nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

2016年10月15日~16日 大峰・舟ノ川・三ツ嵓谷

2016-11-24 23:50:46 | 

行った人:S野さん、S藤さん、僕

長年の課題だったこの沢にようやく来るチャンスがきた。勇んで自宅を出て八尾でS藤さんを拾い、リッチコースで道の駅大塔に到着。S野さんはもうお休みの様子で僕らもテントを張って僕はすぐに寝る。S藤さんは一人晩酌をしてから寝たようだ。舟ノ川の林道に入り、イブキ嵓谷のときにも車を止めた湯ノ又の広場に車を止めて早速日裏山谷に入る。最初は河原歩き。堰堤を越えて5Mの滝は右岸の壁をS藤さんリードで登る。S野さんの姿が見えないと思ったらしっかり巻いて登ってきた。S野さんは巻き道をみつけるのがうまいのだ。続くアメドマリノ滝は右岸から登った。

 

5M滝を過ぎて二又を右に進んで三ツ嵓谷に入るとゴルジュの様相。しばらく休憩したのち奥に進むと7Mの滝。

前には淵があって泳いで取りついたら直登もできそうだったが、気温もまだ低いので水に入るのがためらわれる。ここは少し手前の右側の壁をS藤さんリードで登った。途中で1ピッチ切り、続いて僕が登った。S野さんがプルージックで登ってきたときにS藤さんがスマホをなくしたことに気付いたらしいという。さっきの休憩したところでしまい忘れた可能性があるというので、S藤さんが登ってきたときに探しに戻るように勧めたが、時間もかかっているしどこでなくしたかはっきりしないのでスマホはあきらめるという。結局そのまま登り切って懸垂下降で沢に降りた。つづいて15m滝が現れ、右岸側を僕がリードで登って鉄のワイヤが垂れていたのを掴んで沢に降りた。このときS藤さんがワイヤのササクレで指をざっくりと切ってしまう。すぐさま止血の処置をする。ここは面倒がらずにもう1本ロープを出して懸垂をするべきだったと反省したが後の祭りである。

この先S藤さんはリードができないので僕がリードすることになる。しばらくゴーロ帯となるが、岩を乗り越すときに足を滑らせて横向きに転倒し、太ももをしこたま打ってしまった。しばらく痛みで動けず。うーん、何か呪われているかのようなトラブル続きである。幸い歩くのに支障がなかったので10分ほど休憩させてもらってから遡行再開。そのあとも次々と滝が出てくるが、ほとんど巻いて登った。いやらしい巻きが多かった。

   

夕方になってようやく河原になり、いいテン場があったので幕営。ツェルトを2張り張って焚火を起こした。S藤さん自家製の肉味噌やらS野さんの鰯の生姜煮やらごちそうがたくさんあって満腹になった。やっぱり沢泊は他の山行にはない魅力がある。

服が乾いたところで就寝。翌朝は日の出前に起きだして火を起こした。飯盒に残っていたごはんとS藤さんの肉味噌雑炊を作り腹ごしらえ。7時に出発するとしばらく伏流となる。7Mの滝ではさっそく水しぶきの洗礼を受ける。

 

そして巨大な岩盤を流れ落ちる40M滝が姿を現した。

水流は二条になっており、左手は比較的流れが緩やかである。荷物を置いて偵察に行ってみるとかなり上まで登れそうだったが、落ち口のところが手がかりのないツルツルのスラブになっていて厳しそう。ここは左岸を大きく巻いて樹林帯の中から落ち口にポンと飛び出した。落ち口からの眺めは気分爽快である。それからほどなくして左手に巨大な岩盤が現れ、前方にはまた60mの大滝が見てくる。この岩盤が三ツ嵓か。

 

今回は大滝は登らず、その右手にあるガレたルンゼを登る。だが行く手には大きなチョックストーンがルンゼをふさいで行く手を阻んでいた。

ここは荷物を置いてハーケンで支点をとってチョックストーンの上に登り、まずは全員の分を荷揚げするが、場所が狭くやりづらかった。S野さんが確保してほしいというのでまずS野さんに登ってもらって待機してもらう。続いてS藤さんがチョックストーンの下から確保してまた僕がリードでさらに上まで登るという変則的な登り方で登った。冷たい風の吹く薄暗いルンゼをせっせと登り、最後はS藤さんにスリングを出してもらって出口を這い上がると、別世界のような穏やかな渓相となる。

あとはのんびりと歩いて二又を右にとり、次の二又の左側にある大滝を見物してから二又に戻ってしばらく登ったところから右側の尾根に這い上がった。中尾の尾根を下る予定だったが、登った尾根はイブキ嵓のときに下った尾根と違う印象である。これはまだ中尾の尾根ではないとふんでさらに尾根を登っていくと、明瞭な道のある尾根に出た。これが中尾の尾根である。あとはリボンを追いかけながらひたすら尾根を下り、湯ノ又の駐車地に無事帰ってきて終了となった。

<コースタイム>

7:20 湯ノ又 ~ 9:15 三ツ嵓谷出合 ~ 16:00 テン場

7:00 テン場 ~ 8:30 40m滝下 ~ 9:20 60m滝下 ~ 10:30 60m滝上 ~ 11:40 中尾尾根 ~ 14:30 湯ノ又

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2016年10月8日~10日 北アル... | トップ | 2016年10月30日 鈴鹿・静ヶ岳... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
色々 (kmd)
2017-10-11 18:19:35
色々あったみたいでも楽しめたみたいでヨカッタっすね。私も左岸ルンゼ詰めました。山本さん、梶原さん、大坪さん、tkd氏と入った想い出の谷です。
色々こそ楽し (nekoyan_1967)
2017-10-11 23:58:22
いろいろ楽しめました。焚火ものんびりできてよかったです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事