nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月8日N~10日 北アルプス・大日岳(その2)

2011-10-22 01:01:51 | 

最盛期を迎えた竜座流星雨を見ようということでこの日は朝4時に起床。カッパを着込んで表へ出てみるが、薄曇りで星はあまり見えず。5分ほどですごすごと部屋に引き揚げて二度寝を決め込んだ。5時過ぎにまた起きて朝食をとる。そのあと準備をしてザックを玄関に置かせてもらい、空荷で大日岳へ向かう。

 

登山道には霜柱が立っていて寒かった。30分ほどで山頂に到着。雄大な景色を楽しむ。カオリは前大日岳への道があるかどうかを気にしていたのだが、ハイマツの藪が続いていて歩くのはけっこう厳しそうだった。山頂の祠には前夜のアコースティックギター・ライブで話のあった大日如来の像があった。

 

山頂には10分ほど滞在して小屋に戻り、下山の準備をする。ユカリちゃんは御土産をたくさん買い込んでいた。そして出発。まずは急な坂を下りていく。高度が下がってくるとだんだん暑くなってくる。最初の休憩でカッパと中に来ていたダウンジャケットを脱いだ。

 

さらに下っていくが、前を歩いていたユカリちゃんが突然倒れたのでびっくりした。どうやら足をくじいたらしい。痛そうにしていてしばらくの間立ち上がることもできない。どうにか立ち上がって歩き始めたのでほっとする。荷物を持とうかと言ったが大丈夫というのでそのまま歩いた。前で待っていたてんさんたちも心配していた。少し先のベンチで休憩しててんさんがテーピングをして応急手当て。こんな知識は僕も覚えておきたいものだと思った。さらに木道を歩いて行くと大日平小屋に到着。ここでてんさんがテーピングの部位を間違えたことに気づいてやり直し。

 

大日平小屋の裏手に回ると不動滝が望めた。一度戻ってトイレに行っていたカオリを誘ってもう一度見に行くが、このとき藪のなかでゴソゴソ音がするので何かいるのかと思った。滝の展望台にいた別の家族連れがリスがいると言っていたのでどうやらこれがさっきの音の主らしい。大日平小屋をあとにしてさらに木道を歩く。紅葉がきれいだった。カオリが気にしていた前大日方面の山にも紅葉が色づいていた。

12時を過ぎてベンチで休憩。昼食をとる。僕はもうパンとソーセージしか残っていなかったが、てんさんとシノコさんが食べていたマルタイのラーメンはおいしそうだった。。

昼食後もひたすら歩く。高度が下がって樹林帯になり暑かった。と、突然先頭を歩いていたてんさんが何か叫んで走りだしたので驚いた。ジンさんが「ハチ?」というのでスズメバチでもいるのかと思ったのだが、そうではなくててんさんが叫んだのは「走れ!」と言ったのであり、そしててんさんが見たのは熊だったのだ。。それからほんの少し歩くと道路に出たので熊はかなり里に近いところまで降りてきているのだと思った。道路には観光客がたくさん歩いていた。バス到着まで少し時間があるので称名滝を見に行く。橋の上から見る滝は雄大だった。ジンさんは上の展望台まで走って見に行った。

それから引き返してバス乗り場へ向かった。バス乗り場に荷物を置いて、近くの食堂へ行ってソフトクリームを食べる。やがてバスが到着したので乗り込むが、それほど混んではいなかった。観光客の大半は車で来ているのだろう。立山に到着して駐車場に向かう。途中、トロッコ列車が置いてあって、シノコさんが近くまで写真に取りに行く。来るときには気がつかなかったのだが、これはいつか行きたいと思っている立山の新湯方面にいくトロッコなのかも。

駐車場で着替えを済ませて温泉に向かう。温泉は「よしみね温泉ゆーランド」。入口の「ゆーランド」ののれんが、「ラーメン」と書いているように見えた。。

温泉は湯船が広くて気持ちがよかった。温泉を出て大川寺駅という小さな駅で東京へ帰るユカリちゃんとお別れ。

この後高速に乗って帰路に就く。途中のSAで夕食をとり、僕が運転を代ったのだが、本線に出てからドアミラーが閉じたままになっているのに気付いて焦った。てんさんがドアの横のボタンを押すように言うのだが、これだと思ったボタンをいくら押してもミラーは開かず、後ろからトラックがクラクションを鳴らして苛立たしげに追い越していくのに驚いてますます焦る。窓を開けて手でミラーを押し広げようとするが、これも開かず。見かねたてんさんが後部座席から身を乗り出してボタンを操作し、やっとミラーを開くことができた。京都に近付くと米原付近で渋滞の表示が出ていたので、てんさんが敦賀で降りましょうと指示。下道を少し走ったところでまたてんさんの運転となる。琵琶湖の西岸の道路は空いていた。途中の湖の中に立つ鳥居は幻想的だった。

京都に到着し、丹波橋でシノコさんとお別れ。少し先の長岡天神でジンさんと別れた。てんさんの駐車場まで帰ってきて、僕の車に荷物を乗せ換えようとすると、てんさんが「道を教えたいので先に車に乗ってもらえます?」というので僕の車に乗り込んでエンジンをかけると、てんさんとカオリがきょとんとして僕を見ている。。こっちの助手席に乗るように言われたので車を降りててんさんの車に乗ると、てんさんがカーナビの地図で帰り道を教えてくれた。あー、そういうことね!...カオリは僕の挙動に大笑いしていた。てんさんとはここで別れてカオリを奈良まで送って帰った。

コースタイム:

<1日目>

6:30 立山駅駐車場 ~ 7:30 ケーブルカー乗車 ~ 7:40 バス乗車 ~ 8:40 室堂 ~  9:05 室堂出発 ~ 9:40 雷鳥荘 ~ 13:30 奥大日岳 ~ 15:45 中大日岳 ~ 16:00 大日小屋

<2日目>

6:15 大日小屋 ~ 6:35 大日岳 ~ 7:00 大日小屋 ~ 10:00 大日平小屋 ~ 11:20 牛ノ首 ~ 13:10 舗装道路 ~ 13:17 称名滝 ~ 13:40 バス乗り場

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 10月8日N~10日 北アルプス・... | トップ | 10月22日~23日 チャレンジ登山 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジン)
2011-10-22 13:00:00
リアル&詳細な日記楽しく読ませてもらいました
また是非ご一緒に宜しくお願いします♪
Unknown (nekoyan_1967)
2011-10-24 20:27:53
日にちがたつとよく思い出せないことが多くて決してリアルでも詳細でもありません。。。
でも読んでくださってありがとう。
こちらこそよろしくです。
Unknown (shinoco)
2011-10-26 07:37:52
お疲れ様でした!
天気もよくて眺望も素敵でしたし、小屋でのライブ&サプライズもとっても素敵
幸せいっぱいなのが伝わってとても楽しい山行でした。
またご一緒しましょう♪
楽しかったー (カオリ)
2011-10-27 20:45:01
楽しかったねー
次は猫又〓〓〓〓
楽しかった (nekoyan_1967)
2011-10-28 00:00:35
shinocoさん
いい小屋でしたね。大日小屋。。。
こちらこそよろしくです。

カオリ
猫又いつ行こー?

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事