nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

とりとめもなく・・・

2007-06-24 22:08:17 | Weblog
たまった用事を片付けた。
スキーの手入れをするのでまずはR250沿いのアルペンにいくが、シーズンオフということでスキー用品は何も手に入らず。眼鏡バンドだけgetして店を出る。同じ敷地内にある餃子の王将で昼食をとる。DIYの店でスクレーパーと紙やすり3種類をgetしたのち、スーパーで買いものをして家に帰る。
スキーを紙やすりで磨き、深い瑕には補修剤をライターで溶かして入れた。だがスクレーーパーで補修剤を削り取るときに板面をまた掘ってしまう。気を取り直してもう一度補修剤をいれて今度はスクレーパーの刃を立てて削ったらうまくいった。汗だくになってようやく手入れが終わる。
3時を回り、実家のクリーニングに出していた洗濯物を取りに行く。実家の姪は折り紙の風車の作り方を教えてくれた。まごついていると、「貸してん。こーすんねん。」と取り上げられた。この子はおどろくべき速さで巧みな播州弁の使い手になりつつある。
コメント

6月17日 白川又川・オングロコ谷(林道より上流)

2007-06-21 00:37:54 | 
休日出勤を20時で切り上げ、同じく休日出勤したkmd氏を本町で拾って生駒のtkd氏の職場へと向かう。途中びっくりドンキーで晩飯を食べた。阪奈道路で追い越し車線に入ったら後ろから煽られてイヤだった。tkd氏の職場には22時前に到着。桜井を経由してR169に入る。kmd氏は「やっと日本に帰ってきた感じがする」という。白川又林道のゲート前に1時頃到着。ビール1本飲んで寝る。星がきれいだった。
翌4時半起床し、5時40分出発。長い林道歩きだ。大黒河谷にかかる橋には7:30に到着した。沢に下りる前に雉打ちをしにいくと、大きなヒルが尺取りしながら近寄ってきたのであせった。
最初の滝を左側から登ると、途中で細いロープがついていた。これにkmd氏が手持ちのロープをつなげて後続に渡す。最後は僕だったが、つなげたロープを回収するのを忘れて取りに戻る。ボケている。
その後いくつか滝がでてくるが、一箇所高巻いた後に懸垂下降で降りた以外はどれも比較的簡単に巻き上がることができた。直登可能な滝もあるが、途中で身動きがとれなくなってtkd氏にお助け紐を出してもらう一幕もあった。
昼食後、tkd氏が3:1システムのやり方を教えてくれたが、ロープマンを使っていた。先週udk氏と練習したときはプルージックだったので、やはりギアを使わないとうまくいかないのかも知れない。

その後尾根につめ上がり、稜線伝いに下山する。最後は地形図にない林道支線に出た。
なかなか追いつかなかったtkd氏は途中で足がつったそうである。tkd氏はこのあと林道でも鉄砲で撃たれたみたいに急にこけたのでびっくりした。

帰りは上北山温泉に入り、tkd氏自宅近所のすし屋で夕食をとった。

蛍池でkmd氏を降ろし阪神高速北神戸線に入ると急に猛烈な眠気に襲われたのでPAで仮眠をとった。その後もすぐにまた眠気に襲われ、家まで帰りつくのが大変だった。
コメント

6月10日 高野辻 ロープ操作練習

2007-06-10 21:47:07 | 
udkさんに誘われてロープ操作の練習に行く。
まずはロープ登高。以前にkmd氏に手ほどきを受けたことがあるのでこれは楽勝。東屋の梁にロープをつって練習したら梁の角がすこしへこんでしまった。関係者の方すみません。
次にマリナーノット。すぐに覚えた。
次にATCの固定。なんとかこなす。
次にミュンターヒッチ。これが簡単そうでなかなか覚えられない。
次にカラビナ2枚を使っての懸垂下降。
次に肩がらみの懸垂下降。ロープが食い込んで痛い。これはできれば避けたい方法だ。
次にビレイからの脱出。ビレイを仮固定→プルージックをつけてマリナーノットでフィックス→ビレイの仮固定を解除してプルージックに加重を移す→ミュンターヒッチで固定→マリナーノットを一度緩めてミュンターヒッチに加重を移す→バックアップ用に再度マリナーノットを固定して完了。ここでもミュンターヒッチに苦労する。
次に負傷者を懸垂下降で降ろす方法その1。シュリンゲを使って自分と相手を固定し、そのシュリンゲにATCをセットする方法。わりとすぐに覚えた。
次に負傷者を懸垂下降で降ろす方法その2。相手をロープの末端に固定したまま一緒に降りるやり方。かなり複雑ですぐに忘れそう..
次に3:1システムによる負傷者の引き上げ。udk氏もテキストのとおりにしたがうまくいかず、宿題となった。
最後にトップで登ったときのビレイの練習で本日の練習は終了となった。
いろいろ教えてもらったudk氏に感謝。
帰りに天辻峠にある「大月」といううどん屋に入った。以前kmd氏と来たときにはさんま寿司があったが今日は置いていないようだ。独特のしゃべり方を懐かしく思い出させる店員さんにさんま寿司について訊いてみると、さんま寿司は10月~12月の期間限定だそうな。そして1月~2月は鯖寿司があります、と説明してくれた。鯖寿司も食べてみたいがその時期に大峰あたりに来ることがあるだろうか...
コメント (1)

6月3日 蓬莱峡 岩トレ

2007-06-03 23:09:24 | 
udk氏主宰の岩トレに参加させてもらった。
有馬街道の蓬莱峡近辺は車を停められるか不安だったので有馬のワンワンランドの駐車場(500円)に停める。だがワンワンランドも17:00までの営業なので帰るときに車が出せるかちょっと不安になる。隣に500円のリパークがあったのでこっちにしとけばよかった。
14時発のバスに乗り、座頭岩で降りる。蓬莱峡に来るのは始めてだったので入り口が分からずうろうろするが、どうにかちょうど高校生の岩登り講習会が終わったudk氏と再会できた。それからudk氏の知り合いの若い二人に紹介してもらう。udk氏の後片付けが終わるまでの間、二人と沢登りについて少し話しをした。かなり興味を持っている様子。
ようやくudk氏も合流し、まずは比較的易しいルートから登っていく。上でロープを1本fixして懸垂下降で降りてきた。若い二人はこのロープを使ってプルージックで登っていった。udk氏と私は少し難しいルートで登る。udk氏がトップで登っていくが、途中かなり梃子摺っている様子だった。私が登る段になり、最初は快調に登っていくが上はひどく苦戦した。やっとのことで登り、上で待っていた若い二人と合流する。懸垂下降で降りたあと、もう1回プルージックで登り、懸垂下降して今日の岩トレは終了した。
宝塚方面に行く三人と別れ、一人有馬方面行きのバスに乗り車に戻る。8時を過ぎていたが、ワンワンランドの駐車場は問題なく出ることができた。帰りにからとの湯に入った。
コメント