nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月9日N~11日 白川郷・馬狩谷 スノーシューハイキング

2008-02-12 00:23:25 | 
3連休に北八ヶ岳に行く予定だったのが緊急の仕事で予定変更となり馬狩谷に行くことになった。
20時半に東大阪のコーナンでokmさんと待ち合わせ。FITをokmさん宅にデポし、okmさんの車で出発。東海北陸道は雪のために一宮から各務原まで通行止めだった。養老SAにいた九州から千葉に向かう長距離トラックの運転手さんの話は、下道で各務原にいくのはものすごい渋滞だとのこと。この人は延着の了承を貰っているので東名道が通行止め解除になるのをすでに5時間も待っているそうだ。で通行料金が深夜割引になるのを待ってから大垣で降りて下道で各務原に向かったが、拍子ぬけするくらいすいていた。荘川IC出たところの道の駅で車内泊。
7時に起床して用意を始めたが、7時半になってもokmさんが起きてこないのでやむなく声をかける。コンビニに寄ってから白川郷トヨタ自然学校に向かう。ここはきれいな施設で、トイレ借りるのにも汚い靴で入るのがためらわれる。あたりを車でうろついたり用意をしたりで時間がかかり、スノーシューをはいて出発したのは11時になっていた。
大窪池のほとりで昼食タイム。ラーメンを忘れたがokmさんが予備のカップラーメンを分けてくれた。このあとまた自然学校にもどり今度はスーパー林道沿いに歩く。川の手前で右に曲がり、川沿いに歩いた。15時頃にこの日のハイキング終了。テントをはる駐車場に行く前に、okmさんがkjtnさんから猿ヶ馬場山にいく登山道の入り口が萩町の中にあると聞いたのを確かめようとするが、この日は合掌造りのライトアップがあるということで車は萩町に入れない。okmさんがしつこくガードマンにお願いして登山道に詳しい人に来てもらい、やっと確認に行くことができた。こういう山登りにかける執念は僕にはとても真似ができない。コンビニで買い物をしてからトイレのある駐車場に車をデポし、しばらく休憩。日が暮れてからせっかくなので合掌造りのライトアップを歩いて見に行った。okmさんは暗い中を歩くのをかなりしぶっていたが。デジカメで何枚か写真をとったが三脚がないので全部ピンボケだった。駐車場に戻り、テントを設営。そのままプチ宴会となる。
コメント

J. M. G. Le Clezio "Desert"

2008-02-08 00:41:06 | 読書
J. M. G. Le Clézio "Désert"読了。
砂漠の民の血が流れる少女ララ。一度は砂漠の町を捨ててマルセイユにわたり、そのエキゾチックな要望でトップモデルになる。だがそのお腹には不思議な能力を持つ羊飼いアルタニの子を身ごもっていた。臨月が近づいたある日、ララは再び砂漠へと帰っていく。
コメント

三浦雄一郎&スノードルフィンスキースクール ハチ北

2008-02-04 09:55:51 | スキー
ハチ北の「三浦雄一郎&スノードルフィンスキースクール」で今年からテレマークレッスンが土日祝に常設開講しているという情報を入手し、さっそく受講してみた。料金は1時間半のプライベートレッスンが4000円。
まずは僕の滑り方を見てもらったが「テレマークのつもりで実はアルペンで滑っちゃってますね」と言われた。まずは重心が完全に前足に来てしまっているのを矯正しましょうということで基本的なテレマークポジションから教えていただき、ギルランデを繰り返すことで後ろ脚による踏み込みを反復練習。どうも僕は右足の踏み込みが苦手のようで、左はいい感じなんですが右はだめですねと何度も指摘を受けた。そういえば2年前の白乗でのレッスンでも同じことを言われたような。ゆるい斜面でストックを背中に回してターンを練習。これは体の向きを意識するのに役立つ。1時間半のレッスンですぐに上達するわけではないが、いろいろ得るものがあってよかった。また来ようかな..。
コメント

飲み会

2008-02-01 00:43:26 | Weblog
今月末でプロジェクトを抜ける3人の方の送別会に参加した。前に座ったKBYSさんは半年で15kgの減量に成功したことを熱っぽく語っていた。見た目の印象、あまり変わらないんですけど...。KBYSさんの押しの強さのせいかな?目標は高校卒業時の50k代まで落とすことだそうな。そんなに体重を落としたらかえって不健康になりそうな気もした。
NKGWさんの前に席を移動していろいろ話すうちに「NKGWさんはですね、ひとことでいうと傲慢なんですよ。」と言ってしまった。ま、こんなこと言ってもへこむ相手でもないのであまり気にしていないが。明日なんか言われるかな?
コメント