nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家財整理中

2011-10-29 18:07:41 | Weblog

生まれて初めて本を売った。

文庫本やら単行本など100冊以上。ついでに2,3年前に会社のビンゴゲームで当てて一度も使ったことのない任天堂のDS。結果は、半分ちかくの本が「価格がつけられない状態」だと言われて付き返された。残りの本も単価が10円、20円のものばかり。5円の本もあった。5円て、買えるものと言えば切手くらいだろう。結局一番高い4000円の値が着いたのは未使用のDS。何千円も出して買ったジョルジュ・バタイユの哲学書は値段が付かなかった。あたかも今の日本の文化のありさまを映し出しているかのようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 10月22日~23日 チャレンジ登山 | トップ | 11月3日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
準備進んでますね (てん)
2011-11-01 00:05:19
本はなかなか捨てられないですね。
特に専門書は高額なので特に手放せない。変わらないからまた役に立つ時があるんじゃないかと思ってしまう。
大学教科書もずっと本棚にありますね。

本の価値でなく市場価値で判断されてしまうのが悲しいような。。。
なかなか大変で。。。 (nekoyan_1967)
2011-11-01 06:48:57
てんさん
コメントありがとうございます。
書店の人には「傷んだり、変色したりしているので」と言われましたが、返された本の中にはどう見てもきれいな状態のものもありました。要は売れるかどうかで判断されるようです。本の処分は辛いのですが、狭い部屋なので仕方ありません。。
Unknown (shinoco)
2011-11-05 00:34:07
実は私、大手の古本チェーン店で社員をしていました。アルバイト店員さんがすぐに覚えられるようなシステム化されていました。ほんの少しの破れ、シミ、日焼け、水に濡れた跡…買取NGでしたし売るのもNG。本当はいけないことですが買取不可な状態の「アールヌーボーの絵葉書」の美術書を買い取って自分のお店で買ったことがあります。今でも大好きな本です。

いい本をどうしても手放すなら店主が本好きな個人経営の古本屋さんが一番な気がします。本の持ち主も一緒に引き取ってくれますし。

新居の準備、忙しくも楽しそうです♪
陰ながら幸せ気分を分けてもらっています
古本 (nekoyan_1967)
2011-11-05 08:28:07
shinocoさん
コメントありがとうございます。
たしかにアルバイト中心のチェーン店では本の内容まで判断した上での見積りは厳しいのでしょうね。とにかく収納スペースが少ないのでまだまだいろんなものを処分しないといけないんです。。。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事