眠りisビタミン2

柳井市の快眠請負人こうたろうです。
当ブログでは眠りのお話や趣味のことなど綴って参ります。

綿わたの打ち直し

2018年05月18日 | おふとんのメンテナン...
昨日は綿わたの打ち直しのご依頼が多い一日でした。


全部敷ふとんへの加工です。
最近は掛ふとんは羽毛をお使いの方がほとんど。
綿わたの掛ふとんは重いので敬遠されます。

敷ふとんは主に自家用ではなくお客様用とされます。
「お盆かでにできれば いいわ。」

お盆のお客様用に今からご準備されます。

と言っても早すぎませんよ。
和ふとんを手作りで作られる職人さんが激減。
納期もかなり頂戴しなければお受けできないのです。

綿わたの打ち直しの注意点
○訪問業者は要注意
 ・出来上がってお値段がベラボーです。
 ・1枚10万円取られた例もお聞きしております。
○1枚で2枚できるのはうそです。
 ・目減りするので1枚作るのに1,3枚くらいの綿量が必要になります。
○あまり古い綿は打ち直してもすぐペチャンコになります。
 ・打ち直しは2回すると回復が難しいです。
 ・綿の繊維が打ち直すごとに短くなっていくのです。
 ・最初から黒い綿は捨てたほうがいいです。
○サイクルがあります。
 ・掛ふとん→敷ふとんにするとふっくらと仕上がりやすいです。
 ・敷ふとん→座布団  
○早めに出しましょう
 ・全国的に和ふとんを手作りできる人が少なくなってきています。
  


山口県柳井市の快眠請負人にお任せください。

では又・・・。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小水無瀬島 | トップ | 花壇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おふとんのメンテナン...」カテゴリの最新記事