眠りisビタミン2

柳井市の快眠請負人こうたろうです。
当ブログでは眠りのお話や趣味のことなど綴って参ります。

羽毛ふとんのしまい方

2018年05月17日 | 寝具

冬に使った羽毛布団、どのように収納していますか?
圧縮袋に入れて収納している方がいらっしゃいますが、
実はそれ、正しい収納方法ではありません。

湿気は大敵!

羽毛布団をしまう時のポイントは、通気性を保つことです。
布団は湿気を嫌います。
押入れの上の段にしまいましょう。
下の段は湿気が多いですからね。

まずは、羽毛布団を干しましょう。

天気の良い日の日中(10時から15時くらい)に、
片面1時間程度を目安に干すと良いでしょう。

紫外線による側生地の劣化を防ぐため、
カバーをかけたまま干すことをおすすめしています。

布団が十分に乾いたら、
お手持ちのシーツなどに包んで収納してください。

お求めになった際に羽毛布団が入っていた「羽毛バッグ」に入れて収納するのも便利です。
その場合は、羽毛布団を収納した後、バッグのファスナーを少し開けて保管するようにしてください。

通気性にこだわって不織布や布を使用している専用バッグですが、
ファスナーを少し開けておくことでさらに通気性が確保されます。
ビニールが付いている場合はビニール面を上側にしないでください。
湿気が逃げにくくなりますからね。

たたみ方は
・シングルの場合
横(短い150cm幅)を三つにおり
縦(長い210cm丈)を三つにおります。
・ダブルの場合
横(短い190cm幅)を4つにおり
縦は三つにあります。


次のシーズンにもふんわりとした弾力を楽しめるように
ちょっとした配慮をいたしましょう。


では又・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 古い教科書 | トップ | 小水無瀬島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寝具」カテゴリの最新記事