nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年8月19日~20日 南紀・大塔川・黒蔵谷

2017-08-20 23:59:59 | 

行った人:M内さん、僕

ほぼ10年ぶりの黒蔵谷。前回よりも楽しみながら遡行できたように思う。

大渋滞に巻き込まれたり、国道168号線の時間通行止めにひっかかったりで、前泊地の道の駅ほんぐうに到着したのは深夜1時半頃だった。翌朝6時半に道の駅を出発。大塔川沿いの林道に入って荒れた道を進む。落石が多く、パンクしないかとヒヤヒヤした。と、突然前を走っていたM内さんが車をとめてしきりに前を見つめている。両手を上にあげて怪物のような恰好をするので熊が出たのかと思ったら、やせこけた猪がトコトコと走っていた。僕の車は大杉谷林道のゲート前にデポし、M内さんの車で引き返して笹ノ瀬川国有林の看板のところに止めた。この車のデポ・回送だけで1時間20分くらい使ってしまったが、帰りの林道歩きを半減できるのでぜひともやっておきたい。前回はこれをしなかったので16キロ以上の林道を4時間かけて歩いたのだった。早速急な斜面を慎重に降りて大塔川に降り立つ。すぐに鮎返しの滝が現れる。

巻いて行こうかと思ったらM内さんが泳いで取りついて左側が登れそうと言う。ここは僕がトップでハーケン2本打って登ったが、上のほうは意外と厳しくて時間がかかってしまった。大岩に長いスリングをかけて支点をとってM内さんをセカンドビレイ。2本目のハーケンは深く刺さってなかなか抜けず、10分くらいトライしていたが埒が明かないので先に登ってもらい、後で僕が回収した。結局この滝の登攀に1時間かかってしまい、今回は途中で林道に上がることになるかなとうっすら予想した。この後淵が連続して泳ぎの連続となる。

    

ウェットスーツを着ているし天気もいいのでそれほど苦にならず楽しく突破。出谷、高山谷の出合も順調に過ぎた。前回は15時に高山谷出合に到着してここで泊まったのだが、このペースだともっと奥まで行けそうだ。これなら今回も途中で遡行切り上げをせずに済むだろう。この後また廊下となり、泳ぎの連続となる。そして広い釜を持った6M滝が現れる。

M内さんが泳いで取りついて登ろうとするがけっこう難しそう。上のほうには残置のハーケンがあるので登れそうだというので僕も行ってみるが、まず流れが速くて取りつきポイントまでたどり着くのが大変だった。そしてアンダーガバと水中のスタンスを利用して体を持ち上げようとするのだが、腕がパンパンでどうしても上げられなかった。再度M内さんがトライしてなんとか体を持ち上げたが、その上に登るのは難儀している様子。その間に僕は左側を巻いて登って上からロープを垂らしてM内さんに登ってもらった。このあとしばらくは河原や小滝の穏やかな渓相となる。

またゴーロ帯が始まり、10Mほどの滝が現れる。ここは左側から登ろうとするが、なぜか足が出ずM内さんにバトンタッチ。M内さんもしばらくトライしていたが結局諦めて右岸から巻いた。

そしてすぐに30Mの大滝が現れる。ここは前回は右岸から巻いたのだが、今回は左岸から巻いた。しかしかなりの大巻きとなり、どちらの巻きのほうがいいかは微妙なところである。

  

この後もゴルジュが続き、2条2M滝が現れる。

手前の淵を泳いで右側の急なバンドを登るが、落ち口に降りるのが微妙に距離があって飛び降りれない。落ち口の大岩にうまく着地できたらいいが、ちょっとでもバランスを崩すと滝に落ちてしまいそうなのだ。まずはザックを先に下ろそうと思って下に放り投げたら流されて滝の下に落ちてしまった。ここでM内さんにバトンタッチするが、M内さんも詰まってしまう。ここはいったん淵を泳ぎ戻り、淵の右側にある岩の裂け目のようなところを登ったが、上のほうでザックが岩の隙間にひっかかってかなり難渋した。なんとか登ってさっきのバンド上で詰まっているM内さんにロープを垂らして懸垂で降りてもらい、僕も後に続いた。そろそろテン場を探したいところだが、8Mの斜瀑が現れ、M内さんが右側から落ち口へのトラバースを試みるが厳しそう。

ここはロープを出して僕がトップで右側を登るが、木がみんな腐っていてちょっと怖かった。狭い微妙なスタンスをなんとか見つけて支点をとりM内さんに登ってもらうが、途中手をかけた木が根こそぎ抜けて落ちていった。懸垂で落ち口に降りてようやく難所を抜ける。このあと地形図で見当をつけていたなるそうな地点に着いたが、川幅一杯に水が流れていてテン場にはできず、さらに進んで右岸に石垣が出てくる手前に平地を見つけてテン場とした。

翌朝テン場を出発してゴルジュを突破。

そのあとは難所もなく泳ぎもなくCo540の二又に到着。右に入ると野竹法師に詰めあがるが、僕らは左のお手軽林道コースへ。入る前にウェットを脱いでズボンに履き替えたが、泳ぎがなかったので最初からズボンでもよかった。すぐに水が切れて静かな谷を登っていくと大きな堰堤が見えてきた。と、その端にヘルメットをかぶりうずくまっている人の姿が見える。。M内さんに言うと、怖いから僕一人で見てきてくれというので近づいてみると、ビニールシートが人の形に見えただけだった。ここからさらに右の枝谷に入り、前方に樋状のものというか、樋が見えてくる。これはトユ状滝やなくてトユそのものやなと言いながらその脇から林道に這い上がった。

ここからは長い林道をだらだら歩いてデポした車に戻ったが、前回よりもよほど楽に感じた。車で入渓地点まで戻るときに猪の死骸を発見。前の日に見かけたあのやせこけた猪だろうか。。帰る前にわたらせ温泉に入り、168号線沿いの「黎明」で中華料理を食べようと思ったが、運悪く閉店していた。

<コースタイム>

1日目:8:30 駐車地 ~ 12:00 6M滝 ~ 14:15 10M滝 ~ 15:00 30M滝 ~ 17:45 テン場

2日目:7:30 テン場 ~ 8:40 Co540二又 ~ 9:20 林道 ~ 11:25 大杉谷林道出合

コメント (5)

2017年8月11日 生野銀山

2017-08-11 23:59:59 | Weblog

前から気になっていた生野銀山に行ってみた。自宅からは1時間半ほどで到着。なぜかハヤシライスが名物らしいのでレストランで食べてみたが、普通のハヤシライスだった。そのあと入場券を買って施設を見学。

資料館ではフランス人の古い写真がいっぱい並んでいた。明治時代にフランスから技術者を呼んで高給で雇っていたらしい。江戸時代の採掘の様子を断面図で示した展示はさながら蟻の巣の観察用ガラスケースのようだった。そのあと間歩(まぶ)と呼ばれる採掘用のトンネルを見学。中に入ると半袖だと寒いくらいに涼しかった。

そこここにマネキン人形で採掘の様子を示した展示があるが、みんなアパレル系のマネキンに作業服や昔の着物を着た姿でなんともミスマッチな感じである。

 

狭いトンネルを順路に従ってあるいていくと突然広い空間にでて巨大な巻揚機の設備が現れる。これで地下800mまで潜って採掘していたというので驚いた。

間歩を出てから今度は階段を上って露天掘りで採掘した跡を見に行った。帯状に伸びた鉱床を採掘した跡が道の両側にルンゼのような地形で残っている。

暑いので早々に退散。帰りに前から気になっていたパン屋さんに立ち寄る。国道312号線から古民家の屋根にパン工房と書かれているのが見える店である。ちょっと高めだったが、食パン1斤購入。カフェもあるので今度来たらコーヒーを飲んでみたい。

 

コメント

2017年8月6日 大峰・葛川本流

2017-08-06 23:59:59 | 

行った人:M内兄弟、僕

前夜、国道168号線を飛ばして道の駅ほんぐうに到着すると、翌日別の沢に入るT崎さんK谷さんとオーストリア出身のHさんが宴会の最中だった。宴に混ぜてもらってK谷さんの料理をごちそうになる。Hさんは英語は喋れるが日本語はほとんど喋れない。いろんな山に行っているHさんの話を聞いてみたかったが、僕のショボショボの英語力では質問するのもなかなか厳しいのだった。そのうちM内兄弟やM川夫妻、Y中さんも到着してにぎやかになる。みんないろんな食べ物を用意してくれて、M内さんは七輪で焼き肉まで始めたが、僕はいつも枝豆だけである。夜も更けてきたところで切り上げて車の窓にネットをつけて就寝。深夜、雨音で目が覚める。ネットを通して雨が吹き込んでくるのでやむなく窓を閉めた。M内さんはこの雨の中、マットレスに水たまりができるまで外で寝ていたらしい。

翌朝T崎さんチームに別れを告げて一路葛川へ。国道169号線から21世紀の森へ降りる道へ入り、途中で下葛川集落に行く道に入って葛川にかかる橋の袂に車をデポ。引き返して東野トンネル西口付近に戻ってここから懸垂下降で沢に降りた。

降りたところからいきなり淵が伸びているので早速エア式のライジャケを装着。水はなんか濁っていて匂いもする。渦を巻いているところには巨大な泡柱が立っている。この沢の水はあまり飲みたくない気がした。沢はひたすら泳ぎだった。

 

一か所特に長い淵があって、途中に側壁が大きくえぐれて洞窟のようになっているところがあった。

その先に小さな滝があるが、水流が早くM内兄弟が取り付こうとしたがダメだった。僕も手招きされたが、寒さで近くに行くこともできなかった。

ここは引き返して大巻きする。

 

大渡の橋をくぐってしばらく行くと一の滝。

ここは滝の左を登り、ナメの後二の滝。

 

ここは踏み跡をたどって左岸を巻いたが一か所細いバンドをトラバースするところがあり慎重に歩く。M内さんがロープをくれというのでロープを投げたらこちら側の末端も一緒に飛んで行ってしまう。ここはM内さん(弟)がお兄さんをビレイした。

この後はだらだらと歩いて橋が見えてきて下葛川のデポ地に到着。

温泉はM内さんがおくとろ温泉に行ったことがないというので僕が道案内。だが入ってみると背中にデザインがある人が一人。。そして大学生の団体さんがどっと入ってきて洗い場が瞬く間にふさがってしまう。なぜかMさん兄弟と一緒に温泉に行くと不運が重なるのだった。入浴後、道の駅のデイリーヤマザキで飲み物を購入。レジのAさんはカオリがいつもお世話になっているのでちょっと挨拶すると、こんなところに知り合いがいるのかとM内兄弟は驚いているのがおかしかった。

<コースタイム>

7:40 東野トンネル西口 ~ 12:20 大渡 ~ 15:30 下葛川

コメント (2)