nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年11月26日 摂津・勝尾寺(白島~谷山尾根~勝尾寺)

2017-11-26 23:59:59 | 

行った人:単独

友達に会いに行くカオリを茨木駅で下ろし箕面に向かう。箕面は僕が学生時代を過ごした土地。なんだか懐かしい。学生時代には田圃しかなかった萱島の巨大ショッピングモールの駐車場に車を止めて北に向かって歩き始める。白島東交差点の信号を渡ると川沿いに細い路地が伸びており、橋を渡って池のほとりを歩いていく。やがて小さな神社が見えてくるがこれが白姫神社だった。

登山道はこの神社の境内を通り奥へと伸びている。登山道は分岐が多く入り組んでいるが、ところどころに標識が立っているのでこれを見落とさなければ道に迷うことはないだろう。

のんびり歩いていると、突然前からマウンテンバイクが飛び出してきたのでびっくりした。この後もなんどかマウンテンバイクに遭遇。安心して歩けないのがちょっと残念である。古い標石のある四つ辻からわかりにくい細道を少し登ると勝尾寺南山の山頂に到着した。

  

そこから北東方向に降りる道があるので降りていくがだんだん道がわかりにくくなってくる。大丈夫かいなと思ったら突然広い道に出た。が、これは東西方向に伸びる道なので、少し東向きに歩くと四つ辻に出たので北向きに進んだ。しらみ地蔵という大きな石仏を見送り、少し登ると外院から伸びている道と合流。

ここからは道がきれいに整備されていていかにも参道という雰囲気になる。道端には100mほどの間隔を置いて町石も立っている。

やがて石段の下りとなり、降り切ったところにアスファルトの道路が横切り、その向こうが勝尾寺だった。

拝観料を払って勝尾寺を参拝。驚いたのは周りは外国人だらけだったことだ。参拝者の3分の2くらいは外国人のような気がする。境内は見ごろの紅葉がきれいだったが、建物は真新しくちょっと俗っぽくて「お寺」というより「宗教施設」と言ったほうがぴったりくる感じの雰囲気だった。

 

勝尾寺を出てまた参道を登り、今度は才ヶ原方面に向かう。谷山谷林道終点で木橋を渡って荒地の横を通ると才ヶ原池に出てきた。

 

ここはマミズクラゲが見られるそうだが、目を凝らしてもそれらしきものは見つけられなかった。池を回り込んで三ツ石を見送り、左に折れて南下。

二十二曲がりを下って堰堤を二つ降りると医王岩の前に出てくる。大きな一枚岩で地元の信仰の対象となっているらしい。

さらに下ると大宮寺の前に出て町中に出てくる。道路を渡ろうとすると「如意谷」の交差点が目に入った。このあたりは学生時代の下宿があったところ。懐かしさが胸にこみあげてくるのを抑えきれず少し遠回りして徘徊してから車に戻った。

 <コースタイム>

10:15 白島東交差点 ~ 10:22 白姫神社 ~ 11:07 勝尾寺南山 ~ 11:40 勝尾寺 ~ 13:28 才ヶ原池 ~ 14:03 医王岩 ~ 14:08 大宮寺

コメント