nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

5月15日N~5月16日 南紀・北山川・古和谷

2010-05-16 21:08:25 | 
五条でYTTNさんを拾い、R168を南下。R425に入り、上葛川から立合川方面へ行く道を通って瀞峡へ。道の駅おくとろで前夜泊。星がきれいだった。
翌朝は5時半に起床。準備をして小松の集落の道路脇に車を停めた。7時に歩き始める。北山川にかかるつり橋をわたって対岸の道路を下流に向かって歩く。道路が切れ、河原に降りるが岩を伝って降りるのがけっこう緊張する。岩を登ったり降りたりして7:45に古和谷出合に到着。見た感じ、暗い谷だ。すぐにゴルジュが始まる。大きな滝はないものの、泳いてとりつく箇所が何か所も出てきて朝から泳ぎまくる。YTTNさんは相変わらず長い手足でガンガン登っていく。日当たりのいい広い河原に出てきたところで小休止。が、じっとしているとさらに寒くなってくる。ここからわずかな歩きで地形図に記載のある二俣地点に到着(10:05)。これは左側をとる。柱状節理というのか、レンガを積み上げたような岩肌の中を歩いていくと、同じ地形が筒状に伸びてドームのようになってるところが現れる。これがガイド本にある25M滝か。これは少し戻って左岸のルンゼを巻きあがった。この滝のあともレンガを積み上げたような地形が連続し、快適に直登していける。コンパスを見ながらひたすら東に向かって詰め上がる。最後はガレ場になり、急斜面を喘ぎながら登ると立派な林道に飛び出した。
昼食休憩ののち、林道を北に歩く。地形図の619M地点を過ぎたあたりで林道が西に向いてきたところで林道を外れ、植林の中を北に向かって歩く。ところどころに赤い杭が打ってあり、これをたどれば北東の方向の尾根に入っていくようだ。急斜面もあるが、問題なく降りてゆき、アスファルトの道路に飛び出した。ここからつり橋まではわずかの距離。車に戻ったのは12:50だった。
コメント

マムート

2010-05-14 00:12:56 | 
前から気になっていた三ノ宮のマムートの店に会社帰りに寄ってみた。クライミング関係のウェアやギアを専門的に扱っている店だった。岩登りにつかう50Mのダブルロープを見に行ったら店員の方がいろいろ説明してくれた。9.2mmのロープをダブルロープだと思っていたらシングルロープというので驚いた。ロープも進化しているようだ。8.3mmの40Mロープはドライ仕様で沢登りにいいなと思いつつ今日のところは何も買わずに店を出た。
コメント

録画機

2010-05-12 22:12:57 | Weblog
録画機のことを「ビデオ」と言ったら会社の若い子らに笑われた。近頃は「レコーダー」と言うらしい。
コメント