nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年1月27日 『アイム・ソー・エキサイテッド!』など

2014-01-27 23:32:05 | 映画

今日は僕の誕生日。カオリはこの日のために休暇をとってくれたので、僕も都合をつけて休暇をとった。カオリは昨日十津川村のマラソン大会に参加したあとに帰ってきてくれた。で、誕生日当日の今日は奈良方面でスキーにでも行こうかと思っていたが、雪がなさそうなので三宮へ映画を見にいった。見たのは『アイム・ソー・エキサイテッド!』スペインのペドロ・アルモドバル監督の映画である。この監督の映画は『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥー・ハー』を見たことがあって、見ごたえのある映画だったので期待していたのだが。。おねえキャラの客室乗務員とバイセクの機長、怪しげなハイミスで処女の占い師、汚職にまみれてメキシコに逃亡中の実業家、愛人が精神を病んでしまった元俳優、かつてのポルノ女優とその命をねらう暗殺者、違法薬物の運び屋のカップルなどといった怪しさいっぱいの乗客が乗った飛行機がトラブル発生して機内がハチャメチャな混乱になるというコメディなのだが、メインになるエピソードが何なのかさっぱりわからず、ジョークはどれもどぎつくて笑えず、ちょっとがっかりな作品だった。

映画を見たあと三宮の地下街で昼食をとり、そのあとZARAでカオリがシャツを買ってくれた。カオリを大淀まで送る途中でかもきみの湯で温泉につかり、「仁」で夕食をとって別れた。

スキーはできなかったが、のんびりした休日を過ごすことができた。僕の誕生日のために帰ってきてくれたカオリに感謝!

 

コメント

2014年1月19日 湖南・金勝山地

2014-01-23 21:31:10 | 

O西さんから山行のお誘いをいただいたので連絡してみると「キンカツヤマ」に行きましょうというお話し。ぜんぜん知らないところなので早速ネットで調べてみると滋賀の南部にある低山だが景色はいいらしい。一応雪山の装備を準備して土曜夜にO西宅に迎えにいくと、今日は泊まって明日朝に行くとのこと。O西さん宅でビールやらお酒をご馳走になっていると、お子さんと奥さんが帰宅。以前になんどかお目にかかっているが、奥さんは僕のことをなかなか思い出せないらしく、O西さんは「ほら、あのシャツインの人」などと言って記憶を掘り起こそうとしているが、奥さんが思い出せたのかどうかは最後までわからなかった。O西さんは録画しておいた「ナルト」を2本立て続けに見ていたが、僕は2本目の途中で寝てしまった。

翌朝6時に起きて朝食をいただき出発。車にはうっすらと雪がかぶっていた。車はO西さんが出すことになり、僕の車を玄関先に入れるが、右側をぎりぎりまで詰めないと左脇にとめている自転車が出せないという。なんどか入れ直すがもっと寄せろというので結局O西さんに運転を代わってもらった。O西さんの車に荷物を積んで出発。草津田上ICで下車し、20分ほどで桐生若人の広場駐車場に到着。

ここは無料でとめられたが、4月~11月は有料らしい。10cmほどの積雪があるので最初からアイゼンをつける。ピッケルがいるかどうかO西さんに訊くと、持っていったらよろしいというので一応持っていく。

林道から登山道に入る。木の枝に積もった雪が体にかかるのでフードをかぶらないと首筋に雪が入ってくる。途中落ヶ滝方面に立ち寄る。

水量は少なかったが滝が雪に映えてきれいだった。

   

尾根筋に出て南下して天狗岩という標識のあるところで小休止。

 

岩に登ってみると三上山が見えた。さらに歩いて耳岩から水晶谷線を降りる。

新名神の下をくぐってしばらく歩くと、逆さ観音という標識があったので、そのそばの東屋で昼食をとった。

その後のんびりと歩いて駐車場に戻った。ピッケルは最後まで使わなかった。

 

コメント (2)

2014年1月11日~13日 四阿山・根子岳 (その2)

2014-01-18 15:23:49 | スキー

朝食を済ませて車に荷物を積みにいくと、車がすっぽり雪に覆われていた。前夜にかなり雪が降ったようだ。宿の支払いを済ませて出発。といっても行き先はすぐそこの奥ダボススキー場。この日の目的地は根子岳である。リフトの1回券を買ってリフト頂上まで登った。ここからはカオリはスノーシュー、僕はテレマークで登る。先行者もいたのでトレースはしっかりしていた。避難小屋を覘いてさらに登る。最後は樹林帯を急登して山頂に到着。ガスが多くて展望はあまりよくなかった。スキーのシールをはずしていざ滑降。前夜降った雪でふかふかのパウダーを滑るのは気持ちよかった。カオリはときどきヒップそりをしていたが、傾斜が緩いのであまり滑らないようだ。リフトは下山には使えないのでカオリはそのままゲレンデを歩いて降り、僕は滑って下まで降りた。帰りは渋沢温泉に寄る。

           

なぜか途中から写真が真っ青になっている。。。。

コメント

2014年1月11日~13日 四阿山・根子岳 (その1)

2014-01-18 13:39:41 | スキー

行った人:カオリ(スノーシュー)、僕(テレマーク)

この連休は北アルプス・蝶ヶ岳に登る予定だったが、朝起ききることができず、急遽別プランを検討。僕の案はすべてカオリに却下され、四阿山・根子岳に行くことになった。急いで荷物を日帰り装備に詰め替えて出発。道路は空いていた。途中、高速道路でカオリに運転を代わってもらったりしながら上田菅平ICで下車。

コンビニで行動食と夕食を買い込んで菅平へ向かった。菅平口からは道路に雪が付いていて緊張する。ナビに導かれて無事アウトドアロッジ自然回帰線に到着。ここは以前カオリが一人で訪れたことがある場所で食事がいいらしい。ただしこの日は到着が何時になるかわからなかったので持参したコンビニ弁当で夕食を済ませた。翌朝オーブンで焼いたオムレツ(プディング?)が付いたおいしい朝食を食べて宿を出る。この日は四阿山に登る。あずまや高原ホテルの駐車場に着いてみると、登山者用のスペースはすでに満杯。少し戻った道路際のスペースに車をとめて出発した。

カオリはスノーシュー、僕はテレマークである。樹林帯を抜けて牧場に出ると景色が開ける。

登るにつれて右手に浅間山が見えてきた。

トレースがしっかりしているのでラッセルはせずに済んだ。岩が露出してる箇所があったので一度スキーをはずし、少し登ってまたスキー登高を続ける。

    

ようやく山頂が見えてきたが、時刻は1時を回っていたのでカオリに引き返そうかと言ったが、あと少しで到着するというのでそのまま続行。最後は痩せ尾根を伝ってあるいて山頂に到着した。

  

しばしの休憩後、下山にかかる。痩せ尾根を過ぎたところでスキーのシールをはずして滑降。

  

カオリはところどころヒップそりをしながら下山しているのでなるべく離れすぎないように注意しながら滑った。4時過ぎに駐車地に戻って急いで宿に戻る。夕食は名物の豚肉のシチューが出た。これは絶品だった。

 

 

コメント (2)

2014年1月5日 台高・檜塚奥峰

2014-01-16 22:04:32 | 

行った人:カオリ、僕

前夜は大宇陀のあたりでカオリに運転を代わってもらい、波瀬のとある駐車場で車中泊。ポロの荷台は狭く、足を伸ばして寝ることはできなかった。朝になって木屋谷川沿いの林道へ向かうが、途中の発電所のような施設で大勢の人が登山準備をしているのを見かける。林道は雪をかぶっているがなんとか走っていたが、そのうち凍結しているところにくると車がまったく前に進まなくなってしまった。仕方なくショベルで土を撒いてなんとか車を道路脇の駐車スペースに寄せてタイヤにチェーンを巻いていると、後ろからSUVが何台もやってきて脇を通り過ぎていく。どうやらさっきみかけた登山者をのせた車らしい。それにしても大勢の人だ。チェーンを巻き終わって車を走らせたが、ゲート前の駐車場まではほんの200Mほどの距離だった。駐車場にはすでに車は満杯だったが、先着の登山者の方がゲート前の駐車スペースにとめるように合図をしてくれた。「我々はすぐに引き上げるので」とおっしゃるのでどういうことかと思ったら、前日に檜塚に登って帰ってこなかった人がいたので、同じ山岳会の方が捜索にきたが、朝になって無事自力で下山してきたとのことだ。道理で人数が多かったわけだ。それにしても雪山でビバークしたのはさぞかし寒かっただろう。後から聞いた話では、下山できなくなったのは明神平まで行こうとしたら天候が悪くなってホワイトアウトしたためらしい。無事に下山できてよかったと思った。

捜索に来た方の車が何台か去っていったので僕の車を空いたところにとめ直していざ出発。捜索にきた山岳会の方も何名か登るらしい。最初は林道歩き。

途中から雪が付いている。マナコ谷の登山口からは急登。植林帯をジグを切って登っていく。

トレースははっきりしていて分かりやすい。やがて樹林を抜けて見晴らしのいいところに出てくる。

先行していた3人組のパーティの方は、「今日は残念ながら風がない」とおっしゃっている。なんでもここはいつも風が強いことで有名で、今日はそれを体験しに来たのだとか。そのかわりに青く晴れた空に真っ白は樹氷が美しく映えてきれいだった。

 

尾根を登って主稜出合に出て、僕らはそのまま檜塚奥峰に向かう。

      

頂上からは景色がよく見えた。少し戻って風の弱いところで昼食をとり、下山にかかる。カオリのヒップそりはあまり出番がなかった。

帰りにたかすみ温泉で汗を流した。

 

コメント (1)

12月28日~31日 南アルプス・畑薙湖~茶臼小屋往復 その2

2014-01-10 21:44:52 | 

翌日は7時に出発したかったがなんだかんだで7時半に出発。

天気は快晴。いきなりの急登である。樹林帯をひたすら登るが展望の利く場所は少ない。

倒木ベンチというのがあったがベンチは雪の下に埋もれていた。

 

さらにせっせと登ってふと振り返ると富士山が見えた。

ようやく茶臼小屋が見えるところにきたが、小屋へ行くには尾根沿いに大きく迂回して斜面をトラバースしないといけない。

このあたりから急に天気がわるくなり、小屋に着く頃にはすっかり雪が降り出していた。

とりあえず小屋で昼食をとる。そのうち先に茶臼岳に登っていたパーティが小屋に降りてきた。この人たちは横窪小屋に荷物をデポしているのでこのまま降りるとのこと。僕らは小屋に泊まりの荷物を置いていざ茶臼岳へ。風も強くなって寒い。ワカンを履いて小屋裏から登り始めるが、ほんの50Mほど登ったところでゆかりちゃんが手が痛いので引き返すと言う。

カオリと二人で登ることも考えたが、風はひどくなるばかりなので僕らも引き返すことにした。

小屋で一息ついていると下から登ってきたパーティが入ってきた。そのあとさらにもう1パーティ。僕らはすることもないので早めの夕食をとる。寒いので室内にテントを張って就寝。この夜は金縛りにあわなかった。

最終日は4時半に起床して7時前に出発。

まだ風は治まっていなかった。トレースが残っているかどうか心配だったが、昨日歩いたところにくぼみが残っていた。少し降りると風が治まってくる。下りはやはり早い。うきうきした気分で歩いていると後ろでカオリが悲鳴を上げた。振り返ると前から顔を雪につっこんでこけていた。

横窪小屋を過ぎてさらにどんどん下る。

 

雪が切れてきたのでアイゼンをはずしたが、ウソッコ沢でカオリとゆかりちゃんは再度アイゼンをつけた。確かにこのあとの凍結した斜面のトラバースはアイゼンをつけたほうがよかった。さてヤレヤレ峠の手前のトラバースゾーンまでくるとゆかりちゃんが怖がってぜんぜん進まなくなってしまう。僕は業を煮やしてゆかりちゃんを無理やり引っ張って歩かせ、ついオガってしまう。

ヤレヤレ峠からは激下りして最後の難関は畑薙大吊橋。慣れたのか、往路よりも怖くはなかった。

最後は長い林道歩き。

帰りに温泉に寄りたかったが、白樺荘は火曜日が定休日。他の温泉も年末休業しているところが多く、カオリにスマホで調べてもらって接阻峡温泉が開いていることがわかり、そこへ向かう。着いてみるとこじんまりした温泉で、地元の人が多い感じだった。入浴料は300円。温泉で買ったソースせんべいをかじりながら帰路につく。カーステレオで紅白を聴きながら車を走らせた。

 

コメント (2)

12月28日~31日 南アルプス・畑薙湖~茶臼小屋往復 その1

2014-01-06 22:08:35 | 

28日早朝、カオリと自宅を出発。京都でゆかりちゃんを拾い、一路静岡県へ。新東名は広くて走りやすく、気がつくと時速140kmくらい出していることがあるのでそのたびに速度を落とした。途中のサービスエリアで昼食をとり、そのあとカオリたちの要望でデザートも食べたりしてのんびりムード。新静岡ICで降りて白樺荘までの途中で買い物をしようと思ったが、カオリにネットで調べてもらっても途中にスーパーはなさそうだった。10kmくらい走ってから引き返し、IC近くのスーパーで野菜や肉を買い込んで再度出発。途中の井川湖付近では秘境の温泉や小さな鉄道があったりしてめずらしい景色を楽しむ。4時すぎに畑薙第2ダム近くの白樺荘に到着。古びた民宿のような施設を想像していたが、新しく近代的な建物だったのでびっくりした。チェックインしてさっそく部屋で買い込んだ食料を切ったりジップロックに詰め替える作業を行う。用意した食料は白樺荘のマスターにお願いして出発までの間冷蔵庫に保存させてもらった。夕食はヤマメあり、鹿肉の刺身あり、茶碗蒸しあり、おでんありの豪華な献立だった。これで一泊6800円はお得だろう。夕食のあとは温泉に浸かって就寝。

朝食は7時からのところ、白樺荘のマスターにお願いして6時半に用意してもらい、7時半に出発。

ところどころ凍結している道路を慎重に走ってまもなく沼平の駐車場に到着。

すでにたくさんの車が止まっていた。準備をして登山届けを提出してから出発。

ゲートを越えてまずは林道歩き。水溜りの氷がパリパリに凍っていて薄いガラスのようだった。林道歩きにいい加減飽きてきたころに最初の難関畑薙大吊橋が見えてきた。幅が狭く、よくゆれてスリル満点である。

渡りきったところから本格的な山道に入る。始めは急登の九十九折り。そしてカオリとゆかりちゃんの嫌いなトラバース。

登りきったところがヤレヤレ峠。

やれやれな気持ちで一休みした。少し下って小さな橋を何度か渡る。

凍りついた斜面をトラバースするようないやらしい場所もあったりしてヒヤヒヤする。

ウソッコ沢小屋で一休み。

このあときれいな沢を渡り、長い階段を登る。中の段あたりからずっと雪道となる。

横窪峠に到着すると横窪小屋が見えたのでほっとしたが、このあとも急な下りのあと雪の斜面のいやらしいトラバースがあってゆかりちゃんがかなり怖がっていた。

小屋に着くと、先客が3パーティあったが、僕らは奥の1室を占有することができた。この日の夕食はスーパーで買い込んだ野菜や肉を使った寄せ鍋。夕食後は特にすることもなく早めの就寝。0時ごろに一度目がさめてなかなか寝付けなかった。ようやくうとうとしかけたが、突然視界が真っ白になり、金縛りになる。体を動かそうとするが動かせないのだ。やっと金縛りが解けて体を横向きにしたが、しばらくしてまた金縛りに。結局この夜3回も金縛りにあった。今までこんな経験はないのでびっくりしたが、思ったよりも体が疲れていたのだろう。ようやく眠れると思ったが、今度は外でなにやらカタカタと物音がする。動物でも来ているのかと気になってまた寝付けなくなってしまうのだった。

コメント