nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年10月8日 台高・大又川・西ノ谷

2017-10-08 23:59:59 | 

行った人:ikkoさん、S野さん、M野さん、僕

西谷林道は荒れているし駐車スペースが少ないということで、S野さんと僕の車2台に分乗して下北山スポーツ公園を出発。林道を10分ほど走ると見覚えのあるゲート前に到着した。準備をしてゲート前からすぐ下の沢に降りた。堰堤を越えるとしばらく伏流となり、そのうちにまた水が出てくる。そして小さな滝がポツポツと現れてくるがどれも簡単に越えていく。

斜瀑を簡単に巻いて越えると、大きな釜を持った8Mの滝が登場。ここは前回M内さんが泳いで渡って、直登できるというので水流の左側を登ったところだ。

今回は泳ぎの達者な人はいないし、水流も多めで取りつくのも難しそう。。とういことであっさりと左岸から簡単に巻き越えた。さらに進むと暗い廊下の奥に流木のかかった小さな滝が出てくる。

ここは泳がないとどうしようもないので泳いで渡り、ロープで他の人を引っ張ったが、M野さんはロープを使わなかったのでもしかしたら泳ぎが得意なのかも。。

この後また大きな釜をもった滝が現れる。

ここは水流左側の狭いバンドを伝って登るのだが、取りつき部分が立っていてちょっと登りづらい。残置のハーケンがあったのでここにアブミをかけ、後続のM野さんにアブミの使い方を簡単に説明してから登り、途中でさらに1枚ハーケンを打ってロープをFIXする。登っていいと合図してもなかなか登ってこないのでどうしたのかなと見ているとM野さんが空荷で登ってザックを荷揚げしていた。やはりアブミに少し手こづったようだった。

ここを越えると45M滝が登場する。

ここはロープを出しながら右岸から巻いた。そして蛇の目滝が現れる。

 

ここは中段のリッジを登って右岸の樹林帯を登っていくとよいそうだが、S野さんが調べたところでは近くを巻こうと思っても必ず詰まるので少し戻ってルンゼから登るのが確実らしい。とりあえずリッジの様子が見えるところまで行ってみることにして登ってみるが、水量が多めでリッジに取りつくのがちょっといやらしそう。上から回り込んだらいけるかもしれないと思い、左岸の急な樹林をモンキークライミングし始めるが、リッジからどんどん遠ざかってしまう。この樹林帯をそのまま登ったら巻けるかもしれないと思ったのが間違いだった。しばらくはモンキークライムで登っていけたが、岩壁がでてきて詰まってしまう。S野さんが調べた必ず詰まるというのはこのことか。結局30mロープ2本をつないで懸垂下降2回で沢に降りた。

休憩した後少し戻って右岸のルンゼを登ると石垣のある古い仕事道が出てきた。この時点で2時前になっていたので今回はこれで終了とした。もう少し登ると林道に出てそのままデポ地点まで戻った。

<コースタイム>

7:40 西谷林道ゲート前 ~ 9:20 45M滝前 ~ 11:10 蛇の目滝前 ~ 12:45 蛇の目滝前 ~ 14:00 林道にあがる ~ 14:50 ゲート前

 

コメント (3)