nekoyan日記

雑記帳・スケッチブック・メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月20日 鶏頂山・スキーハイキング

2013-01-22 23:51:33 | スキー

この日曜日は赤面山に行く予定だったが、白河高原スキー場跡付近にきても駐車できそうなスペースは見当たらず、スキー場跡は雪除けの柵で覆われていて中には入れなかった。道路に停める方法もあるが、除雪の邪魔になりそうで結局今回赤面山はあきらめた。ひどい風が吹いていたのでこの日はどのみち頂上まで行くのは難しかっただろう。それでカオリが地図を見て高原山の北側の鶏頂山に行ってみようということになり、もと来た道を那須塩原まで引き返した。

国道400号線から日塩有料道路に入り、ハンターマウンテン、エーデルワイスの二つのスキー場を通り過ぎ、しばらく走ったところにある大鳥居の前で車を停めた。トレースが一筋鳥居へと伸びており、宇都宮ナンバーの車が1台停まっていているところを見ると先行者のものだろう。準備をしていると車の主が降りてきた。どうでしたと訊いてみると雪が深かったので枯木沼までしか行っていないとのこと。ワカンをつけているカオリを見て、「ワカンじゃつらいかもよ」と言っていたが、とりあえず行けるところまで行くことにして出発。

鳥居をくぐりカーブを曲がってしばらく歩くとゲレンデの跡に出る。ここもかつては鶏頂山スキー場といわれていた場所。レンタルスキーの倉庫らしき廃屋には大量のスキー板が放置されていた。

 

左に曲がって緩やかな坂を登り、樹林の中を歩いて行くとまた鳥居が現れる。

石の標識には枯木沼と書かれている。先行者のトレースも鳥居をくぐったところで途絶えていた。鳥居の向こうは池のような地形で向こう側に鶏頂山へ行く案内標識が見えるので渡って行こうとするが、途中で足が深くはまってしまう。どうやら雪の下に木道のようなものがあるらしく、そこからはずれると足がはまってしまうのだ。しかも木道の幅がひどく狭く、慎重に足の置き場を見定めなければならない。

カオリはしょっちゅう足がはまっていた。標識のある場所から標識が示す方向に向きを変えるのだが、木道はまだ続いているようで、かなり歩くのにひどく難儀した。おそらくここは迂回して行くのが正解なのだろう。また樹林帯に入り緩やかな坂を上っていくが、今度は深い雪のラッセルとなる。ワカンのカオリはひどく難渋して、一歩歩くのに何度も足踏みをしていた。ゲレンデの案内版のところまで来たらお昼を過ぎていたので昼食にした。

カオリは5時から自動車学校の授業を受ける予定なので今日はここまでだろう。昼食後、カオリには先に帰ってもらって僕はもう少しだけ上に登ってみることにした。

前の少し急な坂を登るとエーデルワイススキー場のゲレンデのすぐ脇に出てくるのだが、そこから上はゲレンデと平行して登るようだった。ここでシールをはがし、もと来た道を滑って戻った。カオリは帰りも深雪に難渋しているのか昼食ポイントからやっと100Mほど進んだところを歩いていた。スキーは傾斜が緩いのであまり滑らなかった。枯木沼をまた慎重に渡り、ゆるゆると滑って帰着。カオリのヒップそりはついに出番がなかった。 

コメント (3)