんかんぷんだった。



長女のレンズは取り寄せになるらしく今日持ち帰るつもりでいた我々は少しガッカリし、次女はさかんにメガネケースはどんなのにするのかを気にしていた。





届き次第連絡をもらうことになり、メガネ屋さんをあとにした我々はいま食事に来ている。

次女はメニューの写真ではうどんに付いている旗があかちゃんマンなのに実際に付いていたのはアンパンマンだったと嘆き




長女は大好きなコーンポタージュを美味しそうに飲んでいる。



長女がメガネデビューすることについて
初めはショックだったけれど
”メガネを作る”という、わたしが知らないことを
子どもを通して経験させて貰ったと思えば
いまはそれで良かったのだと思える。





来週辺り、長女がメガネデビューした様子をお届けする予定だ。
コメント

家庭訪問

2017-04-24 14:55:39 | 日記
今日は家庭訪問日だった。


子供たちもしばらく4時間授業なので下校も早い。



うちはトップバッターで
長女と次女の担任の先生はわずか15分の時間差で家庭訪問のタイムスケジュールが組まれていた。




下校時刻から家庭訪問の時間まで30分程度だったため、もしかしたら子供たちは先生と一緒にうちに帰ってくるかもしれない…と、下校時刻を20分過ぎたあたりに思い始め

やっぱり、先生と一緒にうちに帰ってきた。


長女もほぼ同時に先生と帰ってきた。





最近の家庭訪問は専ら玄関先で
時間もせいぜい5分ほど。


家に上がるパターンはもうないらしい。



その日のいちばん最後に回るご家庭の場合、少しくらいは上がるかもしれないけれど


トップバッターの場合、まずそれはないので先生の簡単な挨拶、学校での様子や困ったことなどがないかなどの確認だった。






先生から自宅での様子や、心配なことの有無を確認されたが
これといってなかったので、一年間よろしくお願いします、というようなことで締めくくられた。



そして次すぐに長女の担任の先生と話し
それも割とすぐに終わった。



長女は担任の先生が好きなようだった。

次女は、担任の先生も好きだけど
一年生の時の担任の先生も気になるようで


『あのねママ、校庭に並んでるときにね、今日一年生の時の担任の先生がいたからずっと見てたら先生と目が合ってね、手を振ってくれたんだよ』



次女の一年生の時の担任の先生は余程印象が強かったのだろう、いまの先生よりも話題にのぼる。




クラスも学年も違ういまもこうして1日一回は必ず一年生の時の担任の先生の話しをするところがそれを物語っているのだ。



家庭訪問が早く終わった我々はアイスを食べに行き、ひとまず安堵しているところである。




コメント

片付けられない女たち〜Part 1〜

2017-04-19 16:34:41 | 日記
今日、学校から帰った子供たちがまずわたしに言った言葉が



”ママ、今日ほとんどみんな半袖だったよ!”




心配性のわたしは、あさ家を出るときはまだ肌寒かろうと思い、子供たちには薄手のカットソーを着せている。



風が強ければ、それも良いけど
常に動き回る小学生の子供たちにとっては、半袖でちょうどいいらしい。




家に帰るや否や、半袖がどーのこーの言うので、早速タンスの中を整理することになった。



普段、”ものを出したら出しっぱなし”

我が家の通称【片付けられない女たち】も
この時ばかりは素早く整理していた。



この調子で自分の引き出しや、おもちゃなど順調に整理していただきたい。



そのときは【片付けられない女たちシリーズ】第2弾をお届けする予定だ。
コメント